LAMP開発者のためのWindows Azure講座

第2回 Azure上にPHP開発環境を構築しよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Web PIによる開発環境の整備

前回は,Widnows Azure Platformを利用するためのサブスクリプションの購入と,開発環境を簡単にインストールできるツールとして「Microsoft Web Platform Installer(Web PI)⁠を紹介しました。今回は,Windows Azure上でLAMP環境を構築するステップとして,PHPの開発環境を整える手順を紹介します。

Windwos Azure Platform向けの統合開発環境としては,マイクロソフトが提供するVisual Studioや,Visual Web Developer Expressがあります。これらは,ASP.NETアプリケーション作成できるだけでなく,プロジェクトにPHPを追加することで,Windwos Azure上で動作するPHPアプリケーションを作成することもできます。

図1 Visual Web Developer 2010 Expressのスタート画面

図1 Visual Web Developer 2010 Expressのスタート画面

もっとも,LAMP開発者にとっては,新たな統合開発環境を利用するよりも,Eclipseやテキストエディタといった使い慣れたツールを利用したいところでしょう。そこで,ここでは,まず,Visual Web Developer Expressによる開発環境を整備し,そのうえで,PHPのインストール,PHPの開発環境としてEclipseを導入する手順を紹介したいと思います。開発用PCは,Windows 7 Home Premium(英語版)を利用します。

まず,Web PIのサイトからプログラムをダウンロードします。Web PIを起動すると,以下のような画面が表示されます(バージョン3.0)

図2 Web PIの画面

図2 Web PIの画面

続いて,画面右上の検索ボックスに「Visual Web Developer Express」などと入力します。すると,以下のように,検索結果として「Visual Web Developer 2010 Express SP1」が表示されるので,右側にある「追加(Add)⁠をクリックし,⁠インストール(Install)⁠ボタンを押します。

図3 Web PIで「Visual Web Developer Express」を検索した画面

図3 Web PIで「Visual Web Developer Express」を検索した画面

インストールボタンを押すと,すると,以下のような確認画面が表示されます。インストールされるアプリケーションのリストには,Web Developer Express本体のほか,依存関係のあるアプリケーションが表示されていることがわかります。

図4 インストールされるアプリケーションの確認画面

図4 インストールされるアプリケーションの確認画面面

リストの中には,SQL Server Express 2008 R2も含まれています。SQL Serverを利用する予定はないかもしれませんが,開発用ストレージとして利用するためインストールが必要になります。続く画面では,SQL Server Expressの認証モード設定画面が表示されるので,パスワードを設定します。

図5 SQL Server Expressの認証モード確認画面

図5 SQL Server Expressの認証モード確認画面

インストール完了画面が表示されたら,Visual Web Developer Expressのインストールは終了です。

続いて,IISを有効化します。Windows 7の場合,標準でIIS 7.5がインストールされていますので,コントロールパネルのプログラムと機能から「Windows機能の有効化または無効化」を選択し,必要な機能を有効化します。ここでは最低限必要になる以下の機能を有効化します。

Microsoft .NET Framework 3.5.1
  • Windows Communication Foundation HTTP Activation
インターネット インフォメーション サービス
  • HTTP 共通機能
    • HTTP エラー
    • 既定のドキュメント
    • 静的コンテンツ
  • World Wide Web サービス
    • ASP.NET
    • CGI

IISの機能を有効にしたら,再びWeb PIを使って,Windows Azure Toolsをインストールします。先ほどと同じように,Web PI上で「azure tools」などと検索すると,⁠Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010」が表示されるので,⁠追加(Add)⁠をクリックし,インストールします。

図6 ⁠azure tools」で検索した結果。⁠Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010」を追加します

図6 「azure tools」で検索した結果。「Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010」を追加します

次に表示される画面で開発に必要なSDK(Windows Azure SDK,Windows Azure AppFabric SDK)もあわせてインストールされることが確認できます。

図7 インストールされる内容の確認。⁠Windows Azure SDK(Dependency)」が見える

図7 インストールされる内容の確認。「Windows Azure SDK(Dependency)」が見える

以上で,Visual Web Developer Expressのインストールは完了です。これでASP.NETを使った開発ができるようになりました。

著者プロフィール

齋藤公二(さいとうこうじ)

インサイト合同会社

『月刊Computerwold』『CIO Magazine』(IDGジャパン)の記者,編集者などを経て,2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆,編集のほか,OSSを利用した企業Webサイト,サービスサイトの制作を担当する。

コメント

コメントの記入