Ubuntu Weekly Recipe

第99回 uimを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

uimとは

第93回で取り上げたIBusが好評のようなので,今回もインプットメソッドを取り上げることにしました。uimは現在でも活発に開発が進められているインプットメソッドで,Debianではデフォルトになっています。開発者のほとんどが日本人という,インプットメソッドとしては珍しい開発体制をとっており,もちろんwikiメーリングリストも日本語のものが用意されています。

今回使用するuimのバージョン

Ubuntu 9.10のリポジトリに入っているuimには若干の不具合があり,修正待ちになっています。そればかりでなく,最新版のuim 1.5.7はいろいろと魅力的な機能が搭載され,不具合修正も行われているので,これを使用することにします。ただし,japanese-testersのPPAに用意したのは9.10用のみで,それ以前のバージョンのバイナリは今回用意していません。よって,以降の解説は9.10に特化することになります。

uimのインストール

まずは,japanese-testersのPPAを追加します。

$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/ppa

リポジトリのアップデートを行います。

$ sudo apt-get update

パッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install uim uim-anthy uim-gtk2.0

SKKを使用したい場合はuim-skkを,Qt4アプリケーションも使用する場合はuim-qtを,Qt3アプリケーションも使用する場合はuim-qt3をインストールしましょう。なお,Qt4は実験的サポートです。

インストール後,[システム]-[システム管理]-[言語サポート]を起動します。

図1 言語サポート

図1 言語サポート

[キーボード入力に使うIMシステム]をuim-toolbarあるいはuim-systrayにします。これらには次のような違いがあります

図2 uim-toolbarを選択すると,移動可能なツールバーが表示される

図2 uim-toolbarを選択すると,移動可能なツールバーが表示される

図3 uim-systrayを選択すると,画面上部にツールバーが表示される

図3 uim-systrayを選択すると,画面上部にツールバーが表示される

両者に機能の違いは特にないので,画面の解像度などを考慮してどちらか好きな方を選択してください。切り替えも簡単ですし,ひとまずは直感的に選択すればいいでしょう。今回は取り上げませんが,一度に両方表示させることもできます。

選択したら,一度ログアウトして再ログインしてください。

なお,japanese-testersのPPAを追加し,アップグレードするとibus-anthyのバージョンが上がります。上げたくない場合は,uimのインストール後にリポジトリを削除するなどの対応を行ってください。なにせテスト用のリポジトリなので,今後ほかにもいろいろアップデートされる可能性があります。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入