書籍概要

Excel“時短”システム構築術
――案件管理の効率化を簡単に実現しよう!

著者
発売日
更新日

概要

日々進化するExcelの機能をリスキリングしよう!

本書では,チュートリアル形式で役立つExcelの各種機能の使い方を解説しながら,案件管理のシステム作り上げます。まずはテーブル機能をベースとして,さまざまな関数,新たに追加された計算機能「スピル」,操作をアシストする書式設定,繰り返し作業を簡略化するマクロ,そして自動化の肝であるVBAまで挑戦します。各機能の特長を理解して,Excelに無理をさせず,そして自身の業務も無理がないように自動化・効率化を素早く図りましょう!

こんな方におすすめ

  • データの処理・管理を手軽に行いたい人
  • Excelの機能の使いどころを知りたい人

サンプル

samplesamplesamplesamplesample

目次

第1章 Excelの機能と業務内容を理解する

  • 1.1 Excelの役割を理解する
  • 1.2 ツールを作るときに使うExcelの便利機能
  • 1.3 本書で作る業務ツール

第2章 テーブルの設定

  • 2.1 テーブルとは
  • 2.2 テーブルを扱ううえでの注意点
  • 2.3 テーブルの設定方法
  • 2.4 テーブルの設定を変更する
  • 2.5 テーブルの設定の解除
  • 2.6 一覧表にテーブルを設定する
  • 2.7 各テーブルの設定

第3章 計算式の知識

  • 3.1 計算式の基本
  • 3.2 関数
  • 3.3 計算式のコピーと参照方式
  • 3.4 他のセルの値をそのまま出す
  • 3.5 テーブルを参照する計算式
  • 3.6 計算式や関数の入力
  • 3.7 関数のネスト
  • 3.8 業務ツールで使う便利な関数
  • 3.9 スピル
  • 3.10 名前機能

第4章 計算式の作成

  • 4.1 案件入力画面の設定
  • 4.2 《見積一覧》シートの作成
  • 4.3 見積書フォーマットの作成
  • 4.4 納品書と請求書フォーマットの作成
  • 4.5 処理一覧の作成
  • 4.6 商品名の一覧範囲の名前設定
  • 4.7 《案件一覧》シートの作成
  • 4.8 月次請求書の計算式の作成
  • 4.9 《メイン画面》シートの作成

第5章 仕組み作りを支えるExcelの機能

  • 5.1 ユーザー定義の表示形式
  • 5.2 条件付き書式
  • 5.3 入力規則
  • 5.4 リンクの設定

第6章 マクロの記録

  • 6.1 マクロを保存する
  • 6.2 案件を入力するマクロを記録する

第7章 VBAの基本

  • 7.1 VBEの使い方
  • 7.2 VBAの基本構文

第8章 VBAを操作する

  • 8.1 VBAのサブルーチンの作成
  • 8.2 見積書を追加・更新する
  • 8.3 納品書・請求書を発行する
  • 8.4 見積書を発行して登録する
  • 8.5 指定月の請求書を一度に作成する
  • 8.6 状況に合わせて表示するデータをフィルターする
  • 8.7 メイン画面をクリックして各処理のVBAを動かす

第9章 より便利に仕上げる

  • 9.1 常に項目名を表示する
  • 9.2 表示する必要のないセルを非表示にする
  • 9.3 今日の日付を設定する
  • 9.4 不必要な入力をさせないようにする
  • 9.5 ファイルを開いたら必ずメイン画面を表示させる
  • 9.6 最終チェック

サポート

ダウンロード

本書の内容を試せるサンプルファイルをご利用いただけます。サンプルファイルは,下記のリンクより圧縮ファイル形式(zip)でダウンロードできます。解凍してご利用ください。

一部のサンプルファイルに誤りがありました。修正済のファイルを用意しましたので,2024年2月22日以前にダウンロードされた方は,お手数をおかけしますが,再ダウンロードをお願いいたします。

(2024年2月22日更新)

ダウンロード
Excel_sys_240221修正版.zip

正誤表

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2024年2月22日最終更新)

P.278 5行目,P.279 8行目,P.280 2行目,P.281 1行目

シート《見積》
シート《見積一覧

P.303 6行目

Function 処理
Function 処理登録

(以下2024年2月15日更新)

P.276

PDFファイル「納品書…
PDFファイル「請求書

(以下2024年2月6日更新)

P.110 「2.計の追加」の直後

≪商品一覧≫シートの
見積一覧≫シートの

(以下2024年1月26日更新)

P.78 1枚目の画像およびP.79 2枚目の画像

販売日
販売時刻

(以下2024年1月24日更新)

P.68 1枚目の画像「消費税額」列に表示されている金額

[@単価]*0.1
[@販売額]*0.1

(以下2024年1月16日更新)

P.182 下から10行目以降

次に奇数か偶数で条件が分かれるのですが、まず奇数の条件を考えましょう。奇数か偶数かは「MOD関数」を使って調べられます。番号を2で割った余りを「MOD関数」で求めて、「(2で割った)余りが1なら奇数」、「余りが0 なら偶数」です。行番号を調べる「ROW 関数」と組み合わせると、「MOD(ROW(),2)=1」の場合、その行は奇数行だということになります。
次に案件番号が奇数か偶数で条件が分かれるのですが、まず奇数の条件を考えましょう。奇数か偶数かは「MOD関数」を使って調べられます。案件番号を2で割った余りを「MOD関数」で求めて、「(2で割った)余りが1なら奇数」、「余りが0 なら偶数」です。「MOD($A1,2)=1」の場合、その行は奇数行だということになります。

P.246 表 Long型の内容

-2147483647~-2147483647
-2147483647~2147483647

右の「-」が不要です。

(以下2023年8月29日更新)

P.134 1行目

【データ】タブを
【数式】タブを

P.135 1行目

セル《D19》の
セル《G19》

P.158 1行目

《案件》シートの
《案件一覧》シートの

P.158 3行目

《案件入力》シートの
《案件一覧》シートの

P.159 7行目,9行目

《案件入力》シートの
《案件一覧》シートの

P.163 7行目,9行目

《案件入力》シートの
《案件一覧》シートの

P.164 3行目

《月次請求書》シートは
《月次請求》シートは

「書」が不要です。

P.194 最後から2行目

入力して②、【OK】ボタンをクリックします③。
入力します②

※195ページ1枚目の画像の手順③も不要です。

P.200 下から5行目

《月次請求書》シートで
《月次請求》シートで

「書」が不要です。

P.207 3行目

《月次請求シート》の
《月次請求》シート

P.219 1行目

「案件登録」の図形を
《案件入力》シートの「案件登録」の図形を

P.264 5行目

セル《H2》に
セル《F2》

P.272 下から2行目

シート《処理一覧》の14行目に
シート《処理一覧》の13行目に

P.274 3行目

「Sub 請求書印刷」の
「Sub 納品書印刷」の

P.294 下から2行目

《12行目》と《13行目》に
15行目》と《16行目》に

P.300 下から2行目

「Sheet5(メイン画面)」を
「Sheet6(メイン画面)」を

P.332 下から2行目

金額は「2,765,000」で、
金額は「2,760,000」で、

P.333 見積書の画像内 「マウス」の個数と計

(個数)3 (計)15,000
(個数)2 (計)10,000

商品一覧