Ubuntu Weekly Recipe

第41回 クライアント・サーバ環境の活用(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Tracを使う

howmは使い始めると非常に便利なツールなのですが,やはり手慣れたブラウザを用いてWikiにアクセスしたい,という方も多いでしょう。今回はgihyo.jp内でもおなじみの,TracをUbuntu環境で構築してみましょう。

Tracはバグ管理(BTS)のためのチケットシステム注2やWikiを兼ねた,ソフトウェア開発者が利用するのに適したツールです。⁠開発者向け」というと何となく身構えてしまうかもしれませんが,実際に使ってみると非常に簡単なツールです。

注2)
「チケットシステム」は,問題やタスクが発生するたびに一票の「チケット」を作成し,これに基づいて作業を行うためのシステムです。一種のToDo管理システムだと思うとイメージしやすいでしょう。詳細はRFC1297を参照してください。

Tracのインストール

TracはHTTPサーバを起動させ,その上で動作させるサーバアプリケーションです。利用するにはいくつかの方法があります。ひとつは「tracd」という,Tracに内蔵されたHTTPサーバを用いて利用する方法です。これは設定が簡単な反面,自動起動させようとすると少々面倒です。

ここでは10月末にリリースされるUbuntu 8.10上でApache2とmod_pythonを用い,Tracを利用する方法を説明します。Tracの利用には,Tracパッケージの他に,いくつかのパッケージが必要になります。以下のようにインストールしてください。

$ sudo apt-get install trac apache2  libapache2-mod-python libapache2-svn

Tracパッケージのインストールが終了したら,まずデータ領域の作成を行います。次のように操作し,Subversionのデータ領域と,Tracを展開する領域を作成します。ここではデータ領域の名前に「gihyo」というものを使っていますが,必要に応じて読み替えてください。

$ sudo mkdir -p /srv/svn
$ sudo mkdir -p /srv/gihyo
$ sudo svnadmin create /srv/svn/gihyo
$ sudo trac-admin /srv/trac/gihyo initenv

/etc/apache2/sites-available/tracというファイルに,次の記述を行います。ServerNameでは「trac.example.com」という名前を使っていますが,お使いのマシン名に合わせてください。

<Location /trac>
    SetHandler mod_python
    PythonInterpreter main_interpreter
    PythonHandler trac.web.modpython_frontend
    PythonOption TracEnvParentDir /srv/trac
    PythonOption TracUriRoot /trac
    PythonOption PYTHON_EGG_CACHE /tmp
</Location>

サイトの有効化を行います。

$ sudo a2ensite default trac
$ sudo /etc/init.d/apache2 reload

Tracの初期設定を行います。ここではプロジェクト名を「gihyo.jp Demo」としていますが,どんな名前でも構いません。

$ sudo trac-admin /srv/trac/ initenv 
Creating a new Trac environment at /srv/trac

Trac will first ask a few questions about your environment 
in order to initalize and prepare the project database.

 Please enter the name of your project.
 This name will be used in page titles and descriptions.

Project Name [My Project]> gihyo.jp Demo

(..省略..)

Database connection string [sqlite:db/trac.db]>  (そのままENTERを押す)

 Please specify the type of version control system,
 By default, it will be svn.

 If you don't want to use Trac with version control integration, 
 choose the default here and don't specify a repository directory. 
 in the next question.

Repository type [svn]>  (そのままENTERを押す)

 Please specify the absolute path to the version control 
 repository, or leave it blank to use Trac without a repository.
 You can also set the repository location later.

Path to repository [/path/to/repos]> /srv/svn/gihyo                  

Creating and Initializing Project
 Installing default wiki pages

(..省略..)

---------------------------------------------------------------------
Project environment for 'gihyo.jp Demo' created.

You may now configure the environment by editing the file:

  /srv/trac/gihyo/conf/trac.ini

(..省略..)

Congratulations!

Trac環境をApacheから利用できるように変更します。

$ sudo chown -R www-data /srv/trac/gihyo/

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。