Linux Daily Topics

2016年12月22日 Ubuntu,32ビットPowerPCサポートを中止へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Caononicalのソフトウェア開発者でUbuntuのテクニカルボードでもあるSteve Langasekは12月22日(世界標準時),Ubuntuの開発者向けメーリングリストに「Removing 32-bit powerpc architecture from future Ubuntu releases」というタイトルのエントリを投稿,2017年4月リリース予定の「Ubuntu 17.04(開発コード"Zesty Zapus")」とそれ以降のリリースでは32ビットPowerPCアーキテクチャのサポートを行わないと発表した。

Removing 32-bit powerpc architecture from future Ubuntu releases

今回の発表は,Debianが10月にStretchでの32ビットPPCアーキテクチャのサポート終了を発表したことに伴うもの。Langasekはメールにおいて,Debianの発表以来,Ubuntuのテクニカルボードメンバー間でも議論があったが,最終的にはDebian同様,アップストリームのサポートが行われないアーキテクチャに対し,開発者の労力を割くのは無駄という判断に達したようだ。これより,Zapusの機能フリーズには32ビットPPC(powerpc)は含まれないことになる。

もっともLangasekは「powerpcアーキテクチャのサポートはZapus以前のリリースでは引き続き行われる」とも発言しており,とくにロングサポートが保証される「Ubuntu 16.04 LTS」では2021年4月までのサポートが可能だという。使われなくなった古いアーキテクチャへのサポートや関心はこうやってゆくっりと,しかし確実に消滅していく。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入