Ubuntu Weekly Recipe

第270回 Ubuntu 13.04とGNOME

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu 13.04のリリースが近づいてきました。今回は,いつもとはちょっと違うUbuntuとGNOMEとの関係について解説します。

GNOMEのバージョンは3.6

第254回で既報のとおり,Ubuntu 13.04のGNOMEは3.6のままになりました。Ubuntuは原則として最新のGNOMEをベースとしていましたが注1)⁠そうでないのは11.04でGNOME 3.0ではなく2.32を採用して以来です。GNOMEのバージョンが上がらず,またGNOME 3.8の一部パッケージ取り込みもほとんど行われていないため,純粋な3.6に近くなっています注2)⁠

「純粋な3.6」はUbuntu 12.10と比較しても言うことができます。12.10は一部GNOME 3.4のままのパッケージもありましたが,13.04では軒並み3.6にバージョンアップしています。そのほか,例外的にバージョンアップしているパッケージもあり,そのうちの一つがgvfsです。これは最新版を取り込んでおり,MTPデバイスが直接マウントできます。換言すれば,Nexus7など一部Android端末のマウントができるようになりました。

図1 Nexus7がNautilusでマウントできるようになった

図1 Nexus7がNautilusでマウントできるようになった

そのほか,ゲームに関しては一部3.8にバージョンアップしています。

一見最新のGNOMEに追随するのを諦めたのかと思いがちですが,そうではありません。GNOME 3.8ではGNOME 2.xのルック&フィールが移植されたGNOME Fallbackのコードが削除されたのですが,Unityはこの仕組みを使っていたため,大事を取って3.6のままにするという決定がなされました。よって,GNOME Fallbackのユーザーは安心して3.6にバージョンアップできます注3)⁠

GNOME 3.8にする方法もあるので,後に紹介します。

注1)
ただし例外はたくさんあります……。それはもういちいち指摘できないくらいに。
注2)
これまではUbuntu 12.04でGNOME 3.2と3.4の混在などがありました。詳しくは第219回をご覧ください。
注3)
もっとも,GNOME Fallbackを使用したいのであれば12.04を使用するべきです。なにせ13.04はサポート期間が9ヵ月しかないので……。

IBusのアイコンが右上のトレイに表示されない問題の解決

これも第254回でお伝えしたのですが,GNOME 3.6からはIBusのアイコンが右上のトレイに表示されず,IBusのツールバー(言語パネル)を表示しないと状態の把握が不可能,ということがありました。

しかし,2013年3月注4AppIndicator Supportという拡張機能が公開され,この問題に終止符が打たれました。これはその名のとおりUnityのAppIndicatorをGNOME Shellのトレイに表示する拡張機能です。IBusにはAppIndicatorに対応するためのパッチが当たっており,この拡張機能の恩恵にあずかれる,というカラクリです。

まずは拡張機能の配布ページを表示し,左にある[OFF][ON]にし,拡張機能をインストールします。その後[Installed Extensions]をクリックします。⁠ON]の左にあるアイコンをクリックし設定画面を表示します。⁠Default placement for indicator icons][Show in Panel]にします。これだとNetwork Managerのアイコンが2つ表示されてしまうので,⁠nm-applet][Do not show]にします。

もちろんこの方法は同じGNOME 3.6を採用しているUbuntu 12.10でも有効です。

図2 ⁠ON]をクリックするとインストールするか質問が表示される

図2 [ON]をクリックするとインストールするか質問が表示される

図3 ⁠ON]の左にあるアイコンをクリックすると設定画面が表示される。おおむねこのとおり設定すれば良い

図3 [ON]の左にあるアイコンをクリックすると設定画面が表示される。おおむねこのとおり設定すれば良い

注4)
あくまで筆者が知ったのが2013年3月になってからであり,もしかしたら公開は2013年2月だったかもしれません。

Ubuntu GNOMEが公式フレーバーに

Ubuntu 12.10ではUbuntu GNOME Remixという名前でGNOME Shellをデフォルトにするなど,GNOME 3をフィーチャーした非公式のフレーバーが配布されていました。しかし,13.04からはUbuntu GNOMEという名前に変更になった上で公式のフレーバーとなりました。すでにBeta2も配布されています。

それに伴い,公式Webサイトやメーリングリストなどが公開されています。ほかにも,14.04ではLTSとして通常の9ヵ月よりも長いサポート期間が期待できるかもしれません。

モノもだいぶ変わっていて,12.10時代のUbuntu GNOME RemixはWebブラウザがWeb(Epiphany)⁠ワープロがAbiWord,表計算ソフトがGnumericという,なんと表現したらいいのか,硬派というかユーザーの利便性は考えていないというか,そういう構成でした注5)⁠しかし,Ubuntu GNOME 13.04はWebブラウザがFirefox,オフィススイートにLibreOfficeなどと,純粋なGNOMEアプリケーションだけで構成するわけではなく,Ubuntuのように使い勝手を重視して構成され,かなり使いやすくなったように思います。13.04がリリースされた際には,ぜひとも試してみてください。

注5)
GNOME 3.6のWebはFlashプラグインが動作しないので,必要であればFirefoxをインストールしましょう,などとリリースノートに書かれていました。

GNOME Shellインストール方法

UbuntuにGNOME Shellだけをインストールしたい場合は,次のコマンドを実行してください。こればかりはUbuntuソフトウェアセンターからのインストールではなく,端末でのインストールがお勧めです。

$ sudo apt-get install gdm gnome-shell gnome-tweak-tool

するとディスプレイマネージャーを何にするか質問するダイアログが表示されるので,⁠gdm]を選択してください。あとはX Window Systemを再起動(よくわからなければ通常の再起動)を行なって,ログイン時に[セッション][GNOME]にするだけです。GNOME Shellの細かな設定変更は[Tweak Tool]を使用してください。

GNOME 3.8にする

現段階ではまだ不完全ですが,GNOME 3.8のパッケージを使用することもできます。まずは実環境ではなく仮想環境で試してみることをお勧めします。インストールのコマンドは次のとおりです。

$ sudo add-apt-repository ppa:gnome3-team/gnome3
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade

もしテスト用でも構わないので最新のパッケージをとにかく使いたいという場合は,1行目に続いて

$ sudo add-apt-repository ppa:gnome3-team/gnome3-staging

も実行します。ただし,積極的にお勧めはしません。

一度ログアウトして再ログインすると,GNOME 3.8(の一部)が使えるようになっています。かなり大胆に変わっており,驚くこともあるのではないかと思います。

GNOME 3.8ではGNOME Fallbackに代わってGNOME Classicというセッションが追加されました。これを使ってみたい場合は,追加でgnome-shell-extensionsパッケージをインストールし,ログイン時のセッションで[GNOME クラシック]を選択してください。これはあくまでGNOME Shellの拡張機能を追加してGNOME Fallbackに似せたというもので,筆者の感覚ではそれとは程遠いものになっています。

図4 アクティビティ画面が従来とだいぶ変わっている。また,GNOME 3.8でもAppIndicator Support拡張が使用できる

図5 アクティビティ画面が従来とだいぶ変わっている。また,GNOME 3.8でもAppIndicator Support拡張が使用できる

図5 GNOMEクラシックを選択するとこのようになる

図5 GNOMEクラシックを選択するとこのようになる

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入