今すぐ使えるかんたんminiシリーズ今すぐ使えるかんたんmini
桜と紅葉 撮影ハンドブック

[表紙]今すぐ使えるかんたんmini 桜と紅葉 撮影ハンドブック

B6変形判/160ページ

定価(本体1,480円+税)

ISBN 978-4-297-10401-6

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

季節の風物詩として,春の「桜」,秋の「紅葉」は人気の被写体です。本書は,桜と紅葉の撮影に必要な機材,撮影前の準備や計画,現地に着いてから行うべきことといった基本から始め,桜と紅葉それぞれの撮影で,プロが実践しているテクニックを紹介します。付録では,桜の開花前線や紅葉の色づき前線,撮影に出かけたい名所スポットなど,知っておきたい情報をしっかりフォロー。ポケットサイズのハンディな書籍なので,撮影場所にもっていくのもかんたんです。桜や紅葉を撮りに行く前に精読し,自分だけの傑作をものにしてください!

こんな方におすすめ

  • デジタル一眼で,桜と紅葉を撮影したい人

目次

CHAPTER1
【桜と紅葉/準備】
撮影の準備をしよう

Sec.01 開花・色づき情報を調べよう

  • 桜の開花/紅葉の色づき情報を調べる
  • インターネットでピンポイントの情報を集める

Sec.02 目的地を決めよう

  • 桜/紅葉の名所から考える
  • 撮りたい被写体から考える

Sec.03 撮影の計画を立てよう

  • 移動手段と宿泊施設を確保する

Sec.04 目的地の下調べをしよう

  • 目的地の下調べをする
  • イメージは現場でふくらませる

Sec.05 カメラとレンズを選ぼう

  • カメラとレンズの選び方
  • カメラとレンズのおすすめセット 軽量バージョン
  • カメラとレンズのおすすめセット 重量バージョン

Sec.06 三脚とフィルターを準備しよう

  • 三脚の選び方
  • フィルターの選び方

Sec.07 その他の小物を準備しよう

  • カメラのアクセサリーを準備する
  • 服装やカバンなどの装備品を準備する

Sec.08 前日に荷物をまとめよう

  • 下調べに沿って持って行くものを確認する

Sec.09 カメラの基本設定をしておこう

  • 前日に基本設定をしておく
  • Column 01 撮影日前日のチェックリスト

CHAPTER2
【桜と紅葉/撮影】
いざ,撮影に入ろう

Sec.01 現場を歩いて被写体を見つけよう

  • 撮りたい被写体を見つける
  • 被写体へのアプローチを変えてみる

Sec.02 時間帯と光の条件を意識しよう

  • 「今」の光を活かして撮る
  • 「これから」の光を予測して撮る

Sec.03 構図とアングルを工夫しよう

  • なぜ構図やアングルを工夫するのか?
  • バリエーションを意識して撮影する

Sec.04 カメラの機能で表現を変えよう

  • 露出補正を変える
  • ホワイトバランスを変える
  • シャッター速度を変える

Sec.05 撮影したら背面液晶で確認しよう

  • 撮影直後に画像再生でチェックする
  • 再生時にチェックするべき項目

Sec.06 撮影時の注意点を知ろう

  • 桜/紅葉の撮影で気をつけること
  • 桜/紅葉の撮影でのマナー
  • Column 02 撮影後のカメラのケア

CHAPTER3
【桜/基本】
桜撮影の基本を知ろう

Sec.01 一本桜をいろいろなアングルで撮る

  • 背景に人の匂いを取り込む
  • 桜のピンクを補色の緑で引き立てる

Sec.02 桜を見上げてダイナミックに撮る

  • 広い画角で脇役とともに写し込む
  • 降り注ぐようなしだれ桜を撮る

Sec.03 桜をアップで写して余計な要素をカットする

  • 背景をぼかして桜色に包まれたように写す
  • 幹を額縁のように利用して視線を誘導する

Sec.04 スローシャッターで桜をぶらして撮る

  • 揺れ幅を変えて自分だけの表現を探す
  • 揺れ幅を大きくして,こんもりとした桜に写す

Sec.05 前ボケを活かして桜の空気感を演出する

  • 新緑の前ボケでさわやかに写す
  • 夕陽色の前ボケで暖かさを出す

Sec.06 桜をふんわりかわいらしく撮る

  • ホワイトバランスを変更してさわやかに
  • 咲き始めの桜をスクエアでとらえる

Sec.07 トンネル構図で桜を撮る

  • 桜から桜を覗き,想像力をふくらませる
  • 竹林から桜を覗き,和風のテイストに

Sec.08 マクロレンズで桜をクローズアップする

  • 正面からデザイン的にアプローチ
  • 背景を選び,主役を浮かび上がらせる

