Ubuntu Weekly Recipe

第241回 Mixxxで放送しよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は,第238回夏休み特別企画・MixxxでDJになろう!の続きになります。

結果はどうだったのか

夏休みが終われば待ち構えているのは課題提出です。初DJの結果というと……,用意していた曲で持ち時間を乗り切ったと思いきや,時間を余らせてしまい少しグダグダになりながらも,なんとか終了することができました!

ひとまずホッとしましたが,これからもDJをやるならこのままではいけません。練習しましょう。 一人で練習するのもいいのですが,やっぱり人が見ている(聞いている)前でやるのが上達の早道でしょう。

そこで第238回に続いて,MixxxとIcecast2を使ったストリーミング配信について紹介します。

ストリーミング配信の前に

ストリーミングで配信をするにあたり,使用する楽曲は著作権者が使用を許諾をしている楽曲のみを使用してください。

前回紹介したCreative Commonsライセンスでライセンスされている楽曲は,表示(CC BY)と表示-継承(CC BY-SA)ならソングリストを公開すれば問題なく使えます。しかしながら,非営利(NC)と改変禁止(ND)でライセンスされている楽曲については注意が必要です。

今回の場合に照らし合わせると営利目的の使用ではないため,表示-非営利(CC BY-NC)と表示-非営利-継承(CC BY-NC-SA)であれば問題ありません(もちろん表示の義務はあります)⁠

表示-改変禁止(CC BY-ND)と表示-非営利-改変禁止(CC BY-NC-ND)については議論の分かれるところであり,つなぐ程度(曲をそのまま流してフェードイン/アウトの変更)であれば,技術的に必要な変更※1の範囲内と解釈できなくもないのですが,無用なトラブルを避けるのであれば使用しないほうが無難でしょう。

もちろん,これらの曲であってもJamendoなどでは別途ライセンシングして販売していたりするのでそれを購入したり,個別に許諾を得たならば上記のような制限はなくなります。

※1
表示-改変禁止(CC BY-ND)と表示-非営利-改変禁止(CC BY-NC-ND)の利用許諾条項「第3条ライセンスの付与」には「あなたは,他の媒体及び形式で本作品を利用するのに技術的に必要な変更を行うことができる。」とあります。

Mixxxからストリーミング配信しよう

MixxxにはIcecast2/Shoutcastストリーミングサーバーへの配信機能が内蔵されています。しかし,実際に配信するにはサーバーが必要になります。UbuntuのリポジトリにはIcecast2があるので,この2つを使ってストリーミング配信してみましょう。

ストリーミングサーバー(Icecast2)の設定

まずストリーミングサーバーのIcecast2をインストールします。aptを使ってインストールします。

$ sudo apt-get install icecast2

インストールするとdebocnfからIcecast2の設定を尋ねられるので,次のように答えます。括弧内はデフォルトの設定です。

  • Configure Icecast2?(いいえ): はい
  • Icecast2 hostname(localhost): Icecast2のあるサーバー名を答えます
  • Icecast2 source password(hackme): MixxxからIcecast2に接続する際に使うパスワードを設定します
  • Icecast2 relay password(hackme): Icecast2でストリーミングをリレーする際に使うパスワードを設定します(今回は使用しないのでエンターキーを押すのみ)
  • Icecast2 administration password(hackme): Icecast2管理者パスワードを設定します

この設定は sudo dpkg-reconfigure icecast2を実行してやり直せるため,あまり深刻に考えなくても大丈夫です。そして,質問の最後で答えた管理者パスワードは,ブラウザでIcecast2管理画面に入る際に利用します。なお,管理画面には「http://Icecast2配信サーバー名:8000/admin/」でアクセスできます。

画像

ストリーミングに必要な最低限の設定は終わりました。上記以外の設定を変更する場合は,/usr/share/doc/icecast2/以下にあるドキュメントを参照して,テキストエディタを使って/etc/icecast2/icecast.xmlを編集します。

Mixxxの設定

Mixxx側のストリーミング配信設定をします。Mixxメニューの「オプション」⁠-⁠設定」から「ライブ放送」を開きます。

画像

「ライブ放送を有効にする」にチェックを入れて,次のように「サーバー接続」の設定をします。

  • タイプ: Icecast2
  • ホストアドレス: Icecast2があるサーバー名
  • ログイン名: source
  • マウントポイント: 適当に(スクリーンショットでは「mixxx」⁠
  • ポート番号: 8000
  • パスワード: サーバーの設定で決めたsourceのパスワード

「ストリームの設定」にはストリーミングをおこなう内容を記述します。⁠エンコーディング」はビットレート,フォーマット,チャンネルを設定します。エンコーディングのフォーマットについてはMP3とOgg Vorbisの2つが選べますが,リポジトリのMixxxはMP3が無効になっているため,利用できるフォーマットはOgg Vorbisのみになります。

設定が終わればOKボタンを押します。しばらくして「shoutcastサーバーへの接続に成功しました。」とダイアログが表示されれば放送の準備は完了です。

放送を止めるときは,メニュー「オプション」「Enable live broadcasting」を選択するか,Ctrl+Lを押すことで可能です。

リスナー側の設定

サーバーと配信の設定ができたので,リスナー側の設定をしてストリーミングを聞いてみましょう。この時,DJしながら聞くことは難しいため,Auto DJで曲を流しっぱなしにしてチェックすると便利です。

聞き方ですが,Rhythmboxなどの大抵の音楽プレイヤーはインターネット・ラジオ局の再生メニューとしてIcecastのストリーミング再生機能を提供しています。音楽プレーヤのインターネット・ラジオ局登録メニューを開き(Rhythmboxでは「再生」⁠-⁠新しいインターネット・ラジオ局」⁠Icecast2サーバーのアドレス「http://Icecast2配信サーバー名:8000/マウントポイント 」を登録して再生すると聞けます。

問題がなければ,あとは友人にストリーミングサーバーのアドレスを教えてMixxxをプレイしましょう!

著者プロフィール

のがたじゅん

Debian JP Projectメンバー。普段は関西Debian勉強会やDebian Liveで活動中。ほかにはオープンソースカンファレンスKansai@Kyotoの実行委員や地元,兵庫県姫路市でIT系勉強会「姫路IT系勉強会」の主催。そしてラジオに出たりDJイベントに出たりと,よくわからない人物になってきました。

コメント

コメントの記入