Ubuntu Weekly Recipe

第103回 Deja Dupで簡単バックアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Ubuntu環境でのバックアップに関しては,過去にも第4回第5回で,SBackupやddを使った方法を紹介してきました。

新年最初のレシピでは,「バックアップが大事なのはわかっているけれども,実はまだ何も対策していない」そんなあなたにぴったりなお手軽バックアップツール「Deja Dup注1)」を紹介します。

注1
プロジェクトの正式名称はDéjà Dupですが,今回はすべてDeja Dupと表記します。また,Deja Dupの発音例は「day-ja-doop」となっています。

Deja Dup

Deja Dupは,コマンドラインから使用するバックアップツールであるduplicityをGUIから手軽に使えるようにしたものです。duplicityはrsyncやGnuPGを使用しているのですが,rsyncやGnuPGに触れたことがないユーザでも,そういったことを意識することなく,確実なバックアップが行えます。

Deja Dupは以下の特徴を持っています。

  • 操作画面,設定画面がシンプル図1
  • バックアップの保存先として,ローカルフォルダだけでなく,リモートサーバやAmazon S3を指定できる
  • バックアップデータを圧縮して暗号化できる
  • バックアップ作業をスケジュール指定できる
  • 復元する際には,バックアップされている中から特定の時期を選べる
  • GNOMEに統合されたインターフェースでファイルごとに特定の時期のものに復元できる

図1 シンプルな操作画面

図1 シンプルな操作画面

Deja DupはUbuntu 9.04からuniverseリポジトリに入っているので,UbuntuソフトウェアセンターやSynapticから検索して選択するだけでインストールできます。

コマンドラインからインストール場合は,以下を実行します。

$ sudo apt-get install deja-dup

バックアップの設定

[アプリケーション]-[アクセサリ]-[Deja Dup Backup Utility]から起動したら,[Edit]-[設定]を開きます図2)。

図2 Deja Dupの設定画面

図2 Deja Dupの設定画面

Backup location

バックアップの保存先を選択します。保存元の記録ドライブ(ハードディスクなど)と同一のデバイスを指定してしまっては,デバイスの故障時にバックアップを取り出せないので,別のデバイスまたはサーバを指定してください。

「Connect to Server」をクリックすると,[場所]-[サーバへ接続]と同一の画面が現れるので,SSH,FTP,Windows共有など様々なサーバに接続できます注2)。

注2
Windows共有(Sambaサーバ)の設定方法は,第85回を参照してください。

Include files in folders

バックアップ対象のフォルダを選択します。デフォルトでは,ホームフォルダ全体になっています。ユーザの設定や保存したデータはホームディレクトリに含まれているので通常はこのままでよいでしょう。

システム全体に加えた変更もバックアップしたい場合は「/etc」「/var」などのディレクトリを適宜追加するとよいでしょう。

Except files in folders

バックアップから除外する項目を選択します。デフォルトでは「Trash」(ゴミ箱)が除外リストに入っています。さらに,リストには表示されていませんが,あまり重要ではないなどの理由で,以下のファイルやフォルダをDeja Dupはバックアップ対象から除外しています。

  • ~/.cache
  • ~/.thumbnails
  • ~/.gvfs
  • ~/.xsession-errors
  • ~/.recently-used.xbel
  • ~/.recent-applications.xbel
  • ~/.Private
  • /proc
  • /tmp
  • /sys

Encrypt backup files

バックアップを暗号化するかどうか選択します。デフォルトではチェックが入っていて,暗号化が有効になっています。外部のサーバに保存する場合は,暗号化を強くおすすめします。

ここまで設定したら,初回のバックアップを実行してみます。設定画面を閉じ,「Backup」をクリックします。設定の確認画面が出てくるので「進む」をクリックしていきます。

「Password needed」と表示される画面で,暗号化のためのパスワードを設定して「Continue」をクリックします図3)。

図3 暗号化のためのパスワード設定画面

図3 暗号化のためのパスワード設定画面

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入