Ubuntu Weekly Recipe

第354回 VMware Workstationを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2014年12月2日に発売されたVMware Workstation 11を使用し,ゲストOSとしてUbuntuをインストールします。おそらくVMware Player 7でも役に立つと思います。

VMware Workstation 11

VMware WorkstationはPCの仮想化ソフトウェアです。第342回で取り上げたVirtualBoxの直接の競合プロダクトです。有償ですが,30日間の評価版があります。非営利使用の場合は無償のVMware Playerもありますが,これはその名のとおりあくまでPlayerであり,新しい仮想マシンを作成することはできるものの,スナップショットの作成などはできません。⁠非営利使用のみ」というのもなかなかに曖昧です。WorkstationにはPlayerも含まれているので,とりあえずWorkstationの評価版をインストールし,30日間評価後もしWorkstationを購入する価値があると思ったら購入,特にないと思ったらPlayerを使用(営利利用の場合はPlayer Proを購入)⁠あるいはVirtualBoxを使用する,というのが良いように思います。

独断と偏見によるVMware WorkstationとVirtualBoxの比較

あくまで筆者の独断と偏見でどの程度信憑性があるのか難しいところですが,VMware WorkstationとVirtualBoxの比較をしてみたいと思います。

VirtualBoxと比較したVMwareのメリット
  • USB 3.0が使える
  • nested VMが使える
  • Mir対応
  • ホスト-ゲスト間のファイルのドラッグ&ドロップをサポート
  • マニュアルが日本語
VirtualBoxと比較したVMwareのデメリット
  • 有償
  • クローズドソース
  • サポート期間が短い
  • UIが英語(Linux版)
  • コマンドラインでできることが少ない

VirtualBoxはGUIであるVirtualBoxマネージャーでできないことがコマンドラインではできたりするのですが,VMware Workstationのマニュアルを見た限りではそれほど多くのことがコマンドからは実行できなさそうでした。とは言えマニュアルに記載されておらず,筆者が知らないだけでいろいろできるのかもしれません。

MirはUbuntuのディスプレイマネージャーですが,少なくとも最近の開発版Ubuntuは動作しないようでした。VMware Workstationのマイナーバージョンアップ版で動作するようになるのを期待したいところです。

サポート期間はVMware Lifecycle Product Matrix(PDF)に明記されています。VMware WorkstationやPlayerは発売後2年間しかサポートされません。一方VirtualBoxは第352回にも書いたとおり,2010年にリリースされた3.2は現在もサポート継続中です注1)⁠

注1)
もっとも,サポート終了期間が明言されていないのもそれはそれで困るのですが。

インストール

では,いよいよVMware Workstation 11をインストールします。今回はUbuntu 14.10を用意しました。11からはホストOSが64bitである必要があるので,Ubuntuも64bit版を使用しています。

まずは評価版ダウンロードページから評価版をダウンロードしてください。⁠今すぐダウンロード]をクリックするだけなので,特に迷うことはないと思います。

インストールは,端末を起動してダウンロードフォルダーに移動し,次のコマンドを実行してください。

$ sudo bash ./VMware-Workstation-Full-11.0.0-2305329.x86_64.bundle

インストーラーは英語ですが,特に困るようなことはないでしょう。デフォルトから特に変更しなくてはいけないところはありません。というか,Linux版のVMware Workstation/Playerはインストール後も英語なので,ここで躓くのであればWindows版を使用したほうが良いように思います。

初回起動時に,⁠Welcome to VMware Workstation 11⁠というダイアログが表示されます図1)⁠購入している場合は上にチェックを入れてライセンスキーを入力します。今回のように購入していない場合は,下にチェックを入れてメールアドレスを入力します。ただし,メールアドレス全てを入力する前に[OK]を押せるようになります。

図1 ライセンスキーかメールアドレスを入力する

図1 ライセンスキーかメールアドレスを入力する

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入