理系なおねえさんはアリですか?―内田麻理香が聞いた理系な女性の理系な人生―

第1回 はじめまして,理系なおねえさんです。

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

はじめまして,理系なおねえさんです。

はじめまして。内田麻理香と申します。東京大学の工学部の広報担当の研究員であり,サイエンスコミュニケーターなる仕事をし,そして東京大学大学院の博士課程の学生です。……なーんて,これを読んで「こいつはいったい何をしているのだ?」意味不明になっている方もいるかもしれません。実際,私も混乱した慌ただしい毎日を送っています。

この節操のない活動ですが,自分の中では一応筋が通っているつもり,です。

まず,大学工学部の広報担当としては「世の中の人には見えにくい」工学部の研究内容を,なるべくわかりやすい形で伝えることを目標にしています。そして,聞き慣れない「サイエンスコミュニケーター」という役割では「科学や技術」「社会」の架け橋になりたいと思い,活動しています。活字での仕事を中心とし,他には講演やTVを通して科学技術のことをお伝えしています。

私の人生を狂わせたガンダム

もともと,私は科学技術の大ファンで,小さい頃は図鑑を熟読しながら自己流の科学実験をしたり(ときには,ケガをしたり,火事未遂になったことも),SFのテレビ番組やアニメに夢中になる,というような小学生でした。そして,中学生の頃「機動戦士ガンダム」を見て「私は将来,スペースコロニーを作る人になる」と決心したのです。ああ,私の人生を狂わせたガンダム……。

物心ついた頃には既にサイエンスに興味津々だったとはいえ,本当は理系科目が得意ではありませんでした。単に「理系学部に進学したら,スペースコロニーを作る夢が叶うかも」という呆れるほど単純な理由で,東京大学理科一類に入学。そしてなぜ東大か? というわけですが「あんな大きなものを作るには,国の機関に入らないとダメよね。そして,国の機関に入るんだったら,東大がいいよね」と考えたからです。これまた呆れるほど短絡的な思考です。

計画通りにいかない人生,気付いたら…

でも,人生は計画通りにはいきません。東京大学工学部に入ったあと,修士課程・博士課程と進みました。博士課程に入った直後に結婚したのですが,遠距離・別居婚という状況の中,自分は研究者に向いているのだろうか? と悩むようになり,結局大学院を中退しました。

理系は好きだけど,向いていないことに気がついた私は「文系と理系の中間」に立てるような仕事を探しました。一時期は,弁理士になろうとも思ったのですが,こちらも出産の関係で断念。いや本当に,人生は計画通りにはいきません。

その後,エネルギーを持てあまして,子どもの写真を掲載した身内向けのWebサイトを作ったのですが,意外なまでにそれが面白くなりました。そこで,苦手な家事と好きな科学を組み合わせて何かできないか? と考え「カソウケン(家庭科学総合研究所)」というWebサイトを立ち上げました。主婦生活の中で「科学は身近なところに転がっている」ということに気がついたので,それがテーマ。家庭生活の「なぜ?」を科学と結びつけたことを書いたものを,掲載しました。

このWebサイトがきっかけで,書籍を出版。サイエンスコミュニケーターとして活動を始めました。そして,2007年からは母校に戻って広報担当として勤務するようになりました。さらに2009年からは「今の自分の活動―社会と科学の関わり―について,もっと知りたい,研究してみたい」と思うようになり,大学院の博士課程に入学し,社会人学生になったわけです。

著者プロフィール

内田麻理香(うちだまりか)

サイエンスコミュニケーター。東京大学工学部広報室特任研究員/東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程1年。身近な科学を伝えるために各種媒体で活動中。

URLhttp://www.kasoken.com/

コメント

  • 初めまして

    頑張って下さい

    Commented : #1  桜 (2009/08/27, 17:56)

コメントの記入