Ubuntu Weekly Recipe

第192回 サンプル音源シンセサイザーを使う:GigaSamplerフォーマット編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

本連載の第191回ではqsynthを例に,サウンドフォントを用いるサンプル音源シンセサイザーについてお伝えしました。今回は,GigaSamplerフォーマットをライブラリーとして用いるサンプル音源シンセサイザーについてお伝えします。

GigaSamplerとは

サウンドフォントは便利な仕組みですが,使用時にすべてのサンプルをメモリーにロードする必要があります。メモリー使用量を考慮すると,あまりサイズの大きなサンプルを扱うことができませんでした。そこで登場したのがGigaSamplerです。

GigaSamplerは,NemeSys Music Technology社が1999年に開発しました注1)⁠必要なデータをその都度ハードディスクに読みに行く仕組み(ディスクストリーミング)を実装し,サウンドフォントが想定していないギガバイトを超える大容量のサンプルデータを扱うことができます。

注1)
NemeSys Music Technology社は2001年にTASCAM社に買収されました。その後2009年にTASCAM社はGarritan Libraries社にGigaSamplerを売却しました。詳細はGarritain GigaSamplerのFAQページを参照して下さい。

LinuxSamplerプロジェクトとは

LinuxSamplerはこのGigaSamplerフォーマットのライブラリーを扱うことのできるソフトウェアです。Linuxはもちろんのこと,WindowsやMac OS Xでも動作します。

LinuxSampler自体はバックエンドであり,スタンドアローンで動作するGUIや各種プラグイン(LinuxであればLV2/DSSI,WindowsであればVSTi,Mac OS XであればAU)も合わせて提供されています。

UbuntuにおけるLinuxSampler

LinuxSamplerプロジェクトが提供するソフトウェアは,以下の5つとなります。

linuxsampler
LinuxSamplerのエンジン。LTSP(LinuxSampler Control Protocol)プロトコルでクライアントと通信
liblinuxsampler
共有ライブラリー。LV2/DSSI/VSTi/AUの各プラグインも含む
liblscp6
共有ライブラリー。LSCP(LinuxSampler Control Protocol)のC++のAPIを提供
qsampler
Qt4ツールキットを用いた操作画面を提供。LinuxSamplerエンジンとLTSPで通信
gigedit
GigaSamplerフォーマットファイルのエディター。GTK+がツールキット
libgig
共有ライブラリー。GigaSamplerフォーマットファイルを編集するためのC++のAPIを提供

しかし筆者の確認する限りUbuntuでは,LinuxSamplerのエンジン部分であるパッケージ「linuxsampler」「liblinuxsampler」が,ライセンスの問題で提供されていません。そのため,自分でビルドしてインストールする必要があります。

ソース自体はLinuxSamplerのウェブサイトから取得できます。また,筆者のPPAではこのソースからビルドしたパッケージを公開していますので,こちらを利用すると手間が省けるかと思います。PPAの利用の仕方に関しては,本連載の第46回が参考になるでしょう。

上記6つを,UbuntuソフトウェアセンターかSynapticパッケージマネジャーなどを使ってインストールして下さい。

また,LinuxSamplerプロジェクトのFree Sample Librariesページからは,LinuxSamplerプロジェクトで用意したフリーのGigaSamplerフォーマットのライブラリーが提供されていますので,合わせてこちらもダウンロードしておくとよいでしょう。

GUIフロントエンド: QSamplerとJSampler

QSamplerとJSamplerはlinuxsamplerを画面から操作するためのソフトウェアです。プラグインではないためホストプログラムを必要とせず,スタンドアローンで動作します。QSamplerは先述のとおりUbuntuのリポジトリからパッケージが提供されています注2が,JSamplerは自分でソースからインストールする必要があります。

JSamplerはLinuxSamplerの持つ機能すべてを使えるように開発されていますが,QSamplerは一部機能を使うことができません。それでも筆者が試した限り通常利用する上では十分な機能を有しています。入手の容易さを考え,今回はパッケージが提供されているQSamplerを使っていきたいと思います。

パッケージ「qsampler」をインストールしたら,Unityのダッシュボードあるいは端末でコマンド「qsampler」を実行すると,操作画面が起動します。

図1 QSamplerの操作画面

図1 QSamplerの操作画面

注2)
しかし,このパッケージで導入できるqsamplerは起動に失敗するバグがあります。Qsampler crashed by segmentation fault

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入