書籍概要

仕事で一生使える Illustratorトレーステクニック

著者
発売日
更新日

概要

ベジェ描画の基本の「き」から,応用的なトレース技術までを豊富な作例で練習しながら習得します。
Illustratorの機能を使いこなして,デザインの現場で必要とされるベクトルデータを,自由にすばやく制作できるようになります。ロゴマーク・手描きのトレース・地図の作成・自由なイラストなどなど,知っておくと仕事で一生使えるイラレのワザを身につけましょう。

こんな方におすすめ

  • イラレのベジェ曲線を上手に描けるようになりたい方
  • 写真・手描きのトレース,ロゴやアイコンなどをすばやく作成したい方
  • ベクトルデータでイラスト・地図・グラフィックを描きたい方

著者から一言

Adobe Illustratorに初めて触れたとき,まず最初の壁となるのが,ベジェ曲線といえるでしょう。なかでも,[ペン]ツールは初心者がもっともつまずきやすく,その特性を理解するまでには,多くの時間と労力を要するツールです。著者である私も,初めてIllustratorを使ったころは,どこをどう動かせば,思った通りの線が描けるのか,想像した通りの加工ができるのか,そこに多くの時間を費やしました。

本書は,そんなAdobe Illustratorの初心者の方を対象としています。
クリック,ドラッグといった操作に,ショートカットキー(Macであれば[option]や[⌘]キーなど)を加えた,基本すぎるほど基本の動作を,Illustratorではどのように活用し,どのような効果が得られるのか。そして,Illustrator独自の機能を活用することで,どこまで表現が広げられるのか。各章にテーマを設けた形で,順番に解説をしています。

Illustratorは,毎年新機能が追加され,常に進化をしています。5年も経てば,今はできない,新しいイラスト表現も可能になっているかもしれません。しかし,どんなにすごい機能が追加されたとしても,[ペン]ツールをはじめとするベジェ曲線の基本的な考え方や,加工の基礎はそう変わることはありません。ベジェ曲線の基礎は,覚えておけば今後も必ず役に立つでしょう。

本書では,Illustratorの操作,技術の基礎を学び,その応用までを紹介していますが,求める形を表現する方法は人それぞれです。自分ならどう描くか,自分ならどう作るか,いろいろな方法を探しながら,Illustratorでの表現を楽しんでみてください。

この本が,デザイナーやイラストレーターとして活動する,または活動を目指しているみなさまの,少しでもお役にたてれば幸いです。
(「はじめに」より)

サンプル

目次

Lesson1 ベジェ曲線の基本

  • 1-1 線を描く
  • 1-2 オープンパスとクローズパス
  • 1-3 オブジェクトの線と塗り
  • 1-4 折り返し線やコーナーポイント
  • 1-5 ベジェ曲線の編集

Lesson2 ベジェ曲線 徹底マスター

  • 2-1 パスの整形
  • 2-2 パスを分割する
  • 2-3 パスを連結する
  • 2-4 複合パスと複合シェイプ

Lesson3 シェイプでラクするパス作成

  • 3-1 長方形・楕円形・多角形などのシェイプツールの基本
  • 3-2 シェイプで描くホームアイコン
  • 3-3 ライブコーナーを使った電話アイコン
  • 3-4 シェイプを使った簡単アイコン作成

Lesson4 線を使った表現

  • 4-1 Illustratorの線の基本
  • 4-2 ワッペン風アイコンを作る
  • 4-3 ポップなロゴ文字を作る
  • 4-4 和風のロゴを作る
  • 4-5 キャラクターのポーズを変える
  • 4-6 デジタル風数字を作る
  • 4-7 ブレンドで作る月桂冠ブラシ
  • 4-8 消印風のかすれたスタンプ

Lesson5 塗りを使った表現

  • 5-1 Illustratorの塗りの基本
  • 5-2 波扇模様をパターンで作る
  • 5-3 あとから修正できるイラストの影
  • 5-4 写真からタイル状の背景を作る
  • 5-5 ビールの中ようなイメージ背景
  • 5-6 グラデーションを重ねたメタル表現

Lesson6 アピアランスを使いこなす

  • 6-1 アピアランスの基本
  • 6-2 手描き風の文字
  • 6-3 ビスケット風の文字
  • 6-4 エアメール風の枠
  • 6-5 漫画風の集中線と立体文字

Lesson7 実践トレーステクニック

  • 7-1 イラスト入りイベントチラシ
  • 7-2 メタル調の機器のトレース
  • 7-3 写真トレースで作るショップカード
  • 7-4 アナログ感のあるカフェのチラシ
  • 付録 効果一覧

サポート

ダウンロード

本書に掲載しているサンプルファイルをこのページからダウンロードしてご利用いただけます。

サンプルファイルご利用の前に

本書P.7の「サンプルファイルのダウンロード」をお読みください。そこに記載してある「ID」と「パスワード」が必要になります。

*レッスンファイルについて,一般的な環境においては特に問題のないことを確認しておりますが,万一障害が発生し,その結果いかなる損害が生じたとしても,小社および著者はなんら責任を負うものではありません。また生じた損害に対する一切の補償をいたしかねます。必ずご自身の判断と責任においてご利用ください。

*レッスンファイルは,著作権法上の保護を受けています。収録されているファイルの一部,あるいは全部について,いかなる方法においても無断で複写,複製,再配布することは禁じられています。

以上のことをご確認,ご了承のうえ,レッスンファイルをご利用お願いいたします。

  1. 下の枠内に「ID」と「パスワード」を入力してください。本書7ページに記載されている「ID」を「ID」欄に,「パスワード」を「パスワード」欄にそれぞれ入力してください。
  2. 「ダウンロード」をクリックしてください。

正誤表

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2021年4月19日最終更新)

P.043 STEP 02 ナイフツール 手順3

破線の下絵に沿って,[長方形]ツールの上を,
破線の下絵に沿って,[長方形]の上を,

「ツール」が不要でした。

P.048 STEP 03 連結ツールその2 本文4行目

この他にも,多角形,星型星形などでも
この他にも,多角形,星型などでも

「星形」が不要でした。

P.131 アピアランスの変形効果で泡を表現する 手順2 2行目

[オブジェクト]メニューから[変形]を選択して[変形]ダイアログを表示し、
[オブジェクト]メニューから[変形]→[移動]を選択して[移動]ダイアログを表示し、

P.131 アピアランスの変形効果で泡を表現する 手順4 2行目

先ほどと同じように[オブジェクト]→[変形]で,
先ほどと同じように[オブジェクト]→[変形]→[移動]で,

P.131 アピアランスの変形効果で泡を表現する 手順5

すべての円を選択し,[アピアランス]パネルから[新規効果を追加]→[パスの変形]→[変形]を選択します。[変形効果]ダイアログで,(以下略)

この操作で間違いはありませんが,[変形効果]ダイアログが開いたときの[プレビュー]のチェック状態により,うまくランダムに変形されないことがあります。Illustratorのバグと思われますが,その際は以下の③もしくは④の方法で操作してください。

 状態最初の操作次の操作結果
チェックあり※  ×
チェックなし[プレビュー]にチェック設定を変更×
チェックなし設定を変更[プレビュー]にチェックまたは,なしのまま
①②③の操作後変形を取り消し(⌘+Z)[効果]メニューの[変形を適用](⌘+shift+E)

※初期設定で[プレビュー]はチェックありですが,一度チェックを外して[OK]すると,次はチェックが外れた状態でダイアログが開きます。

商品一覧