Linux Daily Topics

2017年7月12日 Fedora 26,ついに正式リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedora Projectは7月11日(米国時間)⁠⁠Fedora 26」の正式リリースを発表した。デスクトップ版の「Fedora Workstation」⁠サーバ版の「Fedora Server」⁠コンテナ環境向けの「Fedora Atomic Host」の3つのエディションのダウンロードがすでに開始されている。

Fedora 26 is here! - Fedora Magazine

Fedora 26に実装されているカーネルはLinux 4.11.8,デフォルトデスクトップ環境はGNOME 3.24.2で,KDEやXfceなどのデスクトップ環境は「Fedora Spin」から入手できる。また,パッケージマネージャはDNF 2.0,コンパイラはGCC 7がそれぞれデフォルトとなっている。

Amazon EC2やOpenStackといったクラウド上でFedoraをビルドしたい場合はFedora Baseに用意されているクラウド用のイメージを使うことで容易に展開することが可能となっている。またRaspberry Piを含むARMデバイス用のイメージも別途用意されている。

Fedoraは以前から開発スケジュールが遅れる場合が多かったが,今回は正式リリースまでに5回もの延期を重ねている。こうした開発の遅れを緩和する施策のひとつとして,Fedora Projectは次のバージョンである「Fedora 27」からはアルファ版の提供をストップし,ベータ版のみとする方針をすでに発表している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入