Ubuntu Weekly Topics

2012年1月13日号 Ubuntu TV・「HDMI端子に挿す」コンピューター・Kubuntu/Xubuntu/Edubuntu 12.04 LTS・消費電力比較・U1TB Preview・Byobu 5・UWN#247

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu TV

先週の1月6日号で言及したCES 2012で公開されるものの正体は,「テレビ向けUbuntu」であるUbuntu TVコンセプトデザインでした。Unityベースのホーム画面に加えて,各種機能がLauncherに,そしてビデオがLensで検索できるようになっています。

Oneiric環境があれば体験可能です。

その他,関連資料は以下のサイトを参照してください。

「HDMI端子に挿す」コンピューター各種

CES 2012で公開されたデバイスの中には,「超小型で,HDMI端子にそのまま挿せる」コンピューター,というものが含まれています。サイズは大振りなUSBメモリ程度で,HDMIから,あるいはUSB経由で給電する,というものです。

具体例のひとつとして,“ Cotton Candy ”(prototype) と呼ばれるデバイスの紹介がいくつかサイトで確認できます。ハードウェアスペックは以下のようなものです。

  • CPU Core: Cortex A9 Dual Core Processor
  • Memory: 1GB
  • Video: ARM "Utgald" Mali-400MP
  • Wifi(802.11b/g/n) + Bluetooth 2.1
  • Storage: microSD
  • HDMI

性能としてはおおむねPandaBoardやD2Plugといった「1世代前のARM搭載デバイス」(デュアルコアCPU+512MB~1GB Memory)をそのまま小型化したものです。また,同時期に以下のような類似デバイスが公開されています。

必ずしもUbuntuが入る(or入っている)とは限りませんが,業界内で「HDMI端子に直接挿すコンピューター」(これは応用すると,ノートPCのmini-PCIeスロットに装着できるコンピューターにすぐに化けます)が流行ることになりそうです。こうしてARMデバイスの選択肢が増えると,「ARMで動かすOS」としてのUbuntuの価値が大きくなるため,Ubuntuユーザーとしては歓迎すべき動きと言えるでしょう。

Preciseの開発

Kubuntu/Xubuntu/Edubuntu 12.04 LTS

Ubuntuのリリースにおいては,「Ubuntu本体はLTSだが,特定の派生**buntuについてはLTSではない」という判断が下されることがあります。しかし,12.04ではKubuntu/Xubuntu/Edubuntuの3つすべてがLTSとして認定され,長期サポートの対象となることが確定しました。

リリースごとの消費電力の比較

12.04 LTSの大きな目標として,「これまでのリリースで実現されていたが,うまく性能を発揮しきっていないもの」をブラッシュアップする,という作業があります。起動時間の高速化(これはLucid/Maverickが最速で,徐々に遅くなっています)と同じように,消費電力もこれまでのリリースと比較して,「これまででもっとも良いリリース」に持ち込もうとする作業が行われています。

各種グラフや分析アプローチなどを含め,目を通してみると面白そうです。

U1DB Technical Preview

Ubuntu OneのCouchDBに代わる実装として開発されているU1DBのTechnical Previewが開始されました。ドキュメントも準備されています。

12.04のネットワークスタックの話

Ubuntu 12.04で利用できる予定のネットワークスタックがまとめられています

MaaS

Canonicalの開発する新しいソフトウェアとして,「クラウドの動的リソース管理を物理マシン上に実現する」(注1)MaaS(Metal as a Service)というプロダクトの開発が始まっています。具体的にどのようなものなのか,12.04に間に合うのかといった点は不明ですが,うまく実装されると非常に強力な機能になりそうです。

注1
具体的な実装はまだ不明瞭ですが,OSの導入からサービス設定・バーンインテストに加えて,「オンデマンドでのシステム割り当て」までを自動化するためのツール,という位置づけで開発されているようです。近似した実装としてはUbuntuにはすでにOrchestraがありますが,どのように連携するかはまだ分かりません。また,Orchestraと違い,GNU Affero GPL v3単独となっています。

Byobu 5

Ubuntu Serverの特徴の一つ(注2),Byobuの新バージョンがリリースされました。今回のバージョンの最大の特徴は,tmux対応の強化です。

旧バージョンでも「byobu-tmux」コマンドを利用することでtmuxベースのbyobuを利用することができましたが(つまり毎回byobu-tmuxを叩く必要があった),Byobu 5からはbyobu-select-backedコマンドで設定を行うことで,「byobu」コマンドだけでtmuxベース版を利用することができます。その他,ショートカットキーの充実なども有用な変更となりそうです。

12.04にはこのバージョンが搭載される見込みです。

注2
他のLinuxディストリビューションでも利用できるようになってきています。また,byobu-exportコマンドを使えば,byobuコマンドが存在しない環境向けのGNU Screenのプリセットとして利用することも可能です。

Launcher Reveal Prototype

12.04版のUnity Launcherのテスト版が公開されています。あわせて,「ランチャーの挙動はどうあるべきか」という考察と実装方針も記載されています(注3)。

注3
「たとえばモニターの解像度が適切でない場合,画面の右や上が切れてしまうかもしれない。そうなると設定メニューにアクセスできないので困ってしまう」などといったシステム面の話も含め,いろいろな検討が行われています。

インストーラーの暗号化・RAID対応(12.10以降)

ディスク全体の暗号化というリクエストに対して,「12.04ではUbiquityには大きな変更は行わないんだよ,安定性とバグ修正に専念する予定だからね」という回答が返っており,12.04で採用される見込みは低そうです。

ちなみに,「/homeはもう暗号化できるよね,ディスク全体を暗号化するメリットは何?」「IRCで教えてもらったんだけど,IPsecやSSLのクライアント証明書は/homeには保存されないよね」「きちんと保護するなら,少なくとも/varと/tmpは暗号化しないといけないし,/etcも危ないかもしれないよね」というやりとりの末,なんとなく12.10では対応しようか,という流れになています。

10.04 LTS/10.10用Firefox

これまでFirefox 3.6系が採用されてきた10.04 LTSと10.10においても,ラピッドリリースへの乗り換えが決定しました。現時点で移行する場合はFirefox 9に更新されることになります。実施は1月17日からです。

10.04 LTSを利用しているユーザーはFirefoxのアドオンの確認を,10.10を利用している方は11.04(あるいはそこからさらに11.10)への更新を含めて対応を検討してください。

Ubuntu User Days

2011年12月23日号でお知らせしたUbuntu User Daysこの週末に開催されます。興味のある方は参加してみてください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入