Linux Daily Topics

2018年3月9日 春のWindowsアップデートはLinuxづくし!? Linux開発者向けの新機能をおさらい

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

"Ubuntu on Windows""Debian on Windows"など,Widonws 10上で利用できるLinuxディストリビューションが増えてきた昨今だが,Microsoftはまもなく「Spring Update」と称したWindows 10の大幅アップデート(バージョン1803)を発表する予定で,UbuntuやDebianの対応もここに含まれている。ここでは3月7日付けの同社の開発者向けブログ「Windows Command Line Tools For Developers」に掲載されていたコマンドラインユーザ向けのハイライトを紹介する。

What⁠s new for the Command Line in Windows 10 version 1803 - Windows Command Line Tools For Developers

WSL(Windows Subststem for Linux)

仮想マシンを介さずにネイティブにWindows上でLinuxディストロを実行できるWSL。このWSLで扱えるOSにKali LinuxとDebianが加わった。いずれもWindows Storeから直接ダウンロード/インストールが可能。さらにWindowsとLinuxの互換性を高める新ツールとして「wslpath」が登場,もちろんWSL上で動作する。また,新たにUNIXソケットがサポートUNIXソケットを介したWSLとWindowsアプリケーションの連携が可能になっている。

Hyper-V

オープンソースプロジェクト「XRDP」を拡張した「Enhanced Session Mode」により,Hyper-V上でのLinux(Ubuntu)仮想マシンがより簡単に起動できるように。また,仮想マシンのコンフィギュレーションを容易にする「Quuick Create」も提供へ。

CLIツール

OpenSSHベースのクライアント/サーバが新たに追加,クライアントはデフォルト,サーバはオプションで提供へ。またCLIのコマンドとして「tar」「curl」をサポート

UWPコンソールアプリケーション

Windows 10用の統合アプリケーションプラットフォーム「UWP(Universal Windows Platform)⁠のAPIを使ったアプリ開発を容易にするコンソールアプリケーションを新たにサポート

こうしてみると,Linux開発者のニーズを丁寧にすくい上げた印象が強いアップデートだといえる。Microsoftは開発者に対しさらなるフィードバックを呼びかけており,まだまだ機能強化の波はつづきそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入