Ubuntu Weekly Recipe

第181回 Avidemuxで動画の変換をする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は「MADを作ってみよう第2弾」ということで,動画編集に関するレシピをお届けします。

前回扱ったKdenliveは,複数のファイルを組み合わせてビデオを作成する目的には適しているのですが,ひとつの動画ファイルに対して変換や補正,抽出を行うには少々おおげさな印象を受けます。今回ご紹介するAvidemuxは動画ファイルのコンバーターであり,筆者はkdenliveで取り込むクリップの下処理に利用しています。

Avidemuxとは

AvidemuxとはLinuxではもちろん,WindowsやMac OS X,BSDでも利用可能なビデオ編集ソフトウェアです。kdenliveとは異なり,ひとつのビデオファイルに対する操作を主眼としているため,リニア編集ソフトウェアと呼ぶのがふさわしいかもしれません。

マルチプラットフォームに対応するためにさまざまなフレームワークを利用しています。音声の入出力にSDL(Simple DirectMedia Layer)を利用しているほか,操作画面のツールキットにGTK+もしくはQtのオープンソース版を利用しています。そのためGTK+版のパッケージ「avidemux」と,Qt版のパッケージ「avidemux-qt」が存在します注1)⁠

図1 GTK+版の外観

図1 GTK+版の外観

図2 Qt版の外観

図2 Qt版の外観

バージョン2.5からはプラグインによって拡張するように設計が変更されています。オープンソースソフトウェアであるMplayerやAviSynthで使用されているフィルターも使うことができます。また,Wineを併用することで,avsproxy.exe経由でAviSynthのフレームサーバーに同期することも可能です。

Avidemuxは,同名のパッケージでインストールできます。同時にプラグインパッケージや映像や音声の圧縮に関するさまざまなパッケージをインストールします。

図3 Synapticパッケージマネジャーでインストールを指定。依存関係でたくさんのパッケージが同時にインストールされる

図3 Synapticパッケージマネジャーでインストールを指定。依存関係でたくさんのパッケージが同時にインストールされる

注1
この他,パッケージ「avidemux-cli」によりコマンドライン・インターフェイスが提供されています

動画ファイルのロード・変換出力

メニュー「ファイル」の項目「開く」から動画ファイルを読み込みます。読み込んだ動画ファイルは同じく項目「プロパティ」で圧縮方法などの詳細を見ることができます。

図4 動画ファイルのプロパティ。今回は音声を持たないファイルを読み込ませている

図4 動画ファイルのプロパティ。今回は音声を持たないファイルを読み込ませている

変換して出力するには,ウィンドウの左から映像と音声それぞれの圧縮方法とそのオプション,そしてファイルの形式(コンテナ)を選択し,メニュー「ファイル」から項目「保存」⁠⁠映像を保存」と進みます。ファイル名を指定して保存すると,レンダリング出力されます。

メニュー「自動」からは,各種メディアやSony社のPlayStation Portable,Apple社のiPod向けのプロファイルを自動で適用します。

映像と音声の分離

Avidemuxはその名前の通り注2)⁠動画を映像と音声に分離する操作が簡単にできます。

例えば音声だけをファイルとして取り出す場合,動画ファイルを読み込み,メニュー「音声」から項目「保存」を指定します。この際,同じメニューの項目「エンコーダー」から,あらかじめ出力する音声ファイルのフォーマットを指定しておいてください。何も指定しない場合は「copy」となり,動画ファイルのコンテナに入っている音声データそのままのフォーマットを保存します。

図5 主音声トラックから組み合わせる音源を選択できる

図5 主音声トラックから組み合わせる音源を選択できる

音声のない映像のみのファイルとするには,メニュー「音声」から項目「主トラック」を選択して開くウィンドウにおいて,項目「音声ソース」「なし」を指定します。

また,ここで「外部AC3」「外部MP3」⁠⁠外部WAV」を選択することで他の音声ファイルと組み合わせることもできますが,このような操作をする場合はkdenliveなどのノンリニアビデオ編集ソフトウェアを使うほうが簡単かと思います。

注2
avi=ひと昔前の動画ファイルの通称 + demux=デマルチプレクサー

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入