Ubuntu Weekly Recipe

第352回 UbuntuとVirtualBox再入門 パート2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

UbuntuをVirtualBoxで運用している人も多いのではないでしょうか。と言うわけで,昨今のVirtualBox事情をまとめます。

パート1再読のお願い

この記事は第313回に書いた再入門の続きの記事ですので,まずはこちらをお読みください。

昨今のVirtualBox事情

ホストOSをUbuntuにしてVirtualBoxを使っているぶんにはとくに大きな問題は見受けられないのですが,WindowsやOS Xではそうでもないらしく,メンテナンスリリースのペースが若干上がっています。それだけ聞けば良いことのように思えますが,実際のところはどうなのでしょうか。

筆者がGoogle DriveにまとめているVirtualBoxのリリース日一覧をご覧いただくと,いろいろなことがわかります。

今年はメジャーバージョンアップがなかった

2010年には3.2.0と4.0.0,2011年には4.1.0,2012年には4.2.0,2013年には4.3.0がリリースされています。すなわち1年に1~2回はメジャーバージョンアップ版がリリースされていたわけですが,2014年にはそれがありません。もっとも,Subversionのリポジトリでは開発が進んでいるので注1)⁠年内にメジャーバージョンアップ版がリリースされる可能性がなくはないのですが。

注1)

正確にはこのSubversionのリポジトリで開発されているわけではなく,Oracle内部で開発されたものを不定期(?)にコピーしているのですが。

メンテナンスリリースのペースが若干上がっている

4.3.0から4.3.20のリリースまでは約13ヵ月経過しています。4.2.0から4.2.20までは14ヵ月半,4.1.0から4.1.20までは約13ヵ月なので,リリースのペースはあまり変わらないじゃないかと思われがちですが,4.3.xではRCが2回リリースされているので,リリース回数が増えています。すなわちリリースのペースが上がっている,ということです。

メンテナンスリリース中にもRCがリリースされるようになった

これは4.3シリーズでの初めての取り組みですが,あまりうまく行ってないようです。RCとメンテナンスリリースの間隔が短く,充分にテストが行われたのかよくわかりません。おそらくテスターが少なかったのではないかと思います。4.3.8と4.3.10の間隔が約1ヵ月と短かったことを考えると,RCでのテスト不足と考えて差し支えなさそうです。4.3.14にはアンチウィルスソフトのせいで起動しないゲストがあり,4.3.16で修正されていますが,これは4.3.14RC1で報告されていました。しかし開発側ではそれがアンチウィルスソフトが原因である,ということを把握できませんでした。結局何度か開発版のスナップショットをリリースし,最終的に修正した4.3.16をリリースするまで2ヵ月ほどの時間がかかっています。

Oracleがメジャーリリースしたバージョンは,今でもメンテナンスされている

表には開発元(リリース時の企業)を入れていますが,3.2.0からはOracleになっています。そして,3.2.0以降すべてのバージョンが現在でもメンテナンスされています。これは顧客注2によるリクエストなのかそうでないのかはよくわかりませんが,ある程度は自動化されているのだとしても5バージョンをメンテナンスするのは結構大変だと思います。

注2)

もちろん有償でOracleにサポートを依頼している顧客,という意味です。

VirtualBoxの開発チームは何人ぐらいなのかはわかりませんが,さほど多くないことは想像に難くありません注3)⁠ということは,

  • 4.3のコードベースが,なかなか落ち着かない
  • メンテナンスが必要なバージョンが多い

ということで,新規機能の開発に回る人員が足りておらず,メジャーバージョンアップの時期がズルズルと延びている,ということになっているように思います。VirtualBoxの開発はOracle社員しかできないということはなく,MITライセンスにしても良いのであれば,開発に参加することができます注4)⁠しかし,そういう人はあまり見かけません。また,本稿とも筆者の観測からも大幅にずれているので断言はしませんが,ホストOS(具体的にはWindowsとOS X)もリリース間隔が短くなっており,サポートするのが大変という事情があるのかもしれません。

注3)

筆者が把握している限り,表に出てくる人で5人くらいでしょうか? 当然表に出てこない人もいるでしょうし,募集もまれにしていので10人未満ということはないと思うのですが……。

注4)

ついでにいうと翻訳も同様です。ちなみに現在の日本語の翻訳者は筆者です。今年は出番がありませんでしたが。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入