Ubuntu Weekly Recipe

第27回 あえてターミナルを使う(3):端末で動くメーラー; Alpine, Mutt

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

利用形態にもよりますが,sshなどでターミナル環境で日々の作業を行う必要が出てくることもあるでしょう。前回はGUI上で利用するメーラーの変更方法をお届けしましたが,今回はターミナル上でメールを読むための方法をお届けします。

Alpineのインストールと設定

ターミナル上で動作するメーラーには様々な種類がありますが,現時点でもっとも簡単に利用できるのはAlpineであると筆者は考えています。Alpineは日本国内ではほとんど使われていませんが,日本語のメールであればISO-2022-JPにしてくれますし注1),操作もそれほど難しくありません。パフォーマンスも十分満足できるもので,それほど高い性能のないマシンでも快適に利用できるはずです。

メニュー表示などは英語ですが,ごく決まり切った表現しか使われていませんので,すぐ慣れることができるでしょう。

注1)
例外として,日本語メールの場合はMIME Multipartにして送信してしますので,正しく扱いきれないメーラーは存在するかもしれません。現在のメーラーであればほとんど問題なく動作すると思われますが,もし相手側の環境が極端に古いものである場合(20世紀から使い回しているような環境の場合),問題が起こることも考えられます(ただし,そうした問題が起きるのはAlpineから送信されたメールだけではないでしょう)。

Alpineを利用するためには,Alpineパッケージをインストールします。次のコマンドを利用するか,Synapticからインストールしてください。インストール後は,端末で「alpine」コマンドを実行することで起動できます。

$ sudo apt-get install alpine

Alpineを起動すると,図1のような画面になります。この画面は[Enter]キーで閉じることができ,Alpineのメイン画面に遷移します。

図1 Alpineのメイン画面

図1 Alpineのメイン画面

Alpineの操作は,基本的には特定のアルファベットキーを押下することで行います。メイン画面以外では画面の下部に各操作のキーアサインが表示されていますので図2),慣れない間はこれを見ながら操作することになるでしょう(一画面で収まらない場合,アルファベットの[O]キーを押すことでページを切り替え,他の操作を表示させることができます)。

図2 キーアサインの表示 

図2 キーアサインの表示

このままではローカルメールを読み書きするための機能しかありませんので,[S]キー(Setup)を押し,セットアップを行いましょう。セットアップ画面図3には幾つかの選択肢が表示されていますが,[C]キー(Config)を押し,基本設定を行います。

図3 セットアップ画面

図3 セットアップ画面

最低限必要な設定は次の2点です。

設定によりISPのメールを読むこともできますが,ここではIMAPアクセスが有効な状態注2のGmailのアカウントのメールを読む場合の例を示します。

注2)
もしIMAPアクセスを有効に設定していない場合は,Gmailへログインした状態で次のように操作します。まず,画面上部の[設定]リンクをクリックし,設定画面を開きます。設定のうち,[メール転送とPOP/IMAP設定]タブを開くと,「IMAPアクセス」という設定項目があるはずです。ここに表示される『IMAPを有効』を選択してください。

必要な設定項目は,「smtp-server」「inbox-path」です。設定画面で項目名を選択し([W]で文字列検索を行うことができますので,それぞれの項目名を入力して探すのが良いでしょう),[Enter]キーを押すと値を入力することができます。「smtp-server」には「smtp.gmail.com:587/tls/user=example@gmail.com」を,「inbox-path」には「{imap.gmail.com/ssl/user=example@gmail.com}INBOX」を入力します。exmaple@gmail.comの部分は,お使いのアカウント名(Gmailメールアドレス名)に置き換えてください。

値を入力したら,[E]で設定を保存します。

図4 Gmailを読めるように設定

図4 Gmailを読めるように設定

また,設定画面からではなく,設定ファイルを直接編集することも可能です。一度Alpineを終了し(終了は[Q]キーで行えます),設定ファイルを直接編集してください。

Alpineの設定ファイルはホームディレクトリにある「.pinerc」です(Alpineの前身であるメーラー「Pine」と同じ設定ファイルを用います)。各設定値に = で値を代入する形の設定ファイルですので,次のように書き加えます。

smtp-server=smtp.gmail.com:587/tls/user=example@gmail.com
inbox-path={imap.gmail.com/ssl/user=example@gmail.com}INBOX

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入