Ubuntu Weekly Recipe

第65回 Ubuntuインストール直後にすべき10のこと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回に引き続き,入門編第2弾です。前回インストールした環境でやるべきこと,あるいはやるか検討すべきことを紹介します。

アップデート

インストール直後ばかりではありませんが,[システム]-[システム管理]-[アップデート・マネージャ]を起動してパッケージのアップデートを行ってください。経験則ですが,特にリリース後1ヶ月の間は頻繁に行うといいかもしれません※1)。

なお,アップデート通知機能(update-notifier)の仕様変更により,これまではアップデータがあることをトレイアイコンで通知していましたが,Ubuntu 9.04からはいきなり[アップデート・マネージャ]が起動するようになりました。また,セキュリティフィックス以外のアップデートは7日間隔で通知されるようになりました。

※1
逆に,安定性を求める方はリリース後1ヶ月をめどにインストールないしアップグレードするといいでしょう。

scim-anthyのキーバインドやローマ字キーマップの変更

Windowsで慣れたIMEのキーバインドは,Ubuntuでもそのまま使い続けたいものです。その点scim-anthyはとても有利で,ATOKキーバインドやMicrosoft IMEキーバインドだけではなくWnnキーバインドやCannaキーバインドなど,Unix/Linux環境のキーバインドも使用することができます。また,キーマップも変更することができます。

設定方法は,SCIMを起動して右から2番目の[コマンドメニューを表示]をクリックし,更に[SCIMを設定]をクリックします。すると[SCIM入力メソッド設定]が起動するので,左の[Anthy]タブを開きます。[キーバインド]タブの[キーバインドテーマ]をお好みのものにし,さらに[ローマ字入力]タブを開いて[ローマ字テーブル]も変更します。

図1 scim-anthyのキーバインド設定の例

図1 scim-anthyのキーバインド設定の例

メニューアイコンの下にある文字を消す

geditやNautilusを起動すると,アイコンの下に文字が表示されます。これは設定次第で消すことができます。あるいは,アイコンの右に表示するようにもできますし,文字のみにすることもできます。ここではアイコンのみに設定する方法を紹介します。[システム]-[設定]-[外観の設定]を起動し,[外観]タブを表示します。そして[ツールバーのスタイル]を[アイコンのみ]にしてください。

なお,多くのアプリケーションでは,マウスのポインタをアイコンの上に置き,数秒待つとバルーンヘルプが表示されるので,文字がなくても問題ないでしょう※2)。

図2 アイコンの下にラベル(使用前)

図2 アイコンの下にラベル(使用前)

図3 アイコンのみ(使用後)

図3 アイコンのみ(使用後)

※2
文字のみにすると殺風景になって,個人的にはあまり好きではありません。

Caps Lockを左Ctrlキーにする/Num Lockをオンにする

筆者を含め,Aキーの左横はCtrlキーであるべきと考える人は少なくありません。ただし,そのようなキー配列のキーボードはHappy Hacking Keyboardなどごくわずかで※3),たいていはCapsLockキーに割り当てられています。CapsLockキーはあまり使う機会がないので,設定を変更してCtrlキーにしてしまいましょう。また,ほとんどのキーボードにはテンキーがついていますが,デフォルトではNumLockがオンになっていません。これをデフォルトでオンにすることもできます。

設定方法は,[システム]-[設定]-[キーボード]で[キーボードの設定]を起動し,[レイアウト]タブの[レイアウトオプション]をクリックします。そして,CapsLockを左Ctrlキーにするには,[Ctrlキーの位置]の[Make CapsLock an additional Ctrl]にチェックを入れます。

Num Lockをオンにするには,[その他の互換性オプション]の[Default numeric keypad keys]にチェックを入れることで可能になります。

図4 キーボードレイアウトオプション

図4 キーボードレイアウトオプション

※3
ちなみにこの原稿はHappy Hacking Keyboard Lite2を使用して書いています。非常に快適です。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入