Linux Daily Topics

2017年5月8日 Debian 8 "Jessie"が8度目のポイントリリース,「Devuan」も正式版リリース間近?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debian Projectは5月6日,Debian 8 "Jessie"の8回目のアップデートとなる「Debian 8.8」を公開した。アップデートの内容はほとんどがすでに対応済みのセキュリティフィックスで,リリースによれば「こまめにsecurity.debian.orgからアップデートしている場合は,新たにアップデートする必要がない」と説明されている。

Updated Debian 8: 8.8 released

Debian 8.8に対応したインストールメディア(CD/DVDイメージ)も間もなく本家およびミラーサイトから提供が開始される予定だ。Linuxカーネルのバージョンは3.16.43,デスクトップ環境としてはGNOME 3.14.1,KDE 4.14.2,Xfce 4.10,LXDE 0.99.0などが含まれている。

正式版はもう間もなく!? Devuan 1.0.0 RC2が公開

DebianがJessieからデフォルトの起動システムにsystemdを採用したことを不服に思ったメンバーがフォークしたプロジェクト「Devuan」が2年あまりの歳月を経てようやく正式版のリリースにこぎつけそうだ。Devuan Projectは5月5日,Devuan 1.0のリリース候補版となる「Devuan Jessie 1.0.0 RC2」のリリースを発表した。

Devuan Jessie 1.0.0 RC2

「Dear Init Freedom Lovers」で始まるアナウンスの最後には「Devuanは選択肢だ。systemdで始まるLinuxか,そうでないLinuxか,ユーザは選択することができなくてはいけないと我々は考える」とあり,"起動システムの自由"にこだわるプロジェクトの姿勢をあらためて強調している。Devuanはプロジェクトローンチから「Debianは不要な依存関係でもってユーザをsystemdから逃れにくくした」とJessieでのデフォルトsystemd採用を強く批判しており,"オルタナティブなDebian"としての立ち位置を今後も極めていくとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入