実践!仮想化ソフトウェア 2010 Updates

第4回 Citrix XenServer5.6を使ってみよう[②ライブマイグレーション編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

前回はCitrix XenServerとCitrix XenCenterを使った仮想化環境の構築までを説明しました。今回はこの環境を使って,ライブマイグレーションを行う方法を紹介します。

仮想マシンの状態を保存(スナップショット)

XenServerでは,仮想マシンのある状態を保存するスナップショット機能を利用することができます。仮想マシン上にて,危険なプログラムの実行等を行うと,システム(仮想ディスクの内容)が破損することがあります。これに対し,スナップショットを定期的に生成することで,システムが破損してもスナップショットから正常に動作できる状態を復元することができます。

XenCenterのSnapshotsタブから,スナップショットに関する操作を行うことができます。⁠Take Snapshot」を選択し,保存するスナップショットの名前付けを行うと,スナップショットを生成できます。

仮想マシンを過去に生成したスナップショットの状態に復元したい場合は,復元したいスナップショットを指定して「Revert to Snapshot」を選択します。選択すると,現在のスナップショットを生成した上で,指定したスナップショットの状態に仮想マシンを戻すかどうかの選択ウィンドウが出てきます。必要であれば,現在のスナップショットを生成してください。選択後,仮想マシンは指定したスナップショットの状態に復元されます。

指定したスナップショットの状態に復元した場合,そのスナップショット以後に作成されたスナップショットは削除されず保持されます。たとえば,仮想マシン生成後にスナップショットdefaultを作成し,その後スナップショットsnapshot1 を作成したとします。この状態で仮想マシンをdefaultの状態に復元したとしても,defaultの後に生成されたsnapshot1は保持されます図1)⁠

不要になったスナップショットは,Deleteから削除することができます。

図1 スナップショットdefaultに復元した状態

図1 スナップショットdefaultに復元した状態

仮想マシンを別のハードウェアに移動(ライブマイグレーション)

最後にXenServerにて利用できるライブマイグレーション機能(XenMotion)をご紹介します。

ライブマイグレーションのための環境構築

ライブマイグレーションを行うためには,以下の環境が必要となります。

  • XenServerインストール済みのサーバ(2台以上)
  • ホスト間で仮想マシンの仮想ディスクを共有するための共有ストレージ用マシン

サーバ間で仮想マシンの移動を行うために,仮想マシンの移動元と移動先となるサーバが必要となります。このため,サーバは2台以上必要となります。XenServerをインストールした2台のマシンを用意してXenCenterに登録してください。

共有ストレージ用マシンには,OpenfilerをインストールしてNFSストレージサーバの設定を行います。

Openfilerのインストール

OpenfilerはLinuxベースで作られたOSであり,NFSやFTP等に対応したオープンソースのストレージ管理ソフトです。Openfilerをインストールしたマシン上にあるファイルの作成や共有等の操作を,Webブラウザから手軽に行えます。

Openfiler
URL:http://www.openfiler.com/

上記のサイトにある「Download Openfiler Free」を選択し,次にISOイメージをダウンロードしてください。VMwareやXenServer用のVirtual Applianceもありますが,今回はISOイメージを利用します。x86かx86_64どちらかのISOイメージをダウンロードしてください。

ISOイメージからインストールメディアを作成し,共有ストレージ用マシンにOpenfilerをインストールします。インストールはほとんどLinuxと同様の手順で行えますが,1点だけ難しいところがあります。ディスクに共有ストレージ用の領域を作成する必要があり,パーティションの設定を手動で行わなければなりません。手順は以下の通りです。

  1. パーティションの設定を行うDisk Partitioning Setupまでインストールを進めます。
  2. Disk Partitioning Setupでは「Automatically partition」を選択します。
  3. ホストの全てのパーティションを使用するなら,⁠Remove all partitions on this system」を選択します。
  4. パーティションの初期設定から,マウントポイント'/' のパーティションを選択した状態でEditを選択し,Sizeをシステムが必要とする分だけ割り当ててください(図2では例として10Gバイト割り当てています)⁠この時,⁠Additional Size Options」にて「Fixed Size」をチェックすることに注意してください。最終的にはFreeという領域が作成され,図2のような設定になります。このFree領域を後に共有ストレージの領域として利用します。

後はネットワーク,タイムゾーン,パスワードの設定を行えば設定は終了です。再起動後,Webブラウザから共有ストレージの設定を行います。

図2 システム用パーティションの設定

図2 システム用パーティションの設定

上記の領域を作成すると,Freeという領域が残ります。このFree領域を後に共有ストレージの領域として利用します。

後はネットワーク,タイムゾーン,パスワードの設定を行えば設定は終了です。再起動後,Webブラウザから共有ストレージの設定を行います。

著者プロフィール

白石光隆(しらいしみつたか)

1984年生まれ,愛媛県松山市出身。現在は筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻博士後期課程に所属。大学にて仮想化技術に関する研究に従事している。また,日本仮想化技術株式会社にてインターン中である。

主にオペレーティングシステム,仮想計算機,分散システムに興味を持ち,これらに関する技術書等を漁ることで,計算機の低レイヤーに潜ることを目指している。最近は某やわらか研メンバーとカタン島の開拓に勤しんでいる。

コメント

コメントの記入