Ubuntu Weekly Topics

2009年5月22日号 OpenRDのリリース・DisplayLinkのUSB接続VGA・UWN#142

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

OpenRDのリリース

以前に本連載の姉妹連載である,Ubuntu Weekly Recipeお伝えしたMarvell SheevaPlugと同じプロセッサ(SoC)を内蔵したマシンとして,OpenRDシリーズがリリースされました。

SheevaPlugと同じように,GlobalScale Technologiesから国際発送で購入することができます。送料が$70ほどかかりますが,$149~$199で組み込み向けの評価ボードを購入できることになります注1)。

注1
一般に組み込み向けの評価ボード(EVB)は非常に高く,10万円前後の価格も珍しくありません。いわゆる学習用ボードの一部には3万円を切った価格のものもありますが,かなり非力なものでしたので,「512MBのメモリ+512MBのNANDフラッシュ+Gigabit Ethernet」という強力な構成をこの価格で入手できるのは,かなり画期的といえます。

OpenRDには2種類の構成があり,PCI-e x1を装備した開発用環境である『OpenRD-Base』と,モニタ出力やUSBx7を装備し,アルミ製エンクロージャに納められた『OpenRD-Client』から選ぶことができます。いずれもSATAを装備しているため,NASなどの代わりにファイルサーバとして利用することもできますし,OpenRD-ClientはGigabit Ethernetを2系統搭載しており,ルータなどとして利用することも可能でしょう。

主な仕様は,以下の通りです注2)。

OpenRD-Base
  • "Marvell Sheeva"(88F6281) 1.2GHz
  • 512MB RAM, 512MB NAND Storage
  • GbE(1), USB2.0(1)
  • SATA(eSATA)
  • PCIe x1
  • UART/RS-232C, JTAG
  • SD Card Slot
  • 12V ACアダプタで動作
OpenRD-Client
  • "Marvell Sheeva"(88F6281) 1.2GHz
  • 512MB RAM, 512MB NAND Storage
  • GbE(2), USB2.0(7)注3
  • SATA(内蔵SATA + eSATA各1系統)
  • Audio(Analog, S/PDIF{In/Out})
  • 2D Graphics Acceralator with D-SUB 15 up to 1280x1024@60Hz
  • UART/RS-232C, JTAG
  • RS485
  • SD Card Slot
  • I2C/SMBUS
  • アルミ製エンクロージャ(別売,$50,注4
  • 12V ACアダプタで動作

なお,OpenRDのリファレンスプラットフォームとして準備されているのはFedora 8ですが,OpnRDの中身やブートローダはSheevaPlugと大差ないようですので,おそらくUbuntuを動作させることも難しくないと思われます。

注2
まだGlobalScale Technologiesのサイトの情報に混乱が見られるので,一部の仕様は正しくないかもしれません。
注3
内蔵USB2.0ハブを経由して7ポートに分岐しているため,コントローラは1系統しかありません。
注4
GlobalScale Technologies内部でも混乱があるようで,価格が頻繁に変わっています。

DisplayLinkのUSBビデオアダプタ

USB接続のディスプレイやUSBビデオアダプタを利用したいと考えているユーザーにとって,嬉しいニュースがありました。こうしたハードウェアに内蔵されたチップ注5のベンダの中で,非常に大きなシェアを持つDisplayLink社が,Linux向けライブラリをリリースしました。これにより,Ubuntuからもこの種のデバイスを利用できるようになるはずです注6)。

注5
店頭で見かける「USB接続VGA」「USB接続ディスプレイ」の多くは,DisplayLinkのチップを採用していると思われます。特にDVI-Dで接続可能なものは,ほぼ確実にDisplayLink製チップが利用されていると考えられます。採用実績はこちらで確認してください。
注6
まだXのドライバ等はありません。今のところ,「ちょっとコードを書いてライブラリを叩くと,指定した画像を表示できる」という状態です。

Ubuntu Weekly Newsletter #142

Ubuntu Weekly Newsletterの#142がリリースされています。日本語版も翻訳予定です。

その他のニュース

注7
パッケージの依存関係が不足しているため,手元で試した限りでは,少なくともpython-imaging-tkとpython-liblcmsの追加インストールが必要でした。

今週のセキュリティアップデート

今週リリースされたアップデータはNTPに関するものだけです。基本的にはどちらもデフォルト設定では問題がない(極めて軽微か,もしくは影響がない)ものとなります。ただし,autokeyによる暗号化を利用してNTPサーバを運用している場合,危険な問題が残りますのでアップデートが必要です。

usn-777-1:NTPのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2009-May/000905.html
  • 現在サポートされている全てのUbuntu(6.06 LTS・8.04 LTS・8.10・9.04)用のアップデータがリリースされています。CVE-2009-0159, CVE-2009-1252を修正します。
  • CVE-2009-0159は,ntpqコマンドがNTPdの動作状況を表示する際の問題で,悪意あるサーバーに接続している場合,2byteのバッファオーバーフローを発生させることが可能です。悪意あるコードを実行できる可能性は極めて低いものですが,ntpqがクラッシュします。
  • CVE-2009-1252は,NTPdの暗号処理ルーチンの問題で,悪意ある細工の施されたパケットを受け取った場合に,NTPdのクラッシュ,または任意のコードを実行される可能性があるものです。この問題は,autokeyによる暗号化通信を行っている場合のみ影響します。autokeyを有効にしている場合,/etc/ntp.conf内の「server」などの各設定行に必ず「autokey」という単語が含まれています。また,一般的な設定では「crypto pw (パスフレーズ)」という形で,autokey認証に用いる秘密鍵ファイルのパスフレーズを指定していることがほとんどです。これらの行をコメントアウトし,ntpdを再起動することで暗号化を停止し,影響を受けない状態にすることが可能です。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入