帰ってきた『技評ねこ部通信』

2021年9月2日 縄張り争い

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

TOKYO2020で初めて知るパラリンピック競技が多々あり,選手のみなさんの熱戦に日々心揺さぶられているねこ部です。

さて,熱戦というと,この夏,ねこ部の旧知の地域ねこであるはちべい軍団の縄張りに,一匹オオカミの(ねこだけど)ちゃとらこが出入りするようになりました。

熱戦というより,縄張り争いっつうやつです。

ちゃとらこがいくつぐらいの子なのかはわかりませんが,はちべい軍団は実はけっこうなお年なのです。ねこ部が知る限り,2013年頃にはもう存在していたので,少なくとも8歳以上,人間でいうところの48歳以上。あれ?まだまだ十分働き盛り?

いやいや,そもそも,あまり争いごともなく,平和に暮らしてきたはちべい軍団です。そこに流れ者のちゃとらこが来るようになって,はちべいたちはビビるビビる。そして,鳴く。しばらくすると,はちべいたちは少し離れたところに移動します。つまり,負けを認めた?

でも,これは外ねこ社会ではこれも仕方のないこと。ちゃとらこに来るな!とは言えません。

血を見るような争いはないようなので,とりあえず,見守っていこうと思います。

  • 画像をクリックすると大きく表示できます。

画像

ちゃとらこがはちべい軍団の縄張りに!

画像

ちゃとらこがはちべい軍団の階段に!

画像

ちゃとらこが縄張りにいるときのはちべいとシュッとした子

画像

はちべいとシュッとした子の固い絆(という頭突き)

画像

2013年頃のはちべい。今より少しぽっちゃりさんでした

🐱 外ねこ写真募集!🐱

Twitterでハッシュタグ「#ghねこ部」をつけて@gihyo_hansokuにReplyください!

採用の場合は追ってご連絡いたします。