Ubuntu Weekly Recipe

第300回 【連載300回記念特別企画】Ubuntu日本語Remixについてまとめてみた

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu Japanese Team代表の小林です。当連載「Ubuntu Weekly Recipe」は,今回でちょうど300回となります。読者の皆さま,技術評論社様,これまで記事を執筆してくださった皆さまに感謝いたします。

さて,他のメンバーから「キリ番だから代表が特別企画記事を書いたらどうだ」と勧められ,記念すべき第300回の執筆を担当することとなりました。

テーマには,筆者が作成を担当している「Ubuntu日本語Remix」を取り上げます。⁠Ubuntu日本語Remix」を配布し続けるようになった経緯と,今月リリースした「Ubuntu 13.10 日本語 Remix DVD」をどのように作成したかを紹介します。

Ubuntu日本語Remixのこれまで

「日本語関連パッケージを加えたUbuntuのインストールイメージ」注1をはじめて作成,配布したのは2005年6月でした。今から8年以上前のことです。

同年3月,当時同じ職場で働いていたあわしろいくや氏にUbuntuが動くPCを見せてもらったのが,そのきっかけでした。UbuntuのWebサイトを読んだ筆者は,⁠他のLinuxディストリビューションとは違って『普通の人』にも普及させようとしてるのが興味深いな。うまくいけば『LinuxといえばUbuntu』となるかもしれん……いや『Linux』より『Ubuntu』の名前のほうが有名になる可能性すらあるぞ。これはおもしろそう。」と思いました。

とは言え,Ubuntuには日本語入力関連のパッケージが用意されていませんでした。そのため,あわしろいくや氏が日本語入力を実現するためのパッケージを作成,配布しているという状況でした。これは,UbuntuのWebサイトに記載されていた「各地域ごとの各言語でソフトウェアを利用できるべきだ」という理想から程遠い状態だったと言って良いでしょう。

そこで,あわしろいくや氏や池添浩之氏らと共に作成し,配布を開始したのが「Ubuntu 5.04 Japanese Install CD Image」です。インストールすればすぐに日本語入力が使え,日本語の表示も美しくなるよう変更したものでした。

図1 8年前のUbuntuデスクトップ

図1 8年前のUbuntuデスクトップ

そのときは,まさか8年後もUbuntuのインストールイメージを作成しているとは思いませんでした。Ubuntuの日本語サポートが充実すれば,必要無くなるだろうと考えていたからです。

しかし,2006年2月にUbuntuの創始者であるマーク・シャトルワース氏が来日された際に直接お聞きした話で,筆者の認識は大きく変わりました。それまで筆者は,⁠自分たちの作成している『Ubuntuのなんちゃって日本語版』は緊急避難的なものであり,できるだけ早くUbuntu本体に取り込んでもらって消滅させていくべきものだ」と考えていました。しかしながら,マーク・シャトルワース氏は「各国で使われているものを中に入れるということも大事ですが,ローカル版を作ることも重要」⁠各地で必要とされる要素は,それぞれの地域の人にしか分からない部分もある」といったことを述べられました。また,⁠そうした取り組みにも使える開発プラットフォームやビルドプラットフォームを開発していく」とも述べられました注2,3)⁠

これを聞き,日本向けのインストールイメージを提供し続けたほうがいいのかな,と考えるようになりました。

Ubuntuで日本語入力がサポートされたのは,2006年6月にリリースされた6.06からです。これで,日本語Remixを作る理由の1つは失われました。しかし,たとえばzipファイルを展開したときに日本語ファイル名が化ける問題など,いくつかの点で変更が必要な部分は残りました。また,日本語環境で便利だと思われるソフトウェアを追加インストールしたり,各種設定を調整するためのアプリ「セットアップヘルパー」をプリインストールするなど,独自に機能追加していた部分もありました。とは言え,⁠ささいな問題しか残っていない」と判断し,日本語Remixの作成をやめてしまうという選択肢もあったでしょう。とくに近年は,日本語Remixでの変更点も少なくなり,オリジナルのUbuntuと大きく変わらない状態が続いていました。

しかしながら,最新の13.10では日本語キーボード設定や日本語入力まわりに問題があり,リリースまでに修正することができませんでした。そこで日本語Remixでは,あわしろいくや氏の作成したスクリプトをプリインストールして回避する,という手段をとっています。数年来の大きな独自対応だと言えるでしょう。リリース時に問題が残るのは嬉しいことではありませんが,日本語Remixでの対応という「最後の手段」を維持することは,日本においてUbuntuを快適に利用していただくためには必要なことだと最近は感じています。

注1)
「Ubuntu日本語Remix」という名前で配布するようになったのは,Ubuntuベースの配布物に関する命名ポリシーが定められた9.04以降です。それまでは,⁠Ubuntu <バージョン名> Japanese」とか,⁠Ubuntu <バージョン名> 日本語ローカライズ版」とかいった名称で配布していました。
注2)
このときのミーティングサマリは,Ubuntu Japanese Wikiで参照できます。
注3)
ここで述べられたプラットフォームは,後に「Launchpad」「PPA」として実現されました。

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入