Ubuntu Weekly Recipe

第112回 Bansheeを使用して携帯音楽プレーヤと同期する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

デフォルトの音楽プレーヤ候補にもなったBanshee

Ubuntu 9.10開発中に,デフォルトの音楽プレーヤがRhythmboxからBansheeに変更されるというアイディアが出されましたが,結局は見送りとなりました。これは,Rhythmboxよりも優れたところもある,ということを示しています。Rhythmboxを取り上げた第79回と比較し,使いやすそうな方を選択していただければと思います。筆者は79回執筆時と環境が変わったこともあり,最近はもっぱらBansheeばかりを使用するようになりました。

BansheeはNovellによって開発され,Microsoftの.Net Framework互換実装であるMonoで動作します。UbuntuだとMonoは標準でインストールされるので,インストール時にMonoを含むたくさんのパッケージがダウンロードされる,ということはありません。注意点としては,現状ARM環境では動作しないため,NetWalkerでは使用できません。

インストール

インストールは,[ソフトウェア・センター]から行います。[分類]の[サウンドとビデオ]に[Banshee Media Player]があるので,インストールします。パスワード入力後しばらく待っているとインストールが完了し,[アプリケーション]-[サウンドとビデオ]-[Banshee Media Player]で起動します。

図1 Banshee Media Playerの[→]をクリックする

図1 Banshee Media Playerの[→]をクリックする

図2 [インストール]をクリックする

図2 [インストール]をクリックする

図3 Bansheeを起動したところ

図3 Bansheeを起動したところ

インポート

ここで使用する携帯音楽プレーヤは,CowonのiAUDIO 7です。このプレーヤのように普通にUSB Mass Storage Classでマウントできるものは同じように動作すると思われますが,AppleのiPodなどは筆者が所持していないので,確認できません(※1)⁠

実際にインポートする前に,設定変更する必要があります。[編集]-[Preference]のGeneralタブで[Copy files to media folders when importing](インポート時,メディアフォルダにファイルをコピーする)にチェックを入れます。チェックを入れたら,[Media]-[Import Media]をクリックし,[Import Media to Library]ダイアログでお使いの携帯音楽プレーヤ(例では[iAUDIO 7])を選択します。インポートが開始され,デフォルトの設定ではホームフォルダ以下にあるMusicフォルダにコピーされます。

図4 [Copy files to media folders when importing]にチェックを入れる

図4 [Copy files to media folders when importing]にチェックを入れる

図5 携帯音楽プレーヤを選択する

図5 携帯音楽プレーヤを選択する

図6 インポートが完了したところ。文字化けしているのはMP3のファイル

図6 インポートが完了したところ。文字化けしているのはMP3のファイル

※1)
そもそも筆者の膨大なライブラリはほとんどOgg Vorbisでエンコードされており,iPodだと再生できないので持っていてもしかたがありません。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入