Ubuntu Weekly Topics

2014年5月2日号 14.10のコードネーム・14.04 LTS 日本語Remixのリリース・Ubuntu for Androidの去就・12.10のEOL・UWN#345

この記事を読むのに必要な時間:およそ 8 分

Ubuntu 14.10のコードネーム

14.04 LTSのリリースが完了し,14.10の開発が始まりました。あわせて,Mark Shuttleworthによるコードネームの宣言も行われ,Ubuntu 14.10は⁠Utopic Unicorn⁠と名付けられました。

“Utopic⁠はUtopia(ユートピア・理想郷・無何有郷)の形容詞形なので,⁠理想郷のユニコーン」もしくは暗黙の含意を考慮して「山の向こうのユニコーン」⁠辿り着けないほど理想的なユニコーン」となります。

ユニコーンは童話やファンタジーでおなじみの一角獣(一本のツノの生えた馬)で,9.04の⁠Jaunty Jackalope⁠以来,二度目のUMAとなります。一角獣はおそろしく獰猛である半面,純潔と優雅さの象徴で,その角は万能の治療薬として珍重されるという二面性をもった幻想動物です。Tahr(14.04 LTS)やSalamander(13.10)以上にさまざまな解釈が可能なのですが,珍しくMarkによる「動物を選んだ理由」の解説がないため,⁠なぜユニコーンなのか」という部分はまだしばらく不明なままでしょう。なお,このあたりものとは関係ないはずです。たぶん。あとこれでもありません

実装サイドとしては次の4つが示されています。

  • Upstartからsystemdへの移行
  • デフォルト構成におけるPython 2.x系への依存を排除
  • Upstreamとのよりよい連携
  • わざわいをもたらしかねない古代の遺物や,忘れ去られたブツの排除

("time to bring systemd to the centre of Ubuntu, time to untwist ourselves from Python 2.x and time to walk a little uphill and, thereby, upstream. Time to purge the ugsome and prune the unusable.")

systemdへの移行は規定路線ではありますが,それ以上に「Python 2.x系からの完全な移行」がポイントとなります。Ubuntu的にはこの数リリースのあいだ継続してPython 2.x系を排除しようとしていますが注1完全には排除しきれておらず,ここで過去の遺産をうまく捨てられると,Python関連のメンテナンスコストを引き下げることができます。

systemdへの移行は最優先で進められており,テストパッケージの準備を経て,少なくともブートする状態には持ち込まれています。ここが最初期に完了しないと関連するパッケージ(特にサーバー関連)の作業も進められなくなるため,Canonicalの抱えるコア開発者が投入されて作業が進められています。

また,Mark Shuttleworhの宣言には含まれていませんが,14.10ではデフォルトのRubyはDebianが2.0なのは分かっているが2.1にするという宣言も行われており,全体的にドラスティックな変更が加えれるリリースとなりそうです注2)⁠

リリーススケジュールも確定しています。Ubuntu 14.10 “Utopic Unicorn⁠は,2014年10月16日にリリース予定です。

注1
数リリースのあいだずっとチャレンジし続けていて敗北しているとも言います。3.3から3.4への移行の方がよほど簡単に終了していることからも,2.x系からの完全な移行が大きなチャレンジであることが分かるでしょう。
注2
相当無茶なプランニングなので,部分的には挫折して15.04送りという可能性も多々あります。しかし,14.04 LTS終盤の大規模変更の連打に比べると現実的なので,勝算がない計画ではありません。とはいえ,本文の通り⁠Utopia⁠には「現実味のない,理想的すぎる」という意味が含まれますし,Unicornはけっして大人しい動物ではないということも把握しておく必要があるでしょう。

Ubuntu 14.04 LTS 日本語Remixのリリース

4月28日,Ubuntu Japanese TeamはUbuntu 14.04 LTS 日本語Remixをリリースしました。今回はamd64が主,i386は「参考版」という扱いとなります。これまでの日本語Remixよりもubuntu.com版との差異が大きくなっているため(ただし基本的にはIMまわりの変更のみ)⁠混同しないように注意してください。

