オープンソースソフトウェア「Bacula」で安心・安全なバックアップシステムを構築しよう

第5回 Linuxだけじゃない Windowsのファイルもバックアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 8 分

管理サーバの設定

Windows側のインストールは完了しましたが,この段階では管理サーバには,このWindowsマシンに関するパラメータ情報(以下,Clientリソース)がないため,バックアップ対象マシンと認識できません。管理サーバのbacula-dir.confファイルに,このマシンのClientリソース設定を追加します。

Clientリソースの作成

Windows上にインストールしたファイルデーモンの設定ファイルは,bacula-fd.confです。このbacula-fd.confファイルの情報をもとに,Clientリソースのディレクティブを作成します。Clientリソースについては,すでに第4回で説明しているのでご参照ください。

Windowsのbacula-fd.confファイルを開き,必要な情報を取得します。bacula-fd.confは下記のディレクトリにあります。

  • C:\Program Files\Bacula\bacula-fd.conf

Clientリソースに必要なディレクティブは以下の情報です。

リソース名ディレクティブ名
FileDaemonName
FDport
DirectorPassword

例:bacula-fd.conf(抜粋)

#
# "Global" File daemon configuration specifications
#
FileDaemon {                            # this is me
  Name = bacula-win-fd
  FDport = 9102                # where we listen for the director
  WorkingDirectory = "C:\\Program Files\\Bacula\\working"
  Pid Directory = "C:\\Program Files\\Bacula\\working"
  Plugin Directory = "C:\\Program Files\\Bacula\\plugins"
  Maximum Concurrent Jobs = 10
}

#
# List Directors who are permitted to contact this File daemon
#
Director {
  Name = bacula-dir
  Password = "w18XF9TZ/1toUjYSkdEWHeSzd4GBam1YykeG3CanSv7q"        
# Director must know this password
}

管理サーバのbacula-dir.confにClientリソースを追記します。ファイルの場所は,下記にあります。

  • /etc/bacula/bacula-dir.conf

下記の例や相対表を参考に,bacula-fd.confのディレクティブの値を適用して,Clientリソースを追加してください。

例:Clientリソース

Client {
  Name = bacula-win-fd               # Clientリソースの名前。Windowsのファイルデーモンと同じ設定
  Address = 192.168.2.3               # WindowsのマシンのIPアドレス
  FDPort = 9102                     # 使用するポート
  Catalog = MyCatalog
  Password = "w18XF9TZ/1toUjYSkdEWHeSzd4GBam1YykeG3CanSv7q"   # ファイルデーモンのパスワード
  File Retention = 30 days            # 30 days
  Job Retention = 6 months            # six months
  AutoPrune = yes                     # Prune expired Jobs/Files
}

相対表

バックアップ対象管理サーバ
bacula-fd.confbacula-dir.conf
Clientリソース
概要
リソースディレクティブ名ディレクティブ名
FileDaemonNameNameClientリソースの名前
FDportFDportファイルデーモンで使用するポート
DirectorPasswordPasswordPassword
--Address対象マシンのIPアドレス,もしくは名前解決済みのホスト名

設定を反映させるため,bacula-dirのサービスを再起動します。

# systemctl restart bacula-dir.service

接続確認

bacula-dir.confへの設定が完了したら,接続ができるかどうか確認してみましょう。

管理サーバでターミナルを起動し,bconsoleを起動します。

# bconsole
Connecting to Director localhost:9101
1000 OK: 102 bacula-dir Version: 7.4.4 (20 September 2016)
Enter a period to cancel a command.
*

bconsoleは対話式のコマンドツールです。このまま「*」に続いて「status」と入力していきます。

# bconsole
Connecting to Director localhost:9101
1000 OK: 102 bacula-dir Version: 7.4.4 (20 September 2016)
Enter a period to cancel a command.
*status

3番を入力します。

*status
Status available for:
     1: Director
     2: Storage
     3: Client
     4: Scheduled
     5: All
Select daemon type for status (1-5): 3

今回設定したWindowsのマシンは2番ですので,⁠2」を入力します。

The defined Client resources are:
     1: bacula-fd
     2: bacula-win-fd
Select Client (File daemon) resource (1-2): 2

Windowsマシンに入っているBaculaのエージェントのバージョン情報や,すでにバックアップを実行しているのであれば,実行した時間などの情報が出力されます。

これで管理サーバとWindowsマシン間の接続はできたことになります。

Connecting to Client bacula-win-fd at Bacula-win:9102

bacula-win-fd Version: 7.4.4 (28 September 2016)  VSS Linux Cross-compile Win64
Daemon started 23-Jan-17 18:15. Jobs: run=3 running=0.
Microsoft Datacenter Edition (build 9200), 64-bit
 Heap: heap=3,268,608 smbytes=26,063 max_bytes=5,119,938 bufs=75 max_bufs=215
 Sizes: boffset_t=8 size_t=8 debug=0 trace=1 mode=0,0 bwlimit=0kB/s
 Plugin: alldrives-fd.dll 

Running Jobs:
Director connected at: 26-Jan-17 17:14
No Jobs running.
====

Terminated Jobs:
 JobId  Level    Files      Bytes   Status   Finished        Name 
===================================================================
    89  Incr          1         0   OK       24-Jan-17 08:05 Win-Backup-TestJob
    93  Incr          1         0   OK       25-Jan-17 08:05 Win-Backup-TestJob
    97  Incr          1         0   OK       26-Jan-17 08:05 Win-Backup-TestJob
====

接続に失敗すると,このような出力になります。Clientリソースの設定ミスやFirewallの設定ミス,設定後にサービスの再起動をし忘れることが主な原因ですので,失敗した場合には設定を見直してみてください。

Connecting to Client bacula-win-fd at 192.168.2.3:9102
Failed to connect to Client bacula-win-fd.

著者プロフィール

竹田寛子(たけだひろこ)

株式会社サードウェア

Bacula日本ユーザ会のメンバー

Bacula Enterprise,DRBD,PacemakerなどのOSS製品のサポートを主に担当。

コメント

コメントの記入