Ubuntu Weekly Recipe

第126回 Google Chromeを使ってみよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Google Chromeは,Googleが開発している軽量,高速な,現在人気急上昇中のWebブラウザです。しかし正式に公開されているのはWindows版のみで,Linux版とMac版は長らくの間ベータ版としての提供でした注1)⁠しかしながら5月26日(日本時間)⁠とうとうLinux正式対応版であるChrome 5がリリースされました。そこで今週のレシピは,Ubuntu上で動くGoogle Chromeを紹介します。

注1
chromium-browserならばUbuntuのリポジトリに存在しますし,PPAにはchromiumのデイリービルド版も存在しますが,あくまで「Google Chrome」の話です。

Chromeのインストール

Chromeのダウンロードサイトには,Debian/Ubuntu用のdebパッケージと,Fedora/openSUSE用のRPMパッケージが用意されていますので,UbuntuユーザであればすぐにChromeを使い始めることができます。

debパッケージを単体で入れることに抵抗があるかもしれませんが,このパッケージは /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.listというファイルを作成し,以後はGoogleのリポジトリをAPTの管理下に置くように作られています。また,http://dl.google.com/linux/deb/がリポジトリに追加されることで,Chromeのアップデートだけでなく,google-chrome-unstableのようなパッケージをapt-getでインストールすることもできるようになります。unstableは現時点でバージョン6.0.427.0-r49010が該当しますが,このパッケージはgoogle-chrome-stableとコンフリクトしますので注意してください注2)⁠

もしもリポジトリを追加したくない場合は,パッケージインストール前に以下のコマンドを実行しておくとよいでしょう。

$ sudo touch /etc/default/google-chrome
注2
もちろんunstableは開発版ですので,一般のユーザには関係のない話になります。

Chromeの特徴

Chromeの主な特徴には,以下のようなものが挙げられるでしょう。Chromeはさすがに後発のWebブラウザだけあって,他のブラウザに比べて優れている点も多くあります。

  • レンダリングエンジンにWebKitを採用
  • Google V8 JavaScript Engineを使用した,高速なJavaScriptの実行
  • 各タブを独立したプロセスとして実行
  • ロケーションバーと検索バーを一体化した「OmniBox」
  • ダウンロード履歴やCookieを保存しない「シークレットウィンドウ」
  • ユーザサイドスクリプトの実行機能
  • ブックマークや設定の同期機能

Chromeを使ってみて感じるのは,やはりその軽快さです。またタブが別プロセスで実行されるため,一つのタブのクラッシュが他のタブに影響しない堅牢さも持ち合わせています注3)⁠

注3
実際にはすべてのタブが別プロセスとして実行されるわけでなく,ドメインなどから別プロセスで開くかどうかを判断しています。

FirefoxではGreasemonkeyやXmarksといった拡張を使用する必要があった,ユーザサイドスクリプトの実行やブックマークの同期が標準で可能なのも大きな魅力でしょう。筆者も自作のGreasemonkeyスクリプトを動かしてみましたが,大抵のものはそのまま,あるいは小さな修正で動きそうです。シークレットモード機能は閲覧記録を残したくない場合,たとえばオンラインバンキングや,家族には見られたくない楽しいページへアクセスする際に威力を発揮するかもしれませんね。このシークレットモードはCtrl+Shift+Nで開くことができます。

OmniBoxのインターフェイスは賛否両論かもしれません。筆者個人としてはFirefoxのように,検索用のボックスは独立して存在して欲しいと思っています。また,OmniBoxにキーワードやURLを入力してEnterを押すと,現在のタブに結果が読み込まれてしまいます。検索結果は新しいタブで開いてほしいという人も多いかと思いますが,そのためにはAlt+Enterで決定する必要があります。この挙動はFirefoxのデフォルト設定と同一なので,違和感なく使えるでしょう。

筆者は,Ctrl+fでページ内検索をした際に,該当部分の分布がスクロールバー上に表示される機能がお気に入りです。地味ですが,かゆいところに手が届く機能だと言えるでしょう。

図1 シークレットモードで開いたページは,閲覧や検索の記録が残らない。ただしこの状態でもブックマークしたページなどは記録が残るため,注意(?)が必要だ

図1 シークレットモードで開いたページは,閲覧や検索の記録が残らない

図2 右端のスクロールバーに注目。ページ内での該当個所の分布が一目でわかる。

図2 右端のスクロールバーに注目

ChromeもFirefoxと同様に,よく使う機能にはショートカットキーが割り当てられています。詳細なショートカット一覧はオンラインマニュアルを参考にするとよいでしょう。

拡張機能を使ってみよう

Firefoxの魅力の一つは,アドオンによって様々な機能を追加できるところです。⁠このアドオンがないと生きていけない!」というようなアドオンが,誰にも一つや二つはあるのではないでしょうか? Chromeも同じように,拡張機能を導入することで機能を追加/強化することができます。拡張機能は数多くありますが,その中から筆者が導入したものの一部を紹介します。

Chromed Bird

今やTwitterクライアントはなくてはならない存在です。世の中には多くのTwitterクライアントがありますが,Ubuntu Japanese Teamで一番のTwitter通であるあわしろいくや氏も使っているほどの高機能クライアントが,Chromed Birdです。

Chromed Birdは,ブラウザの拡張機能でありながら機能的には大変充実しており,ReplyやReTweet,Favoriteがワンクリックでできるのは当然として,TL,Mention,Direct Messageのほかに複数のリストや検索結果をタブとして任意の順に並べることができるのはとても便利です。表示色や形式も柔軟にカスタマイズ可能で,現時点では機能的にほぼ満点のTwitterクライアントでしょう。

図3 Twitterクライアントなので,当然初回実行時にはアクセスを許可する必要がある

Twitterクライアントなので,当然初回実行時にはアクセスを許可する必要がある

図4 ブラウザ内にポップアップする簡易なクライアントながら,任意にタブの増減が可能。リストや検索にも対応している

図4 ブラウザ内にポップアップする簡易なクライアントながら,任意にタブの増減が可能

図5 設定画面ではUIをはじめとした各種設定が可能

図5 設定画面ではUIをはじめとした各種設定が可能

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入