Ubuntu Weekly Recipe

第33回 テキストエディタの活用(2):Kate

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回はGNOME環境の標準であるgeditでしたが,今回はKDE環境の標準であるKateに関するレシピをお届けします。

Kateの利点

KateはKDE環境向けのテキストエディタで,geditとは異なる魅力を持つ優秀なテキストエディタです図1)。本来はKDE用のアプリケーションですが,あえてGNOME環境で利用するだけの機能を備えています。筆者はEmacs/vim/Kateを気分や作業によって使い分けていますが,一般的なテキストはKateで処理することがほとんどです。

図1 Kate

図1 Kate

geditに比べると細かな点を設定することができ注1),豊富な機能と併せて快適な入力が可能です(ちなみに前述の通り,テキストファイルはKateで処理していますので,このUbuntu Weekly Recipeの原稿もKate上で作成されています)。特に筆者が気に入っている機能は,行頭Tabで揃えられたテキストのワードラップ処理です。gedit等では図2のように「ワードラップで回り込んだ分」が行頭から始まってしまいますが,Kateでは図3のようにTab揃えが維持されたまま回り込んで表示されます。

図2 geditによるtab揃え

図2 geditによるtab揃え

図3 kateによるtab揃え

図3 kateによるtab揃え

※1)
これは主にGNOMEとKDEの設計思想の違いによるものです。GNOMEは極力同じ操作感覚を提供することを重視していますが,KDEではユーザに多くのカスタマイズ性を提供することに注力しています。細かな点まで操作感にこだわりたい場合,KDE系のアプリケーションを利用することを覚えておくと役に立ちます。

Kateは「KDE向け」アプリケーションですが,GNOME環境でもインストールするだけで問題なく利用することができます。次のコマンドを実行するか,Synapticからkateパッケージをインストールしてください。

$ sudo apt-get install kate

ただし前述の通り,Kateは本来KDE向けのアプリケーションです。Ubuntuの標準環境ではGNOMEベースのデスクトップが構築されていますので,以下の点で問題が残ります。これはKateだけでなく,KDEアプリケーションを利用する場合に共通して発生します(対処方法は以下のKateの場合と同じように行うことができます)。

  • 「フォントの調整」([システム][設定][外観の設定]「フォント」タブ)が反映されず,アンチエイリアスの調整を行うことができません。
  • メニューが日本語化されていません。

これらの調整が必要な場合,次のような操作を行ってください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入