ずかんシリーズずかん
美しい世界の線路
―ヨーロッパ編

[表紙]ずかん 美しい世界の線路 ―ヨーロッパ編

紙版発売
電子版発売

B5判/128ページ

定価2,948円(本体2,680円+税10%)

ISBN 978-4-297-12255-3

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

線路は美しい! 複雑に入り組んだ線路は,まるで「美術品」! 日本では見ることのできない,ヨーロッパの美しい線路の数々をぜひご堪能ください。
チェコ在住鉄道フォトライターの橋爪智之氏による,ヨーロッパに住んでいるからこその貴重な線路写真・情報を詰め込んだ,線路・分岐器の鑑賞ずかんです。線路の魅力を余すところなく,具体的に鑑賞ポイントを示しながら,やさしくビジュアルで解説していきます。

こんな方におすすめ

  • 鉄道ファンの子供さんから親御さんまで
  • 線路の美に興味のあるすべての方に

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

サンプル画像4

サンプル画像5

目次

  • この本の見方
  • ヨーロッパを地図で知ろう
  • はじめに

第1章 ヨーロッパの鉄道の線路を見てみよう

  • 線路には分岐器がいっぱい
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道① スペイン
    • [知っているかな]線路は右側通行? 左側通行?
    • [観察しよう]トンネルをくぐる線路
  • 複数の線路が並んでいる
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道② ポルトガル
    • [観察しよう]橋を渡る線路
    • [知っているかな]線路の幅はどうなっているの?
  • 線路はどこまでも続く
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道③ エストニア・ラトビア・リトアニア
    • [観察しよう]線路脇にある標識
    • [観察しよう]ヨーロッパの踏切
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道④ ノルウェー

第2章 ヨーロッパの地下鉄の線路を見てみよう

  • 地下鉄にもある国ごとの特徴
    • [知っているかな]線路の第三軌条と第四軌条ってなんだ?
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道⑤ スウェーデン

第3章 ヨーロッパの路面電車の線路を見てみよう

  • 路面電車の分岐器を見てみよう
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道⑥ クロアチア
    • [観察しよう]狭いところはガントレット
  • 路面電車はいろんなところを走るよ
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道⑦ ルーマニア
    • [観察しよう]終点はループ線
  • 線路の中に芝生?
    • [知っているかな]ラックレールってなに?
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道⑧ ボスニア・ヘルツェゴビナ

第4章 ヨーロッパを走る列車を見てみよう

  • 人や貨物を載せていろんな列車が走る
    • [知っているかな]線路を走る食堂ってなに?
    • [コラム]いろいろなヨーロッパの国の鉄道⑨ セルビア

第5章 ヨーロッパの駅を見てみよう

  • まるで宮殿? 遺跡? 未来都市?
    • [観察しよう]線路を守る保線の仕事
    • [知っているかな]ヨーロッパで線路の写真を撮影するには
    • [観察しよう]役目を終えた線路
  • 用語さくいん
  • 国別の掲載写真さくいん

著者プロフィール

橋爪智之(はしづめともゆき)

1973年東京都生まれ。小学校入学前の1977年から1982年までの約5年間をイギリスとイタリアで過ごし,その当時からヨーロッパの鉄道に関心を抱く。旅行会社勤務時の2003年頃より本格的に執筆活動を開始。トーマスクック時刻表日本語版の巻頭特集や,ガイドブック「地球の歩き方 BY TRAIN」へ寄稿。現在はチェコ共和国プラハに在住し,フリーライターとしてヨーロッパの鉄道に関する記事の執筆や写真の提供を行い,日本帰国時には講演なども開催している。YouTubeおよびnoteで,鉄道全般に関する情報を発信中。2014年からは鉄道雑誌「鉄道ジャーナル」で連載をスタートしたほか,鉄道模型誌「RMモデルズ」,季刊「新幹線エクスプローラ」,東洋経済オンラインにもヨーロッパの鉄道に関する記事を寄稿している。