Ubuntu Weekly Recipe

第169回 Ardourの実力(前編)マルチトラック・レコーディング編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

いよいよ春本番ですね。春ということは…そう,Ubuntuの新リリースが明日に迫っています。筆者は自宅サーバ以外はもう早々とLTSである10.04から11.04に移行してしまいました。それほどまでにNattyは筆者のお気に入りとなっています。

本来ならNattyで刷新された機能などの話題,例えば標準のユーザー・インターフェイスとなった「Unity」を再度話題とするべきかと考えましたが,いざNattyをインストールしてみると,筆者の愛用しているUbuntu StudioはGnomeのクラシック・インターフェイスを使い続けているため,Unityを試すことができません注1)⁠そのため,Unintyを含めNattyの解説は他のメンバーにバトンパスすることにしました。そのうちRecipeにおいても取り上げられることでしょう。

今回は,筆者の本分に立ち返り,Ardourを使ったマルチトラック・レコーディングの方法をお届けします。

注1
Ubuntu Studio開発者間のメーリングリストでは,Nの次,Oneiric OcelotではXFCEベースにしてみない? ワークステーションのワークフローにUnityの提供するユーザー・インターフェイスは合わないよねという議論が継続中です。

マルチトラック・レコーディングとは

本連載の第159回第160回第161回で,Ubuntuにさまざまなサウンドデバイスを導入する方法を紹介しましたが,サウンドデバイスの中には複数の入出力を扱えるものがあります。マルチトラックレコーディングとは,このようなデバイスを使い複数の音源から取得した音声を同時的に録音していくことです。複数の音源はマイクから取得した音声が主となりますが,入出力にJACKサウンドサーバを用いるため,ソフトウェアが生成した音声も同じように録音できます。

Ardourとは

ArdourはLinuxとMacOS Xで使うことができるデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)ソフトウェアで,現在の安定版であるバージョン2は以下の特徴を持っています注2)⁠

  • Linux/MacOS Xで利用可能
  • JACKサウンドサーバが必須
  • 内部的には浮動小数点32ビットサンプル処理が可能
  • ミックスダウンで様々なフォーマットやオプションが利用可能
  • オペレーティングシステムによるが,LADSPA/LV2/VST/AUの各プラグインを利用可能
  • ボリューム・パンやプラグインのパラメータに対してオートメーションを設定可能
  • JACKトランスポートによる同期
  • MTC(MIDI Time Code)による同期(マスター/スレーブ)
  • MMC(MIDI Machine Control)を含む,標準的なMIDIフィジカル・コントローラへの対応
  • Mackie Controlプロトコルを採用したフィジカル・コントローラーへの対応
  • OSC(Open Sound Control)への対応

標準的なDAWソフトウェアが備える機能のほとんどが実装されていますが,唯一,MIDIシーケンス機能だけは次期のバージョン3に持ち越しとなっています。そのため現在のところ,いわゆる「打ち込み」用途には向いていません。この場合はRosegardenMuSEQtractorRenoise(プロプライエタリ)といったMIDIシーケンス機能を持つソフトウェアを同期的に併用することになります。

しかし,MIDIシーケンス機能がなくても,音声データを扱う上ではやはりArdourはとても強力なソフトウェアです。

注2
Ardourの開発者はJACKサウンドサーバの開発者でもあり,高品位な録音システムに対する並々ならぬ意気込みを感じさせてくれます。

JACKサウンドサーバの起動

それでは,Ardourでマルチトラック・レコーディングをする方法を説明していきます。

ArdourはJACKサウンドサーバを音声の入出力先として利用するため,Ubuntu標準のPulseAudioサウンドサーバでは利用できません。あらかじめQjackctlでJACKサーバを起動しておくのが無難ですが,起動させていない場合は,Ardourが自動的にJACKを起動するようになります。

図1 Ardour起動時のJACKサウンドサーバ設定画面

図1 Ardour起動時のJACKサウンドサーバ設定画面

JACKとQjackctlについては,本連載の第161回で説明しました。強調しておきたいことは,JACKサウンドサーバはFirewire接続のサウンドデバイス限定ではなく,どんなサウンドデバイスでも扱うことができる点です。

通常ALSAがサウンドドライバとなる,PCIバス/PCI Expressバス/USBバス接続のサウンドデバイスの場合は,Qjackctlの設定ウィンドウで項目「drivers」「alsa」に切り替えます。この場合,同じく設定の項目「Interface」で,使用するサウンドデバイスをプルダウンリストから選択します。リストの内容はALSAが設定したPCMデバイスのリストとなっているため,慣れていないとよくわからないと思います。その場合,右の鈎ボタン「>」から選択するとわかりやすいでしょう。

JACKサウンドサーバの設定についてもうひとつ強調しておきたいのは,サンプリング周波数です。JACKサウンドサーバ起動時のサンプリング周波数がそのままArdourに適用されます。

どうしてもArdourが起動しない,すなわちJACKサウンドサーバの起動に失敗する場合は,音声を扱う他のソフトウェアが起動していないかどうか確認してみましょう。JACKサウンドサーバ以外のソフトウェアがサウンドデバイスに音声データを出力していると,デバイスが使用中であるとされ,JACKサウンドサーバが起動できなくなっています。

トラックの配置

Ardourを起動した時に表示される画面をEditor画面と呼びます。この画面でトラックやタイムラインの管理を行います。画面左でマウスを右クリックすると,トラックを設けるダイアログが開きます。

図2 Track/Bus追加ウィンドウ

図2 Track/Bus追加ウィンドウ

Ardourの設けるトラックには,⁠Track」「Bus」があります。⁠Bus」「Track」とは異なり,録音した音データを配置できません。⁠Bus」「Track」からの出力をまとめて扱う場合に利用します。例えば,複数のトラックに対して同じタイミングで音量の操作を行う場合や,同じプラグインを適用したい場合に用います。

「Track」はさらに,⁠Normal」タイプと「Tape」タイプに分けられます。⁠Normal」タイプは音データを,時間幅を持つ「Region」という細切れのデータとして扱います。これに対し「Tape」タイプは,テープレコーダーの要領で録音データを順次上書きしていきます。

図3 Track/Bus,Normal/Tapeの違い

図3 Track/Bus,Normal/Tapeの違い

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入