Linux Daily Topics

2018年6月21日 Red Hat,メンテナンスアップデート「Red Hat Enterprise Linux 6.10」を提供開始,Spectre/Meltdown対策更新を含む

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hatは6月19日(米国時間)⁠⁠Red Hat Enterprise Linux 6」シリーズのメンテナンスアップデートである「Red Hat Enterprise Linux 6.10」のリリースを発表した。RetoplineベースのSpectre/Meltdown対策,GCCのアップデート,GCCライブラリパッケージの入れ替えのほか,RHEL 7への移行支援などが含まれている。

[rhelv6-announce] Red Hat Enterprise Linux 6.10 Now Available

2010年11月に最初のバージョン(RHEL 6.0)が提供されたRHEL 6シリーズは,前バージョンのRHEL 6.9をもって機能追加など大きなアップデートは終了しており,すでにメンテナンスサポートのフェーズに入っている。今回のRHEL 6.10のリリースでもってRHEL 6はメンテナンスサポートの第2フェーズ(Maintenance Support 2)に入り,重要なセキュリティフィックスやビジネスインパクトが大きく緊急性の高いイシューのみに対応する。

10年サポートの8年目を迎え,ライフサイクルの終盤に入りつつあるRHEL 6から,RHEL 7や「Red Hat OpenShift Container Platform」への移行を支援するため,RHEL 6.10ではRHEL 6のワークロードをコンテナベースのアプリケーションに容易に移行するためのベースイメージを提供している。また,⁠Pre-upgrade Assistant」やアップグレードツール,移行のためのドキュメントなども用意し,カスタマポータルを通じて提供を開始してる。

How do I upgrade from Red Hat Enterprise Linux 6 to Red Hat Enterprise Linux 7?

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入