Ubuntu Weekly Recipe

第37回 Ubuntu Mobileの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

UbuntuにはNetBookやUMPC(Ultra Mobile PC)へ向けて,「Ubuntu Mobile Internet Device (MID) Edition」「Ubuntu Mobile and Embedded Edition(UME)」などといったバリエーションがリリースされています。特に10月にリリースされるUbuntu 8.10では,これらのコンポーネントが大きく強化され,非常に使いやすいものとして仕上げられる予定です。今回はUbuntu 8.10のubuntu-mobileパッケージの使いこなし方をお届けします。

Ubuntu Mobile

前述の通り,Ubuntuにはバリエーションとして,MID Editon・UMEなどといったものが用意されています。これらのコアとなるパッケージはubuntu-mobileメタパッケージで,モバイル用のコンポーネントはこのパッケージのDependsに定義されることでインストールされるようになっています。

MID EditionとUMEの間にはほとんど違いがなく,MID EditionがOEMベンダ向けのカスタム版,UMEが標準版,といった構成になっており,コアとなるubuntu-mobile部分にはほとんど違いがありません注1)。

NetBookなどの画面サイズ・解像度ともに狭い環境では,通常のUbuntuは使いにくいことが多いため,こうしたデバイスを利用する場合には,MID EditionやUMEの方が使いやすいでしょう。

また,ubuntu-mobileは非常に特徴的な外観をしているため気づきにくいのですが,実態は「小技を効かせたGNOMEデスクトップ」です。これは構成要素のひとつひとつは「デスクトップをカスタマイズするTips」によって構成されている,ということです。言い換えると,ubuntu-mobileが提供する機能のうち,気に入ったものを参考にしてデスクトップに取り込むことができる,ということでもあります。

ubuntu-mobileは8.04から利用することができますが,いくつかの部分で完成度に問題があり,あまり使いやすいものではありませんでした。が,8.10ではデザインを含めたブラッシュアップが行われ,非常に魅力的な環境に仕上がっています。まだ8.10はリリースされていませんが,今回は8.10をベースにレシピを紹介します。

なおUbuntu 8.10は10/30のリリースを予定している,Ubuntuの新しいリリースです。Ubuntu 8.10は9月下旬時点ではまだAlphaテストの段階で,実利用環境での使用は推奨されていません。現在利用している環境をアップグレードする場合は必ずバックアップを取り問題に遭遇した場合には元の環境に戻せる状態で行ってください。ただし,Alphaであっても相応に安定はしており,事故でシステムが動作しなくなる,といったトラブルに対処できるのであれば実用に耐えるものではあります。

注1)
Ubuntuでは標準的なデスクトップ環境を提供するメタパッケージとして,ubuntu-desktopというパッケージがあります。ubuntu-desktopのモバイル環境向けがubuntu-mobileです。ubuntu-mobileにはGNOMEなどのデスクトップ環境に加えてOpenOfficeなども含まれており,かなり大規模なパッケージになっています。ただし後述の通り,ubuntu-desktopと重複する部分も多く,ubuntu-desktopがインストールされている環境に追加するのであれば比較的気軽に行えるでしょう。

8.10へのアップグレード

ubuntu-mobileのフル機能を利用するには,8.10以降であった方が快適です(というか,8.04のubuntu-mobileは今ひとつ使い物になりません)。

そこで,現在8.04を使っている場合はまず8.10へアップグレードする必要があります。8.04から8.10へアップグレードするには,[Alt]+[F2]「sudo update-manager -d」を実行し,画面の指示に従ってください。

繰り返しになりますが,実用環境として利用している場合は,必ずバックアップを取ってから行ってください(もちろん,自力で何とかする覚悟があるのなら問題はありませんが……)。

ubuntu-mobileのインストール

それではubuntu-mobileのインストール方法を見ていきましょう。

前述の通り,ubuntu-mobileはメタパッケージとなっているため,このパッケージをインストールすることでモバイル版に必要なパッケージがインストールされます。このため,ユーザとして行うべき操作は以下の操作だけです注2)。もちろんSynapticからインストールしても構いません。

$ sudo apt-get install ubuntu-mobile

すでにubuntu-desktopがインストールされていれば(つまり,ほとんどの環境では),100MB強のパッケージがインストールされるはずです。

インストール後はubuntu-mobile環境を体験するため,既存のユーザではなく,新しくユーザを作ってログインしてみると良いでしょう。ユーザの追加は,[システム][ユーザとグループ]から行うことができます。

図1が,8.10でubuntu-mobileをインストール後,新しく作ったユーザの環境です(既存のユーザの環境はubuntu-desktopが提供するものから大きな変化はありません。ただし,後述のDevilsPieがインストールされ,ログイン時に自動起動するようになるため,すべてのアプリケーションが強制的に最大化され,さらにタイトルバーが表示されない状態になります。この機能は通常のデスクトップでは無意味どころか邪魔なだけですので,無効にした方が良いでしょう)。

図1 ubuntu-mobileのデスクトップ

図1 ubuntu-mobileのデスクトップ

注2)
ただし,ubuntu-mobileパッケージをインストールすると,システムのデフォルト設定(ログイン後に自動起動するパッケージ・デスクトップの設定等)のいくつかが変更されます。これらの設定をひとつひとつ元に戻すのは非常に手間がかかりますので,もし「お試し」程度で触れるのであれば,バックアップを取っておくことを強くお勧めします。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入