Ubuntu Weekly Topics

2013年6月14日号 Saucyの翻訳開始・Ubuntu Magazine Japan 2013 Summer・UWN#320・UbuntuPhoneの現状

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

13.10の翻訳開始

Ubuntu 13.10の翻訳作業が可能になりました

Ubuntuの翻訳はLaunchpadのRosetta(Webインターフェース)上で行われている,誰でも気軽に行える貢献のひとつです。参加のための条件は,次の通りです。

  • Launchpadのアカウント(Ubuntu Single Sign OnないしUbuntu Oneのアカウントがそのまま利用できます)
  • Ubuntuや,Ubuntuに含まれるアプリケーションに関する一定の知識
  • 分からない箇所を無理に訳さない慎重さ
  • ライセンスに問題のある翻訳を投入しないこと注1

いずれも,Ubuntuを日常的に使っている方であれば,ほぼ間違いなく条件を満たすはずです。

Ubuntuの日本語翻訳では,⁠Launchpadのアカウントがあれば誰でも翻訳の提案を行える」⁠提案をもとに,Translator権限を持ったユーザーがコミットする」というフローを採用しています。翻訳提案の品質や妥当性はTranslatorによってある程度担保されるので,提案そのものは気軽に行えます注2)⁠

最低限の注意を払えば,Ubuntuの翻訳は決して難しいものではありません。上記の「必要なもの」に英語力が含まれていないことからも分かる通り,Ubuntuを使っていれば十分になんとかなる(逆に,英語力があったところでUbuntuやアプリケーションの知識がなければ誤訳を連発することになる)という属性のものです。オープンソースにおける翻訳作業の中でも,Rosettaベースの翻訳はブラウザからフォームに翻訳文字列を入力するだけで済み,とても簡単に行えるもののひとつです。未訳の項目を見つけた場合,新しい翻訳提案を行なってみてください。

注1
「ライセンスに問題のある翻訳」とは,⁠転用ができない機械翻訳サービス」を用いた翻訳のことです。たとえばエキサイト翻訳などのWebベースの翻訳サービスや,廉価な翻訳ソフトウェアが該当します。これは,Launchpad上で行うUbuntuにおける翻訳の成果物は3-Clause BSDライセンス(いわゆる「修正BSDライセンス」⁠として扱われるためで,転用ができない機械翻訳サービスの成果物は3-Clause BSDライセンスとして扱えないためです。こうした翻訳が投入されてしまった場合は,該当する翻訳部分の破棄のために膨大なリソースが消費されることになってしまいます。場合によっては,うたがわしい翻訳者の作業すべてを破棄したり,特定のソフトウェアの翻訳すべての破棄,あるいは法的賠償といった重大な事態に発展する可能性があります。
注2
Translator権限(Ubuntu Japanese Translator)は,ある程度の貢献を行った方に自動的に付与するモデルで,少し提案を行うと気づいたらコミット権が付く,というモデルになっています。より詳しくは,翻訳者ガイドを参照してください。

Ubuntu Magazine 2013 Summer

日本唯一のUbuntu専門誌,Ubuntu Magazine Japanの新号,2013 Summerが発売されています。今回の付録は,Ubuntu 13.04 Japanese Remix 64bit版を収録するDVDです。

なお,今回から電子版(有料版)も提供されるようになっており,BOOK☆WALKERKindleから購入することができます。無償/CC-BY-SA-NC版PDF(翌号刊行後に公開)とは異なり,記事全体がひとつのファイルとなっているものです。電子版には付録DVDはつかないため,64bit版Japanese Remixは紙版購入者のみの特典となります。

その他のニュース

注3
「Note that most of the upstream web site is down currently, so I do not have much more info about the new release.」⁠参考訳:「注記。upstreamのWebサイトの大部分が現時点では落ちているので,この新リリースにおける詳細な情報は私にも分かりません」⁠というあたりに若干の不安を感じるかもしれませんが,CUPSでは良くあることなので,大きな問題にはならないはずです。

UWN#320

Ubuntu Weekly Newsletter #320がリリースされています。

今週のセキュリティアップデート

usn-1852-1?usn-1871-1:X.Orgのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002137.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002138.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002139.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002140.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002141.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002142.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002143.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002144.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002146.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002147.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002148.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002149.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002150.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002152.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002153.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002154.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002155.html
  • Ubuntu 13.04・12.10・12.04 LTS・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2013-1992, CVE-2013-1996, CVE-2013-1981, CVE-2013-1997, CVE-2013-2004, CVE-2013-1982, CVE-2013-1983, CVE-2013-1985, CVE-2013-2062, CVE-2013-1986, CVE-2013-1987, CVE-2013-1988, CVE-2013-1990, CVE-2013-1999, CVE-2013-1991, CVE-2013-2000, CVE-2013-2064, CVE-2013-2002, CVE-2013-2005, CVE-2013-2063, CVE-2013-1989, CVE-2013-2066, CVE-2013-2001, CVE-2013-1984, CVE-2013-1995, CVE-2013-1998, CVE-2013-1994を修正します。
  • X.Orgに含まれる複数の脆弱性を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用後,セッションを再起動(一度ログアウトして再ログイン)してください。
  • 備考:openchromeドライバ(VIA製GPU/チップセット内蔵GPU)を利用している環境の場合,セッションの再起動ではなくシステムの再起動が必要です。
usn-1872-1:PHPのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2013-June/002156.html
  • Ubuntu 13.04用のアップデータがリリースされています。CVE-2013-2110を修正します。
  • PHPのquoted_printable_encode()関数において,任意のコードの実行が可能な問題がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入