Ubuntu Weekly Recipe

第180回 KdenliveでH.264/AACなMADムービーを作る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回はノンリニアビデオ編集ソフトウェアであるKdenliveを使い,映像圧縮にH.264(MPEG-4 Advanced Video Coding)⁠音声圧縮にAAC(Advanced Audio Coding)を利用し,MP4コンテナにデータを突っ込んだビデオを作成する方法をお届けします。

ノンリニアビデオ編集とは

ノンリニアビデオ編集は,デジタル化したビデオ情報をソフトウェア的に加工していく方法です。

「ノン」というからにはリニアなものもあり,こちらはビデオ情報をテープに記録して扱う場合の編集方法です。テープを再生するためのデッキと録画するためのデッキの2台を用意し,必要な箇所だけを成果物となるテープにダビングしていきます。

ノンリニアビデオ編集のほうがより自由度の高い編集が可能ですが,映像と音声がセットとなったビデオ情報をコンピュータで扱うため,その分,ある程の性能でなければ作業効率が落ちることに注意してください。

Linuxで利用できるノンリニアビデオ編集ソフトウェアは,本連載の第104回で扱ったPiTiViUbuntuではPPAから利用可能なCinelerra2008年にプロジェクトがスタートし猛烈な勢いで開発が進んでいるOpenShot Video EditorVJ(Visual Jockey)ソフトウェアでもあるLiVESそして今回紹介するKdenliveがあります。

Kdenliveとは

KdenliveはK Desktop Environmentのソフトウェアのひとつです。データの処理にMedia Lovin' Toolkitの提供するフレームワークを利用しています。KDEソフトウェアではありますが,もちろんUbuntu標準のGNOMEデスクトップ環境でも利用することができます。

図1 kdenliveの外観

図1 kdenliveの外観

画面は,筆者が2009年に2次利用によるMADを作成した際のプロジェクトを開いたものです。素材として使用させていただいたオリジナルは,権利侵害を指摘されて削除されてしまい,もうありません。筆者はオリジナルの作者ではないですが,とても悲しかったことを覚えています。

さてkdenliveを利用するには,パッケージ「kdenlive」をインストールします。同時に,KDE由来のパッケージが複数インストールされるほか,以下のような主要機能となるパッケージがインストールされます。

  • Media Lovin' Toolkitのパッケージ「melt」
  • ビデオレンダリングとv4l2を使ったキャプチャーのためのパッケージ「ffmpeg」
  • ffmpegライブラリのひとつで,ビデオファイルのデコード/エンコードのためのパッケージ「libavcodec52」
  • DVカメラからのキャプチャーのためのパッケージ「dvgrab」
  • デスクトップ映像のキャプチャーのためのパッケージ「recordmydesktop」
  • 映像効果のためのパッケージ「frei0r-plugins」
  • 音声効果のためのLADSPAパッケージ「swf-plugins」

Kdenliveを初回起動すると,まず「Config Wizard」が起動し,現在のシステムで利用可能な機能をひと通り見ることができます。特に「Available Codecs(avformat)⁠タブでは,利用可能な圧縮方法を映像/音声/コンテナ別に見ることができます。しかしH.264はありません。Ubuntuの標準状態でインストールされる「libavcodec52」では,H.264を扱えないためです。

図2 ⁠Config Wizard」ウィンドウ

図2 「Config Wizard」ウィンドウ

映像・音声周りの技術とパテント

H.264という「技術」は開発した団体がパテントを保有しており利用許諾が関係してきます。今回利用する音声圧縮方法であるAACも同様です。映像・音声関連の技術はこのように利用許諾が関係するものが多く,Ubuntuのパッケージ「libavcodec52」はこういったものに「触れない」パッケージとしてリリースされています。

筆者が許諾規定を調べてみたところこの2つの技術は,私的複製に使用するか,インターネット上で無料で配布するビデオに使う限りは問題がないことがわかりました注1)⁠この2つの条件の下であれば,Ubuntuでも安心して使って大丈夫です。

それではUbuntuでこれらを使うにはどうしたらいいかと言うと,⁠libavcodec52」の代わりに「libavcodec-extra-52」をインストールします。⁠libavcodec-extra-52」はmultiverseリポジトリに収められているため,あらかじめ,⁠ソフトウェア・ソース」ウィンドウでmultiverseリポジトリを有効にしておいて下さい。

図3 ⁠ソフトウェア・ソース」はUbuntuのメインメニューやSynapticパッケージマネジャーから,あるいはsoftware-properties-gtkを管理者権限で実行すると表示することができる

図3 「ソフトウェア・ソース」はUbuntuのメインメニューやSynapticパッケージマネジャーから,あるいはsoftware-properties-gtkを管理者権限で実行すると表示することができる

「libavcodec-extra-52」は依存関係により,H.264のオープンソース実装を含むパッケージ「libx264-106」もインストールします。インストールが終了したら,再度設定ウィザードを実行するために,kdenliveの「Settings」メニューから「Config Wizard」を選択します。リストに「libx264」が登場します。ffmpegの状態を変化させる度にこの作業が必要となりますので,覚えておくとよいでしょう。

図4 ⁠aac」⁠libx264」⁠mp4」がそれぞれ利用可能となっている

図4 「aac」「libx264」「mp4」がそれぞれ利用可能となっている

さて,Kdenliveの一般的な使い方は以下となります。

  • 出力プロファイルの設定
  • クリップの作成
  • クリップのクリッピング
  • タイムラインにクリップを配置
  • クリップにエフェクト設定
  • トランジションでクリップ合成
  • レンダリングでデータ出力

順を追って見てみましょう。

注1

H.264のパテントプールであるMPEG Licensing AuthorityAVC/H.264 FAQで詳細を見ることができます。2011年1月12日のプレスリリースで,インターネット上で無料でやりとりされるビデオに関して,エンドユーザーに利用許諾申請を求めることは永久にないことを決定しています。

AACに関してはそのパテントプールであるVia LicensingAdvanced Audio Codingで詳細を見ることができます。使用に関しての制限はなく,AACのエンコーダー/デコーダーの「販売」に関して利用許諾申請を求めています。

これら2つの技術に関しては,ffmpegを組み込んだソフトウェアを販売する,H.264/AACで圧縮されたビデオを販売するまたは有料で放映する場合に,販売者が利用許諾申請を必要とします。もし販売者が利用許諾を得ていない場合は,H.264に関しては利用者が利用許諾申請を行う必要がある場合があります。

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入