Ubuntu Weekly Recipe

第96回 複数のOSを使う(2)専用ドライブ,Wubiの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Wubi

WubiはWindowsユーザのためのUbuntuインストーラで,Windows内に通常のソフトウェアのように簡単にUbuntuをインストールできるようになっています。もしUbuntuが不要になった場合は通常のWindowsソフトウェアと同じように,⁠プログラムと機能」から「Ubuntu」という項目を削除するだけです。

このようにインストールとアンインストールが非常に手軽にできるという利点がある一方で,ハイバネートが利用できないといった欠点もあります。ですが,1つのドライブでWindowsとUbuntuの両方を使いたい場合は,まずWubiを試してみるのが最善の方法だと筆者は考えています。

9.10には間に合いませんでしたが,10.04以降ではLiveCDから起動したUbuntuインストーラが,WubiでインストールされたUbuntuを検出して,設定や保存されたデータをそのままに,通常のパーティションにインストールし直す機能が実装される予定です。となると,Windowsマシンでの初めてのUbuntu体験にWubiを選択しない理由はないでしょう。

9.04までは,Windowsのユーザ名に日本語が含まれているとWubiが起動できないという問題があったのですが,9.10の正式リリース版では「ほぼ」解消されています。というのもユーザ名に「カタカナ」が含まれている場合,Wubiがログファイルを作成できず,Wubiを起動できません。

ユーザ名にカタカナが含まれている場合,この問題を回避するために,WindowsのCドライブの直下に「temp」という名前のフォルダを作成しておいてください図5)⁠

図5 ユーザ名にカタカナが含まれている場合は「C:\temp」を作成しておく

図5 ユーザ名にカタカナが含まれている場合は「C:\temp」を作成しておく

Wubiを起動するためには,Windowsを起動している状態で日本語Remix CDを光学ドライブにセットします注3)⁠自動再生のダイアログが出てくるので,⁠wubi.exeの実行」を選択します図6)⁠またはCD内のwubi.exeというファイルをダブルクリックします。

注3
日本語Remixを利用したい場合はCD内のwubi.exeを使用する必要がありますが,日本語Remixにこだわらなければ,ubuntu.comで配布されているWubiを利用して,ISOイメージの ダウンロードからインストールまでを一貫して行えます。

図6 ⁠wubi.exeの実行」を選択

図6 「wubi.exeの実行」を選択

Wubiが起動したら,⁠Windows内にインストール」を選択します図7)⁠すると設定画面が表示されるので,インストール先のドライブ,インストールサイズを選択します。続いてユーザ名とパスワードを入力して「インストール」をクリックします図8)⁠

図7 ⁠Windows内にインストール」を選択

図7 「Windows内にインストール」を選択

図8 ユーザ名,パスワードなど情報を入力または選択してインストール

図8 ユーザ名,パスワードなど情報を入力または選択してインストール

ここまででWindows上での作業は終了です。続いて再起動させると,WindowsとUbuntuのどちらを起動するか選択する画面が表示されます図9)⁠ここでUbuntuを選択して,インストール作業の残りを開始します。Ubuntuのインストール作業が完了すると再起動が行われます。

このようにWubiは非常に簡単に,WindowsとUbuntuのデュアルブートを実現できます。

図9 起動時にWindowsとUbuntuのどちらかを選択できるようになる

図9 起動時にWindowsとUbuntuのどちらかを選択できるようになる

また,Wubiを利用してWindows内にインストールしたUbuntuでは,⁠/host」にWindowsのシステムドライブがマウントされWindowsドライブ内のファイル操作ができるようになっています。ですが,このフォルダ内をあまり不用意に触らないでください。特に「/host/ubuntu」フォルダはWubi自身のファイル類が置かれているため,これを変更してしまうとUbuntuが起動できなくなります。

WubiでインストールしたUbuntuの場合,ハイバネートできませんが,メニューにはハイバネートの項目が表示されています。

本来は,[アプリケーション]-[アクセサリ]-[端末]で以下のコマンドを実行すると,ハイバネートの項目が消えますが,現時点ではバグのため9.10では機能しません。

$ gconftool --set --type bool /apps/gnome-power-manager/general/can_hibernate false

ですから,WubiでインストールしたUbuntu 9.10を使用している場合は,誤ってハイバネートをクリックしないように気をつけてください。

次回は,1つのドライブでGRUBを用いてWindowsとUbuntuをデュアルブートする方法と,GRUBの設定方法を紹介します。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

  • ご教示下さい

    新しくPCを自作し 古いHDDが あるので ubuntun を勉強しようと思っています。XP pcに HDDを追加し
    ubuntun を導入しようと思っています。色々 探してみましたが、このサイトの情報が一番わかりやすく参考にしようと思いました。

    ubuntunを CDより書き込む時に 他のHDDは取り外して書き込んでは いけないのでしょうか ?

    又、ブートローダは ubuntunを書き込んだHDDに 
    インストールして良いのでしょうか ? それとも XPの入っている HDD に入れるのでしょうか ?

    ご教示していただければ 幸いです。

    現在は USBメモリーに 入れたubuntunで勉強中えす。

    Commented : #1  俵 正史 (2012/09/08, 22:18)

コメントの記入