インターネットを支える技術者たちの集い―gihyo.jp×JANOG presents

第8回 JANOG26開催直前!チェア座談会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

チェアが語る,JANOG26への思い

いよいよ今週,JANOG26が開催されます。gihyo.jp×JANOG連載の最終回は,チェアを集めての座談会形式にて,JANOG26についての思いや見所について語ってもらいます。

◆◆◆

菊地(企画編成委員長,兼インタビュア)⁠まずは,JANOG26への思いというものを改めてお願いします。

松下(実行委員長)⁠(過去の連載に)書いてある通り,なんですよね(笑)⁠あそこにすべての思いが詰まっているので。山本さん,どうしましょうか。

山本(実行委員長)⁠そうですね,思いとしては,最近,DNSSECとかIPv6とか,国際化ドメインとか,いろいろネットワークの現場としても気にしなければいけない問題が出ている中で,そういった話を2日間の中で凝縮してできればいいなと思っています。いまそれがどんどん形になってきていて,今週の開催が楽しみになってきています。

「思い」を実現する,プログラムの数々

菊地:その「思い」をどういう形で実現しつつあるんでしょうか?たとえば今回は,DNSSECは現場の方がいらっしゃるんですか?

吉村(プログラム委員長)⁠そうですね,DNSSECは,導入にともなうサーバ負荷などの具体的な実験データをご発表いただく予定です。今回はJPRSさんに加えて,ISPやメーカーさんなどの声も聞きたかったので,現場ならでは,という感じのプログラム構成になる予定です。

小山(プログラム委員長)⁠これまでのJANOGミーティングでDNSSECの理論的な話はずいぶん語られてきています。でも今は,実際に一部運用が始まってますから,その運用データを含めて実際こうなったってのを発表していってもらおうかな,と。

菊地:他に,たとえばレイヤ横断というキーワードに関しては?

吉村:今回は,あきみちさん(⁠従量課金に関する妄想」⁠に登壇していただくのは1つの特色かな,と思っているんですけど,いままでコテコテの技術の発表が多かったと思っているんですね。あとはAPNICアップデートとか,ガバナンスのネタとかもあったはあったと思うんですけど,ただ,今の通信業界がどうなっていて,未来はどうなるか,みたいなセッションは少なかったと思うんです。

小山:オペレータのレイヤのことって,あんまり,一般の方とか,Webプログラマとかにはあまり知られていなくて,⁠あきみちさんは)そこにちょっと口を持っている人だと思うんですよね。Webの技術トレンドを追いかけている人がGeekなぺーじを読んでいる,って聞いているんで。

吉村:いろんなレイヤに知られている人ではありますよね。

大久保(企画編成委員長)⁠Geekなぺーじは技術に詳しくない人でもすごく分かりやすく書いてありますね。

小山:あきみちさんをずいぶん宣伝してしまった(笑)⁠

一同:(笑)

菊地:その他,注目のプログラムは?

小山:若干レイヤ高めなのはtools(⁠見せます。わたしの道具箱」⁠ですかね。

吉村:面白そう。みんな濃いですしね。

小山:あれもまた,濃いんですけど,別の意味で一般的なんですよ。ドライバーとかケーブルって見ればわかるツールですから。ある意味わかりやすい。パケット構造とか,見えないですよね。

吉村:あの写真がよかったよね(笑)⁠みんなすごい笑顔だし。

小山:あとは何ですかね。

吉村:ケーブル(「海底ケーブル,構築と運用の深イイ話」),結構,興味ありますね。

大久保:L3やっていると,L1のことって見えなくなりますよね。実際どうなっているんだろう?って思いますよね。

吉村:目に見えないところでL1屋さんがどんなに頑張っているかって,わからないですよね。

吉村:ケーブルは,コテコテの現場の話になる予定。あと,ケーブルが切れたときにL3としてどういう処理をしているか,とかも話していただく予定です。

写真1 議論するJANOG26チェア陣。手前から奥に,吉村,小山,松下(いずれも敬称略)⁠

写真1 議論するJANOG26チェア陣。手前から奥に,吉村,小山,松下(いずれも敬称略)。

著者プロフィール

菊地俊介(きくちしゅんすけ)

1999年,富士通研究所に入社。途中,IP電話業務のSEとして現場運用を経験しつつ,主に研究所でネットワーク関連技術の研究活動に従事する。現在はクラウドコンピューティング研究センターに所属。JANOGへの参加は近年になってから。ガジェットが好きで,最近はAR(拡張現実)に入れ込んでいる。

コメント

コメントの記入