Ubuntu Weekly Topics

2011年10月28日号 12.04 LTSのサポート期間・11.10日本語Remixと64bit版・Vodacom Webbook・Wartyから7年・UWN#238

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

12.04 LTSのサポート期間

UbuntuのLTS(Long Term Support)リリースは,⁠デスクトップ向けは3年,サーバー部分は5年」というのがこれまでの基本でした。しかし,12.04 LTSからはこの方針が変更になります。

新しい方針は,デスクトップ・サーバーともに5年⁠ただし,新規ハードウェアへの対応は「次のLTSまで」の2年間)です。

これにより,ちょうど今のような「新しいLTSリリースの直前にUbuntuを導入しようとすると,LTSを選択しても1年〜1年半しかサポート期間が残っていない」⁠現時点で最新のLTSは10.04 LTSで,これは2013年4月までのデスクトップサポートなので,11.10を使っても同じ)⁠という問題が解決されます。

11.10日本語Remixの修正点の整理・64bit版のリリース予定

Ubuntu Japanese TeamでリリースしているJapanese Remixに関する注意・Remixでの変更点がメーリングリストにまとめられています。興味のある方は実際にファイル構成を眺めてみてください。

また11.10では,これまで検討は行われつつもリリースしていなかった,⁠64bit版のJapanese Remix」も近い将来リリースする予定です。時期的には,おそらく「11.11」となるはずです。ただし,Ubuntu本体,Japanese Remixともにあくまで推奨は32bit版であること,また,64bit版を使うことによる実質的なメリットは大きくなく,64bit版はあくまで「未来に向けた投資」のためのリリースです注1)⁠とくに,⁠32bitカーネルでは4GBメモリまでしか認識できない」ことを理由に64bit環境を使う必要はありません。PAEカーネルを利用することで,32bit環境のまま64GBまで利用可能です注2)⁠

注1
64bitモードでCPUを動かしても,極端にCPUインテンシブなタスクでなければ性能差は出ませんし,暗黙で利用される型サイズの増大により,消費メモリやディスクI/O量が増加し,かえって性能が劣化することもありえます。64bitカーネルのメリットは,1プロセスあたりのメモリ空間を拡張できることだけです。ビデオエンコードのような特殊なタスクを実行させるのでなければ意味が薄く,現時点では64bitモードでLinuxデスクトップを利用するメリットは「64bitアプリケーションの開発が可能」ということ以外,ほとんどありません。
注2
36bit PAE(=64GB上限)が続く前提では,1モジュール16GBのDIMMが提供されるようになると「64GBの壁」が見えてきます。現在は4GBから8GBへの過渡期ですので,おおよそ3〜4年でメモリ容量が倍増することから,推定で2015年頃には64bit環境が必須となる,ということが言えます。2015年よりも前にmultiarch対応等で64bitベースのユーザランドが整備され,32bit環境と同様に利用できる状態になるという予想もできるため,⁠遅くとも2015〜2016年」という考え方もできます。……いずれにせよ,鬼が笑うどころの話ではありません。

Vodacom Webbook

Vodafoneの子会社,Vodacomから,Ubuntuを搭載したSmartbookが発売されています。Freescale i.MXを搭載したモデルで,11.10を搭載しています。日本国内からの入手は困難そうですが ,非常に興味深い製品と言えそうです。

Wartyから7年

Ubuntuの最初のバージョン,4.10⁠Warty Warthog⁠(2004年10月20日リリース)が登場してから7年が経ちました。いくつかのサイトで「4.10を振り返る」という主旨の記事が掲載されています。

OMG! Ubuntu!では4.10のデスクトップの,そしてMuktwareでは4.10 x64版のCDの画像が掲載されています。インストーラーはDebian Installer(d-i)のまま注3)⁠そしてデスクトップもGNOMEを壁紙等でカスタマイズしただけ注4と,現在のUnity環境とは大きな差があります。⁠昔のLinux Desktop」を使ったことがない方も,試しに見てみるのはいかがでしょうか。

なお,⁠サポート切れ」したリリースイメージはhttp://old-releases.ubuntu.com/releases/から入手できます。実際にインストールを行い,4.10→6.06 LTS→8.04 LTS→10.04 LTS→11.10と,Ubuntuの変遷を楽しむこともできます注5)⁠

注3
Ambiance⁠⁠Radiance⁠(⁠Light」テーマ。10.04 LTSで導入)は影も形もなく,9.10までの⁠Human⁠⁠Human-Clearlooks⁠というオレンジ系のテーマの前身がGNOMEに適用されていました。
注4
GUIインストーラーであるUbiquityは6.06 LTSから導入されました。UbuntuのDesktop CDが当たり前のように持っているLiveCD機能は,4.04〜5.10には搭載されていないことを意味します。
注5
4.10はKernel 2.6.8と古いものなので(Red Hat Enterprise Linux 4リリース版ですら2.6.9)⁠ 動作させるハードウェアに気を使う必要があります。たいていの仮想マシン環境であれば問題はありませんが,実マシンで動作させるのであれば,⁠Core 2 Duoより古い」もの,具体的にはPentium MやPentium 4,Athlon64(Socket 939ではなく,できればSocket 754)などを搭載したマシンを準備する必要があるでしょう。

UWN#238

Ubuntu Weekly Newsletter #237がリリースされています。

その他のニュース

  • Software Centerで,米ピアソンとLinux New Mediaの電子書籍が購入できるようになりました。
  • Ubuntu 11.10 64bitがプリンストールされたノートPC,System 76 Lemurのレビュー記事
  • Preciseで使われる(かもしれない)アイコンテーマのプレビュー
  • Ubuntu Studioのセットアップ(Perfect Desktop/Ubuntu Studio編)⁠Ubuntu Studioは姉妹連載のUbuntu Weekly Recipeでもおなじみの,音楽や動画制作に向けたワークステーション環境を提供するUbuntu派生ディストリビューションです。
  • AMDの新しいCPU,⁠Bulldozer⁠(AMD FXシリーズ)レビュー。レビュー環境がUbuntuであることがポイントです。AMD FXの購入を検討されている方は参考にしてみてはいかがでしょう。
  • Ubuntu 11.10 にGNOME Shellをインストールする方法。
  • GNOME Shell用テーマ5種
  • Jujuを使い,Amazon EC2上にWordPressを含むWebサイトを構築した体験談

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入