Linux Daily Topics

2017年9月28日 Ubuntu,Artful Aardvarkで32ビット版サポートを中止へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CanonicalのソフトウェアエンジニアでUbuntuリリースチームのDimitri John Ledkovは9月27日(世界標準時)⁠10月19日リリース予定の「Ubuntu 17.10(開発コード: Artful Aardvark)⁠では,32ビット(i386)アーキテクチャのインストールイメージを含めないことを開発者向けメーリングリストで明らかにした。

32ビット版サポートに関してはその継続をめぐってUbuntuコミュニティの間でも長く議論されてきたが,Ubuntu 17.10のGAを約3週間後に控えた現在,リリースチームとしては最終的に32ビットを捨てる結論に至ったようだ。

Change of scope and target market for i386

Ledkovは開発メンバーに対し,作業中のバージョン(ベータおよびファイナル)から32ビット版のISOイメージを取り除くように指示しており,⁠Ubuntu 17.10においては ubuntu-desktop-i386.isoは出荷されない」としている。さらに今後は,32ビットハードウェア上での品質保証(QA)やテストもリリースチームとして行わないことも明らかにしている。

なお,今回のUbuntuの決定にKubuntuやLubuntu,XubuntuなどUbuntuの派生ディストリビューションが追随する様子はいまのところないようだ。Ubuntu 17.10のリリース時期が迫っていることに加え,LubuntuやXubuntuは古いタイプのハードウェア上に数多く搭載されており,32ビットアーキテクチャをこれらのディストリビューションが今すぐドロップすることはないと見られている。

ここ1,2年,32ビットアーキテクチャを捨てる動きは加速しており,今回,予想よりも早くUbuntuが32ビットから離れる決定をしたことで,その傾向はますます強まりそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入