Ubuntu Weekly Recipe

第342回 デスクトップ環境Cinnamonを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回はUbuntu 14.04でCinnamonを使用する方法を紹介します。

Cinnamon

CinnamonはUbuntuの派生Linuxディストリビューションである,Linux Mintで採用されているデスクトップ環境です。UbuntuでCinnamonを使用するためには,長らく外部リポジトリを追加する必要がありました。しかし,Debianの開発版(不安定版)でCinnamon関連パッケージが利用できるようになり,それに伴ってUbuntu 14.10でもおおむね使用できるようになっています注1)。

実のところ第335回第338回で取り上げたMATEと同じなのですが,CinnamonはMATEとは違ってフレーバーが用意されているようには見えません。そこで筆者が勉強を兼ねてCinnamonを14.04用にビルドしてみました注2)。

Cinnamonの魅力は伝統的なデスクトップ,すなわちWindows 7以前と似たユーザーインターフェースであるところだと言われていますし,それを否定するものでもありませんが,実はかなり強力にカスタマイズができ,自分好みに仕立てることができる,というのがそれを上回る魅力だと感じています。というわけで,今回はその方法を紹介します。

注1)
いくつか足りないものはありますが,後ほど紹介するPPAにはあります。
注2)
パッケージの数はMATEよりも少ないですが,難易度はCinnamonのほうが高かったです。

インストールその1:Minimal CD

インストールは,今回も第335回と同じくMinimal CDから行います。第335回ではあまり詳しく紹介しなかったので,今回は少々詳しく紹介します。

まずは前述のMinimal CDに関するページから14.04のisoイメージをダウンロードしてください。32bitと64bitがあります。今回は64bitでインストールしましたが,32bitだからといって変わるところはないです。また,64bitではUEFI非対応なのも注意すべきところですが,今回はVirtualBoxを使用するので問題とはしません。

isoイメージをダウンロードし,仮想マシンにインストールする場合は新規にインストール用ゲストOSの設定を行ってください。メモリは2GB,HDD注3の容量は12GBを割り当てます。もちろんisoイメージから起動する設定も忘れずに行ってください。VirutalBoxの場合は[設定][ストレージ]からダウンロードしたisoイメージを指定します注4)。

isoイメージからの起動に成功すると,図1のようになります。このままEnterキーを押して継続してください。

ハマりどころとしては,言語の選択で日本語を選択するところです図2)。Jキーを押すとJapaneseのところまで飛ぶので,覚えておくと便利でしょう。ソフトウェアの選択は,[OpenSSH server][印刷サーバ]にチェックを入れます図3)。Tabキーを押すと[続ける]に飛びます。あとは特に困るところはないと思います。

図1 Minimal CDが起動したところ

図1 Minimal CDが起動したところ

図2 [Japanese]を選択する。Jキーを押すのがポイント

図2 [Japanese]を選択する。Jキーを押すのがポイント

図3 [ソフトウェアの選択]では[OpenSSH server][印刷サーバ]にチェックを入れる

図3 [ソフトウェアの選択]では[OpenSSH server]と[印刷サーバ]にチェックを入れる

注3)
VirtualBoxでは「ハードドライブ」という翻訳になっています。と言うかそうしました。
注4)
もっとも,指定していなければ起動時に指定できますが。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入