Ubuntu Weekly Recipe

第355回 Ubuntu 10周年記念オフライン・ミーティング(兼14.10リリースパーティ)レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

ごあいさつ

以前もイベントレポートを書かせて頂きました小知和です。今回のイベントに参加出来なかった方がこのレポートをお読みになり,気になったプレゼンがありましたら是非,Ustreamでそのプレゼンをご覧いただければ幸いです。正直,普段使いのディストリビューションがDebianなので若干場違い感がありますが,ファイルサーバーとしてUbuntuを運用しておりますので勘弁していただければと考えております。

では以下よりUbuntu10周年記念イベントパーティーのレポートを開始します。よろしくお願いします。

会場入口の様子

会場入口の様子

Ubuntu上にVine Linux環境を構築する(not VL)

プレゼンターはVine Linuxの開発に関わっている,くどうとしはる(toshi_kd)氏だ。

入りは艦隊これくしょん,大鯨からDockerのロゴへ話を繋ぐ。言われてみれば鯨繋がりであった。鯨で会場を暖めた氏は,Ubuntu上にDockerを用いたVine Linux環境構築方法の説明を始める。

今回はchrootを利用した方法を紹介するらしい。詳しい説明を始める前に氏は今回のプレゼンを開始するきっかけをおもむろに語る。どうやら件の方からのUbuntu Weekly Recipe執筆勧誘ツイートが始まりだと氏は苦笑を交え話す。これを読んでいるIT技術屋家業の方々は,うかうかしていられないだろう。

氏の発表は本題に戻りvbuilderについて説明を始める。端的に言うとvbuilderとはVine Linux上でパッケージをビルドする機能である。しかしvbuilderをUbuntu上で動かそうとするとうまく動かなかったらしい。

ご存知の方も多いと思うがUbuntuのパッケージ管理方法はapt。Vine Linuxのパッケージ管理方法はapt-rpm。似ているようで違っていたのだ。この互換性のない状況でどのようにビルドをするのかが課題であったと氏は説明を続ける。

氏はパッケージのビルドを行うのにapt-rpmのパッケージ依存関係を解消するため,人力で36個のパッケージをインストールすることにした。そしてターミナルを起動し必要なパッケージをインストールする様子を実演する。

プレゼンの最後に氏は「まだまだ最適化出来るはず」と語り今後の展望を述べた。

くどうとしはる(toshi_kd)

くどうとしはる(toshi_kd)氏

Ubuntu10周年を迎えて

プレゼンターはUbuntu Japanese Teamのリーダーである小林準氏だ。

氏は早速,今年5月に行われたUbuntu 14.04リリースパーティーで「4.10~14.10オーバービュー」を披露したことなどを,個性的な調子で語りだす。スライドが進み氏の紡ぎだす言葉により聴衆に笑いが起こる。

会場が暖まってきたところで本題である「Ubuntu 10周年を迎えて」のプレゼンが始まる。氏は「10年に1回だから何を話しても許されるよね」と前置きを入れてスライドを進める。

前回のイベントで,複数のプレゼンテーションに「萌えキャラ」が登場していたことに触れた後,スライドに現れたのは……。

2005年6月,Ubuntuたん誕生。

スライド上に褐色の少女が映る。

どうやらスライド上に表示されている少女は氏のかつての同僚注1に描いてもらったそうだ。マルチな才能を持つ氏の元同僚の方は,素直にスゴイと筆者は思う。

注1)
シス管女子という漫画の作者であることが明かされる。筆者も読んでいたので実はかなり驚いていた。

なお,Ubuntuフォーラム(当時は日本語のフォーラムはなかったので英語のほう)のアートギャラリーにて,しばらくの間アクセス数1位を維持してたらしい。

筆者は萌え擬人化の波に戦慄し,ふと気がつく。Vimも擬人化される世の中である注2のに今更驚く必要もないのではないかと。萌え化の波はOSS界隈にも着実に進行を進めているのであった。

注2)
気になった方は「Vim 擬人化」で画像検索することを推奨する。筆者は驚きのあまり変な声が出た。

Ubuntuたん誕生当初,匿名掲示板に「Ubuntuを萌えディストリにするな!」と言った書き込みもあったようだが,今やオープンソースカンファレンスでも多くの萌えキャラが見られることが紹介される。

とは言え,UbuntuたんをUbuntu Japanese Teamの公式マスコットにはしないそうだ。10年前から,Ubuntuのブランドイメージと大幅に異なるものを前面に出すつもりはないとのこと。ただし,活動内容は週に一度のIRCミーティングで決定しているので,そこでネタとして萌えキャラを活用する提案があれば,議論のうえ決定することになるらしい。

次は「Ubuntuで電波を受信する」というテーマに移り,航空機が発信している現在位置などの情報の受信について語り始める。実際に氏が自作したアンテナを介してADS-B信号が受信された。すると現在飛んでいる東京周辺の飛行機の様子がスクリーン上に映し出されたではないか。楽しそうなので就活が終わり次第,筆者も挑戦してみようと思う。

氏のプレゼンも終盤に近づくとUbuntu誕生からこれまでに変化したことをユーモアを交えながら語りだす。

たとえば,Ubuntuはデスクトップ向けディストリビューションとして誕生したが,現在はサーバー用途でも活躍していること。世界的には,Webサーバーとしての稼働数はCentOSを越えており,Debianに次いで2位だそうだ。

最後に,今でも「古いPCにUbuntuを入れて動きますか?」と言った質問が寄せられることが紹介される。

しかし,初期のWindows XP搭載PCよりも,今やスティック型端末のほう性能が良くなっていると言う。そして,今回のプレゼンもスティック型端末のAndroidをUbuntuに入れ替えたもので行われていたことが明かされる。先ほどの航空機からの電波受信も含めて,スティック型端末で行われていたのだ。

氏は次のように語りプレゼンを終えた。

「Ubuntuを快適に使いたいなら古いPCを捨てて新しいのを買え!」

小林準氏

小林準氏

著者プロフィール

小知和渓(こちわけい)

自宅にサーバを安く作りたいなという理由だけでUbuntuに手を出したのがはじまり。Androidの開発環境が直ぐに構築できたという理由だけで休日のデスクトップ環境がUbuntuになってしまう。現在はUbuntuでmiに代るテキストエディタを探す旅に出ている。mi大好き。

コメント

コメントの記入