Ubuntu Weekly Recipe

第72回 screen-profiles("byobu")を使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu 9.04では様々な新機能が追加されました。その中には"screen-profiles"と名付けられた,GNU Screenの設定集が含まれています。これはターミナルにCPUやメモリの利用率,無線LANの接続品質・アップデータの有無などなど,多くのインジケータを表示することができるものです。今回はこのscreen-profilesの使い方を紹介します。あわせて,screen-profilesの最新版,"byobu"(屏風)も紹介します。

screen-profilesの概要

GNU Screenは第19回でも触れた通り,ターミナルを頻繁に利用するユーザーにとっては欠かせないものです。sshでログインしてScreenを起動して作業を行い(screen),Screenをdetach(screen -r)して再接続,といった使い方は,ターミナルを中心に作業を行う場合の定石のひとつです。

このScreenの下部に"hardstatus"を指定することで,タブ的な表示や各種ステータスなどを設定することも可能です。Screenを使い始めたユーザーは,たいていこうした設定にのめりこむ注1ことになります。

注1
zshやEmacsやvimなどを使い始めたユーザーがかかる「エディタやシェルの設定ファイルを延々と調整し続ける病気」と同じ種類の病気です。

screen-profiles(あるいはbyobu)は,このhardstatusを中心に,Screenのデフォルト設定セットを提供することで,「Ubuntuのユーザーにとって使い勝手のよい」Screen環境を提供するものです。Ubuntu 9.04以降では標準パッケージとして提供されていますので,デスクトップ版やサーバー版などを利用している場合,追加の作業なしに利用可能注2です。

注2
ubuntu-desktop(通常のデスクトップ)・server(サーバー)・kubuntu-desktop(Kubuntu)・edubuntu-desktop(Edbuntu)・xubuntu-desktop(Xubuntu)・mobile-netbook-remix(UNR)で有効になります。"apt-cache show screen-profiles | grep Task"の実行結果を確認してみてください。

screen-profilesの利用

9.04をお使いの場合は,端末を開き,「screen」と実行してみてください。図1のように,利用するプロファイルを尋ねられます。

図1 プロファイルの選択

図1 プロファイルの選択

デフォルトのplainはhardstatus(画面下部の表示)が設定されませんので,ubuntu-light・dark・blackのいずれかを選択してEnterキーを押してください。screen-profilesによる設定が自動的に適用され,画面下部に各種情報が表示される状態でscreenが起動するはずです図2,注3)。

図2 screen-profilesによる情報表示

図2 screen-profilesによる情報表示

light・dark・blackの三種類は端末の配色に合わせて選択できるようになっています。lightは背景が白い環境,darkは暗めの色,blackは完全な黒背景向けとなっています(が,図2では黒背景の環境で,あえてlightを選択していたます。特に「これを選択しなければならない」という制限はありませんので,自由に選択すれば良いでしょう)。この選択画面は,「select-screen-profile」を選択することで,いつでも呼び出すことができます注4)。

注3
画面左下に表示されている「¥o/」は,本来は「\o/」で表示されるものです。これはUbuntuロゴ(Circle Of Human)「手をつないで3人で輪になっている人」ひとり分です。が,フォントの問題でバックスラッシュが「¥」記号で表示されてしまうので,図2では少々不格好なことになっています。
注4
後述の,screen-profilesコマンドでメニューを表示し,「Change screen profile」を選択することでも変更可能です。

デフォルト状態のscreen-profilesによって表示されるインジケータは,次の通りです。図2では表示されていませんが,ターミナル上でソフトウェアアップデートの通知や,再起動の必要性の有無を確認できますので,ssh越しにシステムにアクセスしている場合は便利でしょう。

  • Circle Of Human
  • Ubuntuのリリースバージョン
  • (再起動インジケータ) ; 図2では未表示
  • (アップデート可能なパッケージ数) ; 図2では未表示
  • ロードアベレージ ; 図2の場合黄色
  • CPUの数 ; 図2ではx1なので未表示
  • CPUの動作周波数; 図2の場合水色
  • メモリ搭載量と,消費率 ; 図2の場合緑色
  • 日付・時刻

これらのインジケータは,後述のメニューで「Toggle status notifications」設定を開き,表示させたい項目を選ぶことが可能です。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入