書籍概要

超時短Photoshop(超時短)

超時短Lightroom Classic「RAW現像と補正」速攻アップ!

著者
発売日
更新日

概要

フォトグラファーの定番現像ソフトといえばLightroom Classic。人物・動物・風景など,被写体別・シーン別のRAW現像のノウハウを実践的な作例で豊富に解説しました。また,写真処理の快適な環境を構築し,撮影データの取り込み→ファイルの管理と検索→現像・補正→書き出し・印刷と,完成データの出力に至るまでの作業全体を効率化する時短テクニックも紹介します。これ1冊でLightroom Classicの賢い使い方を知っておけば,理想の作品づくりがもっと楽に早くできます。最新CC v7.1対応です。

こんな方におすすめ

  • Adobe Lightroom Classicを使ってRAW現像をしたい方
  • 人物・動物・風景などシーン別の現像と補正技術を知りたい方
  • 大量の写真を効率よく管理・検索して補正・出力をしたい方

著者から一言

Adobe Photoshop Lightroom ClassicはデジタルカメラのRAWデータを管理したり,現像処理するためのソフトウェアです。ほぼすべてのメーカーのRAWデータを扱え,新機種が登場したときにはアップデートで対応されるのでさまざまなカメラのRAW データを取り扱うことができます。また,PSD,TIFF,JPEG のような画像データにも対応しているので,写真画像の統合管理にも重宝する仕様になっています。
メインの機能であるRAW 現像と呼ばれる処理においても非常に豊富なパラメータが用意されているので,頭の中にあるイメージ通りに写真を仕上げていくことができますが,機能が豊富なためにどう現像処理したらいいか迷ってしまうこともあるかもしれません。本書では,余計な時間を省いて効率よく作業できるように,シチュエーションごとの効果的な現像処理パラメータや,プリント時の時短のためのヒントなどを紹介しています。
豊富な機能のすべてについて触れているわけではありませんが,現像処理や画像管理など,おもだった作業の効率アップに役立つと思いますので,ワークフロー確立のための参考としてください。
(「はじめに」より)

サンプル

samplesamplesample

目次

  • 効率のいい作業環境を整える

Part1 データ読み込みと管理のワザ

  • 1 大切な写真の保存場所を固定しよう
  • 2 読み込み時にプレビューを生成しよう
  • 3 [現像設定]で読み込み時に調整を適用する
  • 4 定型の読み込み処理をプリセットで管理する
  • 5 カタログは分けるべきか
  • 6 カタログ内のフォルダ分けを考えよう
  • 7 読み込み時に共通するキーワードをつけよう
  • 8 カタログの写真にキーワードをつける
  • 9 スプレーツールでらくらくキーワード設定
  • 10 ライブラリフィルターで写真を探す

Part2 RAW現像の基本操作

  • 11 クイックコレクションに一時的に写真を集める
  • 12 よく使う補正はプリセット登録する
  • 13 簡単に複数の画像に同じ調整を行なう
  • 14 スマートプレビューを使ってRAWデータなしで調整
  • 15 仮想コピーでバリエーションを作る
  • 16 キーボードを使ってすばやく操作する
  • 17 補正前後の画像を並べて比較する
  • 18 ゴミを消す
  • 19 傾きをなおす
  • 20 必要に応じてトリミングする
  • 21 露出オーバー・アンダーを調整する
  • 22 ホワイトバランスを整える

Part3 実践RAW現像テクニック~人物・動物 

  • 23 肌を滑らかにする
  • 24 肌の色を健康的にする
  • 25 人物以外の背景を色鮮やかにする
  • 26 目立つ影を薄くする
  • 27 擬似ソフトフォーカスで柔らかな雰囲気に
  • 28 逆光で暗くなっている人物を明るく
  • 29 目を明るくして目力を強調
  • 30 肌の透明感を演出する
  • 31 目立つ傷跡やほくろを消す
  • 32 唇の色を健康的にみせる
  • 33 目の下の影や隈を目立たなくする
  • 34 しわを目立たなくする
  • 35 デコルテをきれいにみせる
  • 36 毛並みの緻密さをより高める
  • 37 羽のディテールを柔らかく表現する
  • 38 動物の皮膚の質感再現を高める

Part4 実践RAW現像テクニック~風景

  • 39 露出オーバーの写真を救う
  • 40 露出アンダーの写真を救う
  • 41 色かぶりを補正する
  • 42 木々のグリーンをきれいに
  • 43 青空をより印象的に
  • 44 朝焼け・夕焼けの空の色を印象的に
  • 45 桜の花をより色濃く
  • 46 紅葉の色を鮮やかに
  • 47 夏らしい空気感を作り出す
  • 48 金属の硬質な感じを強調する
  • 49 電球の暖かみがある色を強調する
  • 50 細部の描写をよりくっきりさせる
  • 51 料理をおいしそうにみせる
  • 52 雪景色をよりそれらしくみせる
  • 53 夜景をより夜景らしく
  • 54 雨に濡れた被写体をよりそれらしく
  • 55 かすみを除去して景色をはっきりさせる
  • 56 自然の霧を増やしてより幻想的に
  • 57 写真をモノトーンにする
  • 58 HDR 写真の作成
  • 59 建物のゆがみを補正する
  • 60 現実には見られない不思議なイメージに

Par5 書き出し・プリントの効率化

  • 61 用途別に書き出しプリセットを作成しよう
  • 62 プリセットを使いやすく整理する
  • 63 コンタクトシートを使って画像を比較する
  • 64 よく使うプリント形式をテンプレートにする
  • 付録 RAW現像でよく使うショートカットキー一覧

サポート

ダウンロード

本書で使用している作例写真の一部(人物写真は提供されないものがあります)をダウンロードいただけます。

以下の手順にてダウンロードをお願いします。

  1. 下の枠内に「ID」と「パスワード」を入力してください。本書P.10に記載されている「ID」を「ID」欄に,「Password」を「パスワード」欄にそれぞれ入力してください。
  2. 「ダウンロード」をクリックしてください。ダウンロードされたファイルはZIP圧縮されておりますので,展開してからお使いください。
  3. ダウンロードした写真は著作権法によって保護されており,本書の購入者が本書学習の目的にのみ利用することを許諾します。それ以外の目的に利用すること,二次配布することは固く禁じます。また購入者以外の利用は許諾しません。不正な利用が明らかになった場合は対価が生じますことをご承知おきください。

    ダウンロードしたファイル以外の写真の提供のご要望には一切応じられませんのでご承知おきください。写真提供のない項目でも類似の代替写真を用いて操作を試すことは可能です。任意のサービスですのでファイルの取得から利用までご自身で解決していただき,ダウンロードに関するお問い合わせはご遠慮ください。

    RAW画像ファイルについて

    容量を圧縮するためおもにAdobe社の提唱するDNG形式で提供しております。ほかにCR2(キヤノン),NEF(ニコン),TIFの各形式,およびJPEGデータも含まれます。

    Lightroomの現像プリセットファイルについて

    Part2・3・4のTipsの現像処理の最終状態をプリセットにしたものです。なお,プリセットに記録されない[切り抜き]ツール・[スポット修正]ツール・[補正ブラシ]ツールを利用したTipsのプリセットはありません。現像設定プリセットの「.lrtemplate」ファイルは,下記フォルダーにコピーしてLightroomを再起動すると現像モジュールのプリセット一覧に表示されます。

    Macの場合

    ~/Library/Application Support/Adobe/Lightroom/Develop Presets

    Windowsの場合

    C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Lightroom¥Develop Presets

商品一覧