Ubuntu 14.04 LTSリリースパーティ+オフラインミーティング14.05

Ubuntu Japanese Teamでは,5月10日(土)にUbuntu 14.04 LTSリリースパーティ+オフラインミーティング14.05と題して,14.04 LTSのリリースパーティを行います。会場はUbuntuのヘビーユーザーでもあるグリー株式会社様です。

興味のある方はお気軽にご参加ください。無料です。

12.10のEOL

14.10の開発開始に伴い,12.10のEOLが宣言されています。12.10は最後の「18ヶ月サポートの通常版」であり,直接の後継である13.04がすでにサポート終了している(=直接乗り換えにくい)こともあり,14.04 LTSと重複する特例期間が設けられています。

12.10のEOLは,標準とは若干異なり,2014年5月16日までとなります。この日までにより新しいバージョンに乗り換えてください(ただし,13.04はすでにEOL済,13.10はもうすぐEOLなので事実上14.04 LTS必須)⁠

また,12.10は特例で13.10に直接アップグレードできるため,一度13.10に更新してから14.04 LTSへ乗り換えるという対応が推奨されます。

Ubuntu for Androidの去就

Utopicの「古くて使われなくなったものを捨てる」という方針に関連しそうな動きとして,Ubuntu for Androidの去就が話題になりました。

要約すると,次のような騒動です。

  • mpt(Canonicalのデザイナー)が,⁠Ubuntu for Androidはもう死んでいるプロダクトなのでWebページから削除するべきだ。少なくとも「2012年終盤にはリリースしてるぜ」とかいう記述はおかしいよね」というバグレポートを行う。
  • しかもPrivate bugからPublic bugに属性を切り替えてしまい,世間から見える状態に(ただし,現在は再びPrivate扱いに戻っている)⁠結果,⁠Ubuntu for Android is no longer in development」とかいうフレーズが一人歩きして騒ぎに。
  • Reddit上で,よく分からないぜーという小規模フレームウォーに突入。問題のバグレポートが見えないこともあり,開発が中断しているだけなのか,それとも諦めたプロダクトなのか,外野からはさっぱり見えない状態のため,爆発的にカオス化。
  • とりあえずCanonicalからコメントを取れた内容からすると,「完成しているがOEMが見つからないので塩漬けなう」という結論に。
  • そうなったものの,⁠Ubuntu for Android is no longer in development」とかいうフレーズが一人歩きしているため「Ubuntu for Androidは死んだ! なぜだ!」という感じのニュースだけが広まっていく,不毛きわまりない状態に突入。現在も「Ubuntu for Android is no longer in development」「Ubuntu for Android is dead」に化けたりしつつ拡大中。

Ubuntu for Androidは「Android端末の裏にフルセットのUbuntuを導入しておく」というプロダクトで,ふだんはAndroidスマートフォンとして,そして自宅等のモニタ・キーボード・マウスが存在する環境ではクレードルに収納してフルセットのUbuntu Desktopとして使えるというものです。現在のUbuntu Touch + Ubuntu Desktopが提供しようとしている「コンバージド」デスクトップの源流にあたります。

基本的にAndroid環境とUbuntu環境は隔離されていて,Ubuntu環境で電話を取ったりSMSに応答するといったことは可能なものの,同じアプリケーションが使えるといった特徴もないため,⁠コンバージド」デスクトップのサブセットに相当します。Android端末を投入する各ベンダにセールスをかけたものの,商談がまとまるところまでは辿り着かなかったという話のようです。

アイデアが公開された当時には十分なメリットがあったものの,机上端末としてスマートフォンをそのまま動かすぐらいならシンクライアントとして使った方が良い,そもそもスマートフォンを企業が支給するぐらいならBYOD的なプロダクトを投入して個人の端末を利用させた方がマシ,フルセットのデスクトップを持ち歩けるわりにセキュリティ機能が足りないといった事情もあって,現時点でビジネス的な競争力があるかというと厳しいものもあります。

……というわけで,OEMが見つからないまま塩漬けというのももったいないという判断がどこかで下されるのか,このまま永遠に世の中に出てこないのか,この部分は分からないものの,Utopicフェーズで行われる「棚卸し」の結果として世に出てくる可能性もあり,まだまだ目が離せなさそうです。

UWN#364

Ubuntu Weekly Newsletter #364がリリースされています。

その他のニュース

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入