Ubuntu Weekly Recipe

第153回 LibreOfficeを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

gihyo.jpの新春特別企画として,1月3日に2011年のOpenOffice.org/LibreOfficeという記事を寄稿しました。お読みいただけましたでしょうか。

この記事はOpenOffice.orgとLibreOfficeに関して可能な限り広い視点で,事実とそこから導き出せる推測を述べたものであり,個別のことにはあまり触れませんでした。軸がぶれないよう,意図的に行なったことです。

いい機会ですので,今回はUbuntuとLibreOfficeのことについてまとめておきます。そして,LibreOfficeを今すぐ使う方法も紹介します。

なお,これから紹介することは,前出の記事を読まれていることを前提としています。

UbuntuとLibreOffice

The Document Foundationの創設時,Canonicalもエンドースメントを送っています。下手ながら訳したのが,次の文章です。

Canonical UbuntuのメーカーであるCanonicalの創業者にして株主のMark Shuttleworthは次のように宣言しています:「オフィス生産性ソフトウェア(訳注: オフィススイートのこと)はフリーソフトウエア・デスクトップにとってとても重要なコンポーネントであり,Ubuntuプロジェクトは将来のUbuntuのリリースでThe Document FoundationのLibreOfficeに移行するでしょう。⁠後略)⁠

さらりとすごいことを言ってます。将来のUbuntuのリリースでLibreOfficeに移行とのことですが,それほど先のことではなく,今のところUbuntu 11.04での移行が予定されています。ただ,急にCanonicalでLibreOfficeを担当する人を探したりなど万全の体制とは言えず,11.04では見送りになる可能性もなくはありません。とにかく大きなパッケージで,メンテナンスするのはすごく大変です※1)⁠とはいえ,Oracleのリソースが利用できない以上,Red HatやNovellのように※2しっかりとした専任の担当者を割り当てないと,安心して使うことができないという判断なのでしょう。なお,人員が見つかったかどうかは定かではありません※3)⁠

※1
普通の人なら,ソースパッケージを見ただけでぞっとすると思います。
※2
Red HatにはCaolan McNamaraという,もう何年もOpenOffice.orgに携わっている社員がいますし,Novellは15人ほどLibreOfficeに割り当てているそうです。
※3
少なくとも執筆時点では,たぶん見つかっていません。

Xubuntuに現段階のLibreOfficeをインストールする

DebianではもうすでにexperimentalからLibreOfficeをインストールすることができますが,UbuntuではLibreOfficeのオフィシャルパッケージをインストールする必要があり,ここではその方法を紹介します。

まず,ここではUbuntuではなくXubuntuを使用します。現在のLibreOffice(3.3RC2)はUbuntu 10.10にも問題なくインストールできますが,11.04でLibreOfficeが使用できるようになると,これができなくなります※4)⁠現在,OpenOffice.orgがもうすでに入っているため,オフィシャルのバイナリをインストールできないのと同じです。もちろんUbuntuからOpenOffice.orgを消すことはできますが,そういうことはあまり想定されていません。したがって,最初からOpenOffice.orgが入っておらず,LibreOfficeも入らないであろうXubuntuを仮想マシンとして用意するほうが,はるかに手間が少なくてすみます。

※4
正確にいえば,メニューに登録するパッケージ以外はインストールはできます

IPAフォントをインストールとJava VMに関して

LibreOffice 3.3RC2以前では,Ubuntu標準のTakaoフォントに対応しておらず,そのままインストールすると,いわゆるトーフ状態になって日本語が全く表示されません※5)⁠これを回避するために,IPAフォントをインストールします。パッケージ名はotf-ipafontで,これを何らかの方法でインストールしてください。XubuntuにもUbuntuソフトウェアセンターがありますし,aptを使用する場合は,次のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install otf-ipafont

LibreOfficeの機能をすべて使うためには,OpenOffice.orgの時と同じようにJava VMのインストールが必要ですが,Xubuntu 10.10ではなぜかインストール済です。UbuntuなどJava VMがインストールされていない環境では,次のコマンドを実行してインストールしてください。

$ sudo apt-get install default-jre

図1 XubuntuでもUbuntuソフトウェアセンターが使用できる

図1 XubuntuでもUbuntuソフトウェアセンターが使用できる

図2 IPAフォントをインストールしていないので,フォントが□(いわゆるトーフ)となっている

図2 IPAフォントをインストールしていないので,フォントが□(いわゆるトーフ)となっている

※5
今のところ筆者がバグ登録する予定です。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOfficeにも若干関わっている。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

  • Libreofficeにおけるメニューの豆腐表示問題

    これ、べつにバグとかじゃなくて、TakaoやVLゴシックなど日本語デスクトップ環境を導入していれば、IPAフォントをインストールしたり外観の設定でアプリケーションのフォントを日本語フォント名に置き換えたりしなくても『豆腐問題』は解決できるようですね。
    $ env LANG=en libreoffice
    で起動させ
    Tools→Options→View で "Use system font for user interface" のチェックを外したら再起動後に日本語表示されました。

    Commented : #1  でいらん坊 (2011/07/29, 19:26)

コメントの記入