Linux Daily Topics

2016年9月23日 GNOME 3.22がリリース,アプリケーション仮想化フレームワーク「Flatpack」を採用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

GNOMEプロジェクトのマティアス・クラセン(Matthias Clasen)氏は9月21日(ドイツ時間),GNOMEの最新リリース「GNOME 3.22(開発コード"Karlsruhe")」の正式リリースを発表した。

GNOME 3.22 released - Matthias Clasen

GNOME 3.22の最大の特徴は,アプリケーション仮想化フレームワーク「Flatpack」をサポートした点だ。Flatpackはかつて「xdg-app」と呼ばれていた機能で,アプリケーション上のデータ,コード,ライブラリから実行環境(シェアードランタイム含む)までをサンドボックス化し,セキュアにビルド/ポーティングを行う技術。Flatpackでサンドボックス化されたアプリケーションは,OSや他のアプリケーションから隔離された状態で実行させることができるので,Fedoraなどのディストリビューションでも採用が進んでいる。GNOME 3.22では,GNOME SoftwareがFlatpackをインストール/アップデートし,GNOME Builderがアプリケーションのサンドボックス化を行い,各ポータルに提供されるしくみとなっている。

このほか,デフォルトファイルマネージャのFilesにおけるファイル名の一括リネーム(バッチ処理)や,GNOME Photosでの共有サポート,GNOME Softwareの外観のアップデート,キーボード設定パネルのリデザインなどが実施されている。

なお,クラセン氏によれば,次のアップデートとなるGNOME 3.24のリリースは2017年3月に予定されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入