Sec.09 望遠レンズの圧縮効果で密な桜を撮る

  • 圧縮効果で風景が迫ってくるように撮る
  • 背景の霧や山をたぐり寄せる

Sec.10 池や水たまりに浮かぶ桜を撮る

  • 光るポイントを探して水のきらめきを活かす
  • マクロレンズで反射を活かしたボケを作る
  • Column 03 桜を脇役にして,別の花を主題にする

CHAPTER4
【桜/応用】
もっと上手に! 桜の撮影テクニック

Sec.01 桜と青空を組み合わせて春のさわやかな空気感を出す

Sec.02 咲き誇る桜の花吹雪を幻想的に写し止める

Sec.03 しだれ桜を物語性のある絵作りで表現する

Sec.04 霧のただよう山桜を荘厳な雰囲気で撮る

Sec.05 流れによって姿を変える花筏を切り取る

Sec.06 散ったあとの桜も美しく撮る

Sec.07 湖面に発生した霧で桜を幽玄に写し取る

Sec.08 夕陽が沈む位置を予測して桜,山,夕陽を組み合わせる

Sec.09 ライトアップされた夜桜を印象的に写す

Sec.10 桜と田んぼを組み合わせてのどかな春を写す

Sec.11 人物を写し込み桜の雄大さを表現する

  • Column 04 桜は咲く前,散ったあとも絵になる

CHAPTER5
【紅葉/基本】
紅葉撮影の基本を知ろう

Sec.01 紅葉の彩りを活かして撮る

  • 余計な線で色をかき消さない
  • 水の反射を抑え,葉の色を活かす

Sec.02 透過光を活かして紅葉を印象的に撮る

  • 樹影で主役を際立たせる
  • こぼれた光を活かして撮る

Sec.03 前後ボケを使い紅葉をとろけるように表現する

  • 背景の山並みを感じさせて臨場感を演出
  • ボケを大胆に使い模様のように見せる

Sec.04 朝日や夕陽の赤みで紅葉の色を強調する

  • 山にかかるもやとともに,秋の朝を切り取る
  • ポイントとなる木を決め,明暗差を活かす

Sec.05 超広角・魚眼レンズで紅葉のスケール感を出す

  • 超広角レンズで遠近感を強調する
  • 魚眼レンズでさらにダイナミックさを出す

Sec.06 水への映り込みとともに紅葉を撮る

  • フィルター2枚で超スローシャッター撮影
  • 黄葉に染まった水面を切り取る

Sec.07 スポット光を活かして紅葉を撮る

  • シャドーを多くしてスポット光を強調する
  • 木漏れ日を活かして撮る

Sec.08 半逆光で立体感のある紅葉を撮る

  • 日の当たらない部分をバランスよく配置する
  • 背景の黒で主役の赤を引き立てる

Sec.09 雨後の紅葉をしっとり撮る

  • 木の幹に張りついた葉を撮る
  • 木の下に落ちた紅葉の絨毯を撮る

Sec.10 水面の紅葉をスローシャッターで撮る

  • 静と動のバランスを考えて構図を作る
  • RAW 現像で明部も暗部も活かす
  • Column 05 シャッターチャンスは思わぬ場所と時期に存在する

CHAPTER6
【紅葉/応用】
もっと上手に! 紅葉の撮影テクニック

Sec.01 晴れ晴れとした山の紅葉を鮮やかに撮る

Sec.02 暗い背景に重ねて主役の紅葉を強調する

Sec.03 湖面への映り込みで紅葉の印象を強める

Sec.04 紅葉と大瀑布を壮大かつ優雅に表現する

Sec.05 紅葉と渓流を俯瞰して水辺の冷涼感を表現する

Sec.06 紅葉の落ち葉をアクセントとして使う

Sec.07 大きい風景をとらえて紅葉の雄大さを表現する

Sec.08 紅葉と雪を組み合わせ秋から冬への移ろいを写す

Sec.09 白い霧の中の紅葉を幻想的に撮る

Sec.10 風に揺れる紅葉と水流で静と動を写す

Sec.11 神社仏閣の紅葉を荘厳に写す

  • APPENDIX 1 桜と紅葉写真 RAW 現像のコツ
  • APPENDIX 2 桜前線 開花マップ&撮影スポット紹介
  • APPENDIX 3 紅葉前線 色づきマップ&撮影スポット紹介
  • APPENDIX 4 知っておきたい 桜のミニ知識
  • APPENDIX 5 知っておきたい 紅葉のミニ知識

著者プロフィール

萩原史郎(はぎはらしろう)

1959年山梨県甲府市生まれ。日本大学卒業後,「季刊(※現在は隔月刊)風景写真」の創刊に携わる。編集・発行人を経験,退社後フリーのカメラマンに転向。現在自然風景を中心に撮影,執筆活動中。著書に『風景写真の便利帳』(玄光社),『自然風景撮影 基本からわかる光・形・色の活かし方』(玄光社)など多数。日本風景写真家協会(JSPA)副会長,日本風景写真家協会(JNP)指導会員,オリンパスデジタルカレッジ講師,富士フイルムアカデミーX講師,カメラグランプリ選考委員。