Unityによる2Dゲーム開発入門〜プログラミング初心者がゲームを公開する最短コース

書籍の概要

この本の概要

スマートフォンユーザを中心に2Dゲーム(カジュアルゲーム)市場は盛り上がりを見せています。3Dゲームに比べリソースの管理がかんたんですので,アイデア次第でヒットを狙うことができ,ゲーム開発初心者は2Dゲームから取り組むのがお勧めです。本書では,Unity4.3で強化された2Dゲーム開発の方法の基礎を解説します。2Dゲームを制作し,広告を組み込み,ゲームアプリを公開するまでをゴールとし,ゲーム開発初心者にもわかるようにやさしく解説しています。

こんな方におすすめ

  • プログラミング初心者
  • デザイナー
  • Unityユーザ

この書籍に関連する記事があります!

「ゲームの面白さはアイデアしだい」
Unity2Dとは,ユニティー・テクノロジーズ社が開発した,3Dゲーム開発用マルチプラットフォームゲームエンジンであるUnityのバージョン4.3から追加された2Dゲーム制作に特化した機能群のことです。

目次

chapter1 Unity2D入門

chapter2 Sprite

chapter3 物理演算と当たり判定

chapter4 Animation

chapter5 ScriptとComponent

chapter6 タップゲームを作ってみよう

chapter7 広告

chapter8 アプリのインストールとリリース