Linux Daily Topics

2018年1月29日 Linux 4.15が正式リリース, Meltdown/Spectreにフルパッチ対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Linus Torvaldsは1月28日(米国時間)⁠2018年最初のカーネルアップデートとなる「Linux 4.15」の正式公開をアナウンスした。年初に明らかになったIntel CPUの脆弱性問題(Meltdown/Spectre)の対応のため,通常のスケジュールよりも多い9本のリリース候補(RC)版を出すかたちとなり,4.15-rc9の後に出されたIntelのパッチに対しては「どこからどう見ても完全なるクソコード(All of this is pure garbage./As it is, the patches are COMPLETE AND UTTER GARBAGE.)⁠など,相変わらずの口の悪さで怒りを表明していたLinusだが,結果として「⁠Meltdown/Spectreに関してやるべきことはまだあるが)4.15の出来はとてもよい感じ」⁠Linus)に仕上がったようだ。

Linux 4.15 - Linus Torvalds

Meltdown/Spectreのパッチ対応以外のLinux 4.15のおもなアップデートは以下の通り。

  • "display code"を含むAMD GPUドライバ(amdgpu)のサポート改善,⁠Vega 10」⁠Raven」をデフォルトでサポート
  • SATAのALPM ⁠Aggressive Link Power Management: ディスクがアイドル状態のときにSATAを低消費電力に設定する機能)実装における不具合を改善
  • RISC-Vアーキテクチャのサポート
  • Linux 4.14で追加された「AMD Secure Memory Encryption」に加え,新たに「AMD Secure Encrypted Virtualization(SEV)⁠をサポート
  • Intel CPUのセキュリティ機能「User-Mode Instruction Prevention」をサポート,有効にするとSGDT/SLDT/SIDT/SMSW/STRなどのユーザモードからの実行を無効化する
  • Linux 4.5でstableになったcgroup v2にCPUリソースコントローラを完全にマージ
  • mmap(2)に2つの新しいフラグ「MAP_SYNC」⁠MAP_SHARED_VALIDATE」を追加

Linux 4.15のリリースとともに,LinusはLinux 4.16のマージウィンドウをオープンしており,すでに大量のプルリクエストが来ているという。⁠またいつもの,そしてまったくもって退屈なリリースサイクルが始まる。しかし退屈は本当によいことだ」というLinusのコメントどおりに,Linux 4.16の開発は静かに,そして退屈に進んでいくとよいのだが。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

  • mmapでした

    ご指摘ありがとうございます。
    おっしゃるとおり「mmap」の誤りです。
    本文は修正させていただきました。

    Commented : #2  gihyo.jp編集部 (2018/01/29, 18:13)

  • 誤字?

    nmap(2)ってmmapの誤字ではないですか?
    そもそも元リリースノートを見てもnmap, mmapについての話は引っかかりませんが

    Commented : #1  エヌユル (2018/01/29, 16:56)

コメントの記入