書籍概要

しくみ図解

通信設備が一番わかる

著者
発売日
更新日

概要

情報技術には必要不可欠な基盤となる通信設備。主要な設備としては,電話,ローカル・エリア・ネットワークや光ファイバーケーブルに大別されます。ローカル・エリア・ネットワークは,一施設内程度の規模で用いられるコンピュータネットワークとして,一般家庭,企業のオフィスや研究所,工場などで広く使用されています。光ファイバーケーブルは,主に通信会社の幹線や企業への高速通信回線(ATMなど)の引込み線として使われてきましたが,近年は,光を信号として扱う情報通信分野で主に利用されています。本書は,通信設備のしくみや身近な応用例から,徹底的に通信設備の概念を理解しようとするものです。通信設備の概念をしっかりと捉えることで,通信設備の理解をより深めることができます。

こんな方におすすめ

  • 電気通信設備関連の仕事に携わる人,電気通信設備工事担任者の資格取得を目指している方,電気・電子工学系の学生

サンプル

samplesamplesamplesamplesample

目次

1章 通信設備とは

  • 1 情報の伝達
  • 2 通信技術の歴史
  • 3 通信の形態
  • 4 データ通信
  • 5 暗号技術—暗号と鍵
  • 6 暗号技術—共通鍵暗号方式
  • 7 暗号技術—公開鍵暗号方式
  • 8 暗号技術—公開鍵暗号の実装技術
  • 9 ネットワークの概要
  • 10 電話網
  • 11 通信に使われる端末設備
  • 12 総合デジタル通信の技術
  • 13 情報セキュリティの技術
  • 14 接続工事

2章 電話

  • 1 電話交換機
  • 2 電話機
  • 3 ボタン電話主装置
  • 4 電話線
  • 5 PHS交換機
  • 6 PHS基地局(アンテナ)
  • 7 IP電話・IP系端末

3章 LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)

  • 1 LANのしくみ
  • 2 WAN
  • 3 無線LAN
  • 4 LAN配線
  • 5 LANケーブル
  • 6 ルータ機器
  • 7 無停電電源装置(UPS)
  • 8 ネットワーク機器

4章 光ファイバケーブル

  • 1 光ファイバケーブルのしくみ
  • 2 高速大容量化するデータ通信
  • 3 ネットワークを繋ぐ幹線
  • 4 さまざまな光ファイバケーブル
  • 5 スプライスボックス
  • 6 融着接続
  • 7 コネクタ接続
  • 8 配線試験・試験機
  • 9 光ファイバケーブルの規格
  • 10 光波長多重通信
  • 11 光アクセスネットワーク

5章 情報セキュリティ

  • 1 情報セキュリティの定義
  • 2 電子認証技術
  • 3 デジタル署名技術
  • 4 ネットワークのセキュリティ
  • 5 情報漏えい防止・アクセス権の設定
  • 6 改ざん防止
  • 7 電源対策

6章 EMC(電磁障害)対策

  • 1 電磁ノイズとは
  • 2 ノイズによる誤動作・故障
  • 3 電磁環境両立性(EMC)
  • 4 EMI(エミッション)対策
  • 5 イミュニティ対策
  • 6 電磁感受性(EMS:Electromagnetic Susceptibility)
  • 7 フレームグランド(大地アース)
  • 8 フィルタリング
  • 9 シールディング

サポート

現在サポート情報はありません。

商品一覧