Ubuntu Weekly Recipe

第227回 Ubuntu Accomplishmentsでトロフィーを集めよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

「Ubuntu Accomplishments」は,コミュニティ活動を行うための第一歩を示し,Ubuntuコミュニティへ参加したユーザーを導くためのツールです。4月末にはじめてのリリースが行われ,実際に一般ユーザーも使えるような状態になってきました。

そこで今回はUbuntu 12.04 LTSからUbuntuコミュニティに参加したユーザー向けに,⁠Ubuntu Accomplishments」の使い方を紹介します。

「Accomplishments」とは?

Ubuntu Accomplishmentsは,UbuntuのコミュニティマネージャーであるJono Baconが開発した,Ubuntuのコミュニティ活動に応じて各種トロフィーを授与し,獲得したトロフィーを表示できるシステムです。

図1 Ubuntu Accomplishmentsのトロフィー

図1 Ubuntu Accomplishmentsのトロフィー

Ubuntuはリリースごとにユーザーを増やしており,コミュニティの大きさに比して貢献の幅も広がっています。しかしながらそのために,初心者ユーザーにとって何から貢献すればいいかよくわからない,貢献しようとしてつまづく人をフォローできない,貢献度が高い人を見つけ辛いという弊害も出てきました。

そこでゲーム感覚でかんたんな内容から徐々にステップアップ形式で貢献できるように,また達成した項目をトロフィーとして表示することでこれまでの活動を見られるように,⁠Ubuntu Accomplishments」が開発されたのです。

ちなみにaccomplishmentは「業績や成果」という成し遂げた結果や「嗜みや教養」といった教育や習い事で身につけた何かを意味する単語です注1)⁠Ubuntu Accomplishmentsでは,獲得したトロフィーや獲得する段階で身につけた知識,その成果をひっくるめて「Accomplishment」と呼んでいます。

注1
Ubuntu Weekly Topicsの2012年3月16日号では単語の意味だけではなく,前後の文脈や開発者の意図も踏まえて「たしなみ」と紹介しています。

Ubuntu Accomplishmentのインストールと初期設定

Ubuntu Accomplishmentの最初のリリースは4月後半だったため,残念ながら最新のUbuntuである12.04にも公式リポジトリにはパッケージが存在しません。そこでまずPPAを登録した上でパッケージを導入してください。

$ sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-accomplishments/releases
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install accomplishments-daemon \
    accomplishments-viewer ubuntu-community-accomplishments

起動はDashから「Accomplishmentsビューアー」を検索します。端末からなら「accomplishments-viewer」を実行するとよいでしょう。

図2 初回起動時はUbuntu Oneへの登録が促される

図2 初回起動時はUbuntu Oneへの登録が促される

起動すると最初のウィンドウでCanonicalが運営するオンラインストレージサービスであるUbuntu Oneアカウントの登録が促されます。これはトロフィーの獲得状況をUbuntu Oneに保存するだけでなく,Ubuntu Oneから達成の確認を行う認定サーバーとの通信を行うためです。

そこで「Register with Ubuntu One」ボタンを押して表示されるウェブページから,Ubuntu Oneのアカウントを作成しておきましょう。ちなみに,Ubuntu Oneに登録すると無料で5GBのスペースが付与されますので,Dropboxのような使い方もできます。加えてUbuntu Oneクライアントも設定する必要があるようです。Ubuntu 12.04なら画面左のUbuntu Oneアイコンからクライアントを設定できるので,さきほど作成したアカウントを使ってクライアントの設定を負えておきましょう。

次に登録したUbuntu Oneアカウントへのアクセス権限をビューアーに付与します。一度「Register with Ubuntu One」ボタンを押すと,同じボタンが「Click here to confirm your Ubuntu One account」という名前になっていますので,再度クリックします。さらにラベルが変わるたびにボタンを押していき,⁠Successfully shared. Click here to continue...」と表示されたら成功です。

図3 Ubuntu Oneアカウントとの同期設定完了

図3 Ubuntu Oneアカウントとの同期設定完了

その状態でもう一度ボタンをクリックすると,今度はLaunchpadに登録したメールアドレスを尋ねられますのでそれも答えておきましょう。これにより,Ubuntu OneサーバーがLaunchpadと通信して,Launchpadを使って確認できる項目が達成済みかどうかをチェックします。⁠編集→Identification」でも設定できます。

図4 ⁠クレデンシャルの編集」を押してLaunchpadのメールアドレスを設定する

図4 「クレデンシャルの編集」を押してLaunchpadのメールアドレスを設定する

ここまで設定すると,達成済みの項目を自動的にチェックします。